2011年6月26日日曜日

十月通信バックナンバー

2007年9月10日の創刊号から現在までの十月通信総てを
ご覧になれます。
十月のホームページhttp://sites.google.com/site/kkmoravia/
左側のNo.1から始まるタグをクリックして閲覧して下さい。

2011年6月13日月曜日

十月通信 六月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      「十月通信」  2011.06.10 第046号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさまこんにちは。いつも御贔屓ありがとうございます。
 大地震から3ヶ月が過ぎようとしています。せっせと回復コースをたどって
いる地域、いまだまったく手の入らない地域と、格差が大幅にあって、何とも
言えない悔しさがつきまとうこの頃です。
 みなさま、如何お過ごしですか。後方支援隊としては、毎日を元気に、経済
活動で応援したいと思っております。
 梅雨に入り、食中毒に要注意。また心にカビが生えないように、風通しを良
くして、精神衛生に心がけて下さい。
 さて、今月のわたしの歌。

 ♪ 憲三さんそんなに早く生きる事キャンセルなんてしないで頂戴
 ♪ 絹の雨六月朔日のサヨウナラ あるか「十月」あの世とやらにも

 当店のお客さまのお一人が急逝されました。心より残念なことでした。
 彼にはいろんなことを教えて頂きました。私もそう遠くないうちに川を渡る
と思いますが、そこ鬼籍村でも「バー十月」を開いて、みんなでカラフルな角
(つの)でも付けて呑みたいですね。勿論、私の角は紅い色です。合掌。


■【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●

 ♪ 一本の樹が瞑想を開始して倒さるるまで立ちておりたり
                 渡辺松男『寒気氾濫』平成9年

 渡辺松男(わたなべまつお 昭和30~)は、群馬県伊勢崎市生まれ。東京
大学哲学科卒。1998年に第1歌集「寒気氾濫」で第42回現代歌人協会賞。
 故郷の大地にしっかりと根ざしている樹を仰いで、自分が瞑想をしているの
と一緒に樹も瞑想していると感じる、彼の自然との一体感が強い意思を感じま
す。そこには青い空があり、風が吹いているようです。自然に寄りそって生き
ているようですね。

 ♪ 約束のことごとく葉を落とし終え樹は重心を地下に還せり
 ♪ 地に立てる吹き出物なりにんげんはヒメベニテングタケのむくむく

 休日に作者が、森の中で瞑想しながら、小さなキノコや大きな樹と話してい
る様が眼に浮かぶようです。やはりなんか哲学的。


■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎「触視」白川雅啓作品展: 6月 1日(水)~30日(木)
 白川雅啓さんの、最近の作品を十点ほど展示しています。作家の視線は何を
とらえ、何を触ろうとしているのでしょう。作家は毎週金曜日にいます。

 ▼7月は、野田新五さんの作品を展示します。
  野田さんの絵にはなにか、幼年のノスタルジーのようなものが感じられま
 す。今年はどんな絵がやってくるでしょうか。


■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 6月の日本酒の会は、「長野県のお酒」です。
 候補酒は、佐久の花(南佐久郡臼田町)、信濃鶴(駒ケ根市)、川中島(長
野市)、天法(埴科郡戸倉町)、明鏡止水(北佐久郡望月町)、大雪渓(北安
曇郡池田町)、渓流(須坂市)、帰山(佐久市)‥‥。

 6月25日(土) 午後7時頃~、当店「Bar 十月」で。
 会費は2,500円、酒肴付。
 どうぞ皆様、お気軽にご参加ください。

 7月は「神奈川県」、8月は「熊本県」、のお酒の予定。


■【おしらせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎ミステリートレイン「お座敷列車」、10月2日(日)に決定
 東日本大震災の影響で延期になっていたミステリートレイン「お座敷列車」
(「粧」主催)は10月2日(日)に決定しました。
 詳細は後日、ご案内いたします。


■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、5月に観た映画は、
   1.リトル・ランボー     10. 無言館
   2.八日目の蝉        11. キミとボク
   3.アンノウン        12. 昼間から呑む
   4.岳            13. AWAKE
   5.あの夏の子供たち     14.エクレールお菓子放浪記
   6.ナチス、偽りの楽園    15. ファースター怒りの銃弾
   7.ブラックスワン      16. クロエ
   8.四月の涙         17. ショパン愛と哀しみの旋律
   9.ソフィアの夜明け

 「ナチス、偽りの楽園」は、久々に丁寧なドキュメントで、満足しました。
静かに流れる映像。そして冒頭の、ユダヤ人を収容所へ送った記録が、まるで
壁画のように映し出されてゆく様は心底心惹かれました。
 「四月の涙」はフィンランド内戦時代を描いているが、同じ民族同士の戦い
に叶わぬ愛も絡んで、愛しく切ない。劇中、鑑の使い方が素晴らしい。小説家
でありながらエリート判事でもあるその姿に、戦いに心が蝕まれてゆく過程が
ゆっくりと描かれていて、戦争の恐ろしさを痛感します。
 「クロエ」。なんか怖い感じもする映画。お勧め。画像の中の家がとてもお
洒落です。ファッションを観るのもオススメ。


───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 先日、坂本長利さんの「土佐源氏」の舞台を観る機会に恵まれました。念願
の舞台だったので感激しました。
 80歳を超えた方とは思えない、矍鑠としたその姿は観客のこころを吸い上
げていくようでした。役者魂とでも言うのでしょうね。上手く説明は出来ませ
んが、宮本常一の言いたいことが素直に伝わっているようでした。
 そして、この芝居が、彼の命をつないでいるのだと思われました。これから
も頑張って欲しい役者の一人です。

───────────────────────────────────
         十月通信  2011.06.10 第046号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     17 時―24 時(土曜・祝祭日は19 時―24 時)
     日曜は休みます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○「ゴールデン街」ホームページ: http://www.goldengai.net/
○「Bar 十月」紹介ページブログ:http://ju-ga-tsu.blogspot.com
             HP: http://sites.google.com/site/kkmoravia/