2018年1月10日水曜日

十月通信1月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        十月通信   2018.01.10 第125号
                 発行:Bar 十月(新宿ゴールデン街)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、あけましておめでとうございます。
 元旦から殆ど毎日快晴で、青空がどこまでもどこまでも広がり、ずーっと先
の国に紛争などがあるとは思えない静かなお正月でした。それにしても箱根駅
伝の青山学院の快挙は神業としか。日頃の成果なのでしょうね。若者の走る姿
は本当に清々しいシーンです。
 今年も皆さま、等しく歳を戴いて歩き始めたとおもいます。インフルエンザ
が増えていますのでご注意のほど!!
 今年、年明けから、日曜・月曜はお休みです。日曜・月曜以外は祝祭日も営
業いたします。

 今月のわたしの歌です。

 ♪ 今日生きる呪文は二回アッコちゃん テクマクマヤコン! ラミパス!
   ラミパス!
 ♪ 強い意志持ちてシネマへ大晦日カウリスマキの善き人々よ
 ♪ また今年窓に広がる富士の山娘十八恥じらうごとし

 この頃の映画にもタイムスリップ物や変身物などがあり、自分も魔法など使
えたらなあと。ひみつのアッコちゃんを思い出しました。ラミパスとは、スー
パーミラーの逆さ読みだそうです。ちなみに元の姿に戻るときの呪文とか。呪
文を唱えて変身したいですね。
 大晦日に、カウリスマキ監督の「希望のかなた」を観に有楽町まで。一年の
心の大掃除にぴったしでした。
 毎年思うことですが、白く嫋やかな富士山をみることができて幸せです。今
年は少し恥ずかしそうに見え、初々しい限り。まさに初春!

【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●

 ♪ 験(しるし)なきものを思はずは一杯(ひとつき)の濁れる酒を飲むべくあ
   るらし
 ♪ 賢(さか)しみと物言ふよりは酒飲みて酔ひ泣きするしまさりたるらし

 大友旅人(おおとものたびと)の歌、「万葉集」から。しようのない物想いを
し、ぐだぐだ言ってるよりも酒を飲んだ方がましだよ、といったような歌です
ね。もう一首。次の歌も「万葉集」です。

 ♪ 酒坏(さかづき)に梅の花浮け思ふどち飲みての後は散りぬともよ

 大伴坂上郎女(おおとものさかのうえのいらつめ)の歌。旅人の異母妹です。
盃に梅の花びらを浮かべ、なかよしたちが集まって楽しく飲んだ後は、梅は
散ってしまってもいい。
 お酒だけではなんですので、

 ♪ あらたまの年の若水くむ今朝はそぞろにものの嬉しかりけり

 樋口一葉の歌です。そんな気持ちで今年もはじまりました。

■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎熊谷直樹写真展「また、古墳散歩」:1月4日(木)~17日(水)
 えっ、ここに古墳があるの? 熊谷直樹さんは建築写真家。仕事の合間に古
墳を撮っています。「明るく楽しい古墳の写真を展示」しています

◎岩出靖彦写真展「東京景色 Ⅱ」:1月18日(木)~31日(水)
 岩出靖彦さんの撮る東京、トーキョー。東京各地で撮影した街の風景、モノ
クロプリントを10点ほど展示します。

※毎週日曜・月曜は休業日になります。  

 2月は、
 ◎大友久美子作品展「by nature」:2月1日(木)~14日(水)
 ◎今井恭司写真展:2月15日(木)~28日(水)
  大友久美子さんは十月初展示。画布の向こうに何を見ているのか、見よう
 としているのか? 油彩作品を展示します。
  今井恭司さんは、昨年、日本サッカー殿堂入りしたサッカー写真家です。

■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 1月・第149回日本酒の会は「埼玉県のお酒」です。
 候補酒は、寒梅(久喜市)、ひこ孫(蓮田市)、天覧山(飯能市)、武甲政
宗(秩父市)、直実(熊谷市)、菊泉(深谷市)、高麗王(日高市)、帝松
(小川町)‥‥。
 1月27日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。

 12月「茨城県」は、愛友/純米吟醸、渡舟/純米吟醸無濾過生酒、来福/
純米吟醸超辛口をいただきました。
 2月は「愛媛県」、3月は「岡山県」のお酒の予定。毎月、月末の土曜日に
やっています。持ち込み歓迎!
 皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。

■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎くぼたかずこ第二歌集 発売中! 定価:1,500円
 私の第二歌集『お気に召すまま召されるままに』が、10月半ば、ながらみ
書房から発行されました。友を送るうた、母のうた、そしてバー十月の酒場う
た。カウンターにてお待ちしています。どうぞよろしくお願いいたします。

◎「お座敷列車ミステリーツァー」2月18日(日)
 「粧」主催のお座敷列車、これが最後となるそうです。午前中に新宿駅を出
発し、さてどこ? をめぐって、夜に新宿駅に到着します。詳細は当店に、お
申し込みは1月20日まで。楽しい女装子さんたちと、是非ご一緒しましょ。

■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて12月に観た映画は、
  1.ブルー・バタフライ
  2.猫が教えてくれたこと
  3.はじまりのボーイミーツガール
  4.ギフテッド
  5.ユダヤ人を救った動物園~アントニーナが愛した命~
  6.ヒトラーに屈しなかった国王
  7.否定と肯定
  8.永遠のジャンゴ
  9.彼女が目覚めるその日まで
  10.希望のかなた
  11.はじまりの街

「ブルー・バタフライ」父親からの性暴力を受けた女性を描いた切なく辛い作
品。なかなか触れたくないブラックな部分をよく描いたかなあと。
「ユダヤ人を救った動物園~」「ヒトラーに屈しなかった国王」「永遠のジャ
ンゴ」「否定と肯定」などの作品はナチス時代を描いている。戦争の愚かさや
無念さから、今なお世界のあちこちで行われている紛争の抑止力になることを
願って止みません。多くの可愛い子供達や優秀な頭脳が、何より家族が失われ
たことに心から残念。本当にヒットラーってなんだったんでしょう。諫止する
者はいなかったのでしょうか。
「彼女が目覚めるその日まで」は、ニューヨーク・タイムスの女性記者本人の
難病体験の作品。原因を突き止めた医師に出会うことによって救われた素晴ら
しい作品。「希望のかなた」は難民をテーマにしたカウリスマキ監督の作品。
「ル・アーブルの靴みがき」でもそうだったが、どうしてこんなに良い人ばっ
かりなの? という作品、観る側の心の棘が流れ出してしまうような感動作。
監督の細胞はすべてが良心なのでしょう、きっと。おすすめです。
「はじまりの街」は、夫の暴力から逃げ出した妻と子供の再生を描いたイタリ
ア映画。その少年の美しいこと、そしてエンディングの音楽に、明日も生きて
ゆこう! という背中を押してくれるものがある。人生賛歌です。オススメ。

───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 今年も正月早々、会津若松市の酒場「甲賀茶屋」さんに現地集合での新年飲
み会をしました。われらが飲んでいる2時間ほどの間に雪が積もって、びっく
り仰天でした。雪国ではあっという間に積もるのですね。東京だけでなく、午
後遅く、会津若松に着いてからも快晴で、雲ひとつなく、店に入るときには少
ししか積もっていなかったのに‥‥。不思議。

 毎年、箱根駅伝を観ていますが、このように毎年、何かを見つづけることが
できるということは、とても素晴らしいことだとつくづく思うのです。桜も同
じです。今年もまた、桜に会えるのだと。
 本年もよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         十月通信  2018.01.10 第125号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:火曜~土曜&祭日 17時~24時
     日曜・月曜日はお休みです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Bar 十月 ホームページ : http://sites.google.com/site/kkmoravia/
十月通信 back number: http://ju-ga-tsu.blogspot.com

2017年12月15日金曜日

十月通信12月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        十月通信   17.12.10 第124号
                 発行:Bar 十月(新宿ゴールデン街)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつもご贔屓ありがとうございます。
 いよいよ師走です。気ぜわしくなりましたね。気持ちばかり焦ってただ行っ
たり来たりの動きで何事も未解決だったり。今年も残酷な事件が多く気が滅入
りましたが、来年こそは楽しいニュースを聞きたいです。マスコミの真摯な姿
勢を期待するばかりです。
 さて、当店は、来年1月から毎週、日曜日と月曜日を連休することにいたし
ました。月曜以外の祝祭日は営業いたします。ご理解のほどよろしくお願いい
たします。年内は29日まで営業します。
 今月のわたしの歌です。

 ♪ 妻の訃をとつぜん告げられただただに言葉の袋搔きさがしてる
 ♪ 同じ歳煙草持つ手が焼きついて高岡生まれきのう逝ったと
 ♪ 薄墨の便り多きに窓の富士白きをながめきのうきょうとは

 11月に入って知人の訃報が続いて、めげるばかりでした。わが同年代、別
世界へのお引越しの時期なのでしょうか。
 私も今年は体調不良に悩まされて、映画鑑賞ができません。私だけの厄年、
でも生きているし、ま、いいかと。窓の外の富士山は日毎に白さを増してゆく
ようです。

【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●

 ♪ ひろびろと海ひらけたる岸に来て我が子はいまだ遠くをば見ず 
                 高安国世『Vorfruhling』昭和26年

 高安国世(たかやすくによ)、大正2年〜昭和59年。大阪市生まれ。
京都大学卒業。ドイツ文学者、リルケの研究で有名。
 子供を歩かないうちに亡くした悲しみが底辺を流れているようだ。清廉な生
真面目さが出ている。愛児を亡くした妻へのいたわりが滲み出ている。

 ♪ みどり児は母のかたへに睡るらむ月あをき野を我はかへるも
 ♪ 乳母車押したる妻と我と来て午後満潮の騒ぐ見てをり
 ♪ 帽子きて柩に入りし汝ゆゑに歩む姿の間なくし思ほゆ
 ♪ ひそまりて在り経る妻がいつよりか亡き子の写真裏返しおく

■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎おぐらとうこ&野田新五作品展:12月1日(金)~15日(金)
 広島県呉市に住んでいるおぐらとうこさんの人形と、不思議な少年たちを描
いた野田新五さんの作品のコラボです。

◎竹上妙木版画展:12月16日(土)~29日(金)
 Mokuhanger(木版画作家)竹上妙さん、デビュー作『マンボウひまな日』
という絵本をさきごろ上梓しました。

 1月は、
 ◎熊谷直樹写真展「また、古墳散歩」:1月4日(木)~17日(水)
  「明るく楽しい古墳の写真を展示したいと思います」
 ◎岩出靖彦写真展「東京景色 Ⅱ」:1月18日(木)~31日(水)
  岩出さんの撮る東京、トーキョー、何か語りかけてきます。

■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 12月・第148回日本酒の会は「茨城県のお酒」です。
 候補酒は、菊盛(那珂市)、渡舟(石岡市)、一人娘(常総市)、一品(水
戸市)、稲里(笠間市)、家久長(大子町)‥‥。
 12月16日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。
 ◎年末のため、早めて開催します。

 11月「和歌山県」は、流霞/純米生原酒、超久/純米吟醸無濾過生原酒・
備前雄町、黒牛・碧山/純米吟醸をいただきました。
 正月1月は「埼玉県」のお酒の予定。毎月、月末の土曜日にやっています。
皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。

■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎くぼたかずこ第二歌集 発売中! 定価:1,500円
 私の第二歌集『お気に召すまま召されるままに』が、10月半ば、ながらみ
書房から発行されました。友を送るうた、母のうた、そしてバー十月の酒場う
た。カウンターにてお待ちしています。どうぞよろしくお願いいたします。

◎「お座敷列車ミステリーツァー」2月18日(日)
 「粧」主催のお座敷列車、これが最後となるそうです。午前中に新宿駅を出
発し、さてどこを? めぐって、夜に新宿駅に到着します。詳細は当店に、お
申し込みは1月20日まで。楽しい女装子さんたちと、是非ご一緒しましょ。

■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて11月に観た映画は、
  1.セブン・シスターズ
  2.ネルーダ 大いなる愛の逃亡者
  3.ノクターナル・アニマルズ
  4.まともな男
  5.星空
  6.密偵
 
 とにかく今年は秋からずうっとしつこい咳に襲われて、映画館にはちっとも
近づけない有様でした。
「セブン・シスターズ」は、なかなか見応えのある迫力ある作品。スウェーデ
ン映画「ミレニアム」主役のノオミ・ラパスは流石でした。
「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」は、モノクロの映像が絵葉書のように美的
で、雪原のシーンは見応え十分。政治不安は本当に嫌ですね。
「ノクターナル・アニマルズ」は、ファッション・デザイナーのトム・フォー
ドが監督だけあって、作品の中の衣装が素晴らしいったらありません。冒頭の
ギャラリーのオープニング、超肥満女性によるヌードダンスにも圧倒されまし
た。
「密偵」は1920年代の日本統治下の朝鮮半島を描いていて、本当に当時の日
   本軍にうんざり。ソン・ガンホとコン・ユの演技は鬼に金棒で素晴らしい。
「星空」は、台湾の自然や街並みが輝いておりメルヘンそのもの。主人公の女
学生が、皇室の愛子さまにそっくりなのでびっくり。

───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 先日、11月28日の毎日新聞朝刊に、ジャーナリスト森健氏による、社会
に蔓延する無力感のようなものについての文章(衆院選後の光景「社会に広が
る無力感の正体」)が載っており、「首相周辺が一連の疑惑に答えないという
不作為」も要因の一つではと。お説、まったくまったく、その通りです! 先
日の総選挙では日本人でいることに失望してしまったので、他にも同じことを
感じている人がいたことに安心しました。

 年内の営業は29日・金までです。
 お正月は、美しい富士山を眺めながら、一人ぽっちの酒でもちょっぴりやる
つもり。皆さんもお身体大切に! と、その前にお店にいらしてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         十月通信  2017.12.10 第124号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:火曜~土曜&祭日 17時~24時
     日曜・月曜日はお休みです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Bar 十月 ホームページ : http://sites.google.com/site/kkmoravia/
十月通信 back number: http://ju-ga-tsu.blogspot.com

2017年11月12日日曜日

十月通信11月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        十月通信   17.11.10 第123号
                 発行:Bar 十月(新宿ゴールデン街)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつもご贔屓ありがとうございます。
 菊薫る秋、11月3日は文化の日、まさに晴天に恵まれ、勲章の映える日で
した。当店が大変お世話になっている、長崎の井原東洋一さんもそのお一人で
した。被爆者の視点から、生涯ぶれることなく非核の大切さを訴えて活躍され
ていらっしゃいます。

 さて、今年は三の酉まであるそうな。火事に十分気をつけたいものです。
 今月のわたしの歌です。

 ♪ 淡々と流れし時を歌として一二首ばかりあの災害も
 ♪ 第二歌集「お気に召すまま召されるままに」笑顔湛えてまた進みましょ
 ♪ 山形の新幹線はゆったりと農家の軒を確認しつつ
 ♪ 柿の木が満開のよに実をつけて農家の庭に手を広げてる
 ♪ 山形の映画祭にて新宿の知人と並ぶ蕎麦屋のランチ

 私の第二歌集が出版され、10月下旬に、お祝いの会を開いていただきまし
た。嬉しいひと時を、皆様と過ごすことができました。第一歌集から7年が経
ちその間の歌をまとめた歌集です。素晴らしい時をいただき感謝感激でした。
 10月、隔年に開かれる「山形国際ドキュメンタリー映画祭」に行ってきま
した。いつも晴天に恵まれるのですが、山形の市街地はすっきりしていて気持
ちよく、シネマのハシゴは楽しい時間でした。でも夜は、街もちょっぴり静か
でした。

【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●

 ♪ めし粒をこぼしつつ食ふこの幼貧の心をやがて知るべし 
                 長澤一作『松心火』昭和34年

 長澤一作(ながさわいっさく)、大正15年~平成25年。静岡県生まれ。
佐藤佐太郎に師事。下の歌にも、小さな幸せという香りがとてもします。身の
回りのちょっとした出来事の中にある安らぎのようなものを感じます。
 17歳でアララギ歌会に出席。場所がわからずに、通りすがりの方に「アラ
ラギの歌会の場所はどこですか」と聞いたところ、それが斎藤茂吉だったとい
うエピソードがある。
 ♪ コスモスの花群に風わたるとき花らのそよぎ声のごときもの
 ♪ 半身に暖爐の熱を受けながら椅子にをりこの小さき平和
 ♪ 秋日さす貨車駅の錆びし線路の上ふはふはといま白猫よぎる
 ♪ 轟々として夜の海荒れゐたり貧も願ひも思へばかすか

■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎向瀬杜子春インド写真展 シャンティニケタン~平和郷の子どもたち:
 11月1日(水)~30日(木)
 向瀬杜子春さんは、インド先住民族サンタル族の子供たちを長年撮り続けて
います。途中、作品の入れ替えがあります。

 12月は、
 ◎おぐらとうこ&野田新五作品展:12月1日(金)~15日(金)
  新しい作品を展開しつつあるおぐらとうこさんの人形と、いつも意表をつ
 いた素敵な作品を展示してくださる野田新五さんの作品のコラボです。
 ◎竹上妙木版画展:12月16日(土)~30日(土)
  先日刊行された、わたしの第二歌集のカバーと表紙に、妙ちゃんの版画を
 使わせていただきました。皆様、木版画展、お待ちしています。

■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 11月・第147回日本酒の会は「和歌山県のお酒」です。
 候補酒は、高野山般若湯(かつらぎ町)、龍神丸(有田川町)、超超久(海
南市)、黒牛(海南市)、雑賀孫一(紀の川市)‥‥。
 11月25日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。

 10月「島根県」は、天穏/山廃無濾過純米、出雲富士(佐香錦)/特別純
米、裏奥出雲の一滴/純米五百万石ふなくち生原酒をいただきました。
 12月は「茨城県」のお酒の予定。毎月、月末の土曜日にやっています。皆
様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。

■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎くぼたかずこ第二歌集 発売中! 定価:1,500円
 私の第二歌集『お気に召すまま召されるままに』が、10月半ば、ながらみ
書房から発行されました。友を送るうた、母のうた、そしてバー十月の酒場う
た。カウンターにてお待ちしています。
 どうぞよろしくお願いいたします。

◎中村仁インド古典音楽演奏:11月24日(金)20:00~、Bar十月
 中村仁さんは、インドでも本格的な演奏者が少ない弦楽器イスラジを極めた
演奏者。今月展示中の「向瀬杜子春インド写真展」に合わせた企画。投げ銭ラ
イブです。皆様、是非、お聞きください。
 「中村仁インド古典音楽 秋のリサイタル2017」11月18日(土)
18:30開演、杉並公会堂小ホールも併せてご案内します。

■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて10月に観た映画は、
  1.台北ストーリー      10. 僕のワンダフルライフ
  2.恐怖分子         11. 静かな二人
  3.愛を綴る女        12. 彼女がその名を知らないその鳥たち
  4.ポルト          13. 天竜区奥領家大沢別所製茶工場
  5.リングサイド・ストーリー 14. 選挙に出たい
  6.ドリーム         15. 願いと揺らぎ
  7.エルネスト        16. そこにとどまる人々
  8.セザンヌと過ごした時間  17. 自画像:47KMに生まれて
  9.バリー・シールアメリカをはめた男

「台北ストーリー」エドワード・ヤン監督作品。有名な侯孝賢監督が主役をし
ていて秀逸。「ドリーム」は米国の宇宙開発に貢献した黒人女性たちが、周囲
の冷たい視線を尊敬の眼に変えていく様子が素敵。
「エルネスト」私としては期待しすぎたかも。「彼女がその名を知らないその
鳥たち」オススメです。「僕のワンダフルライフ」犬好きの人も他の人も好感
の持てる作品。

 山形国際ドキュメンタリー映画で「選挙に出たい」が面白かった。新宿で飲
食店を営む中国人男性が日本国籍を取得し、新宿区議選に出馬しての選挙運動
を追っている。誰も応援のいない中、別れた妻とその息子が応援していたのに
は感動。期間中の色々な出来事が可笑しくもあり、日本のおばさんが、彼は中
国男性なのに韓国の人と思い込んでいる愉快な勘違いとか。監督は若い中国人
女性で、邢菲(ケイヒ)。いやぁ、なかなかでした。

───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 先月行った山形国際ドキュメンタリー祭は何度かお邪魔していますが、その
度に寄る喫茶店のマスターは、80歳をすぎても矍鑠として素敵でした。夜の
街も世代交代が進んでいるようで、お洒落なワインバーなどがチラチラと。
 また、先月は、「さよなら・あんにょん・さいちぇん」というドキュメント
の上映会が居酒屋千草(新宿駅東口)でありました。北朝鮮から中国へ結婚と
いう形で渡り、日本に来るまでの母子を追っています。日本で学ばれた高命成
監督によるもので、参加者には驚きの声が上がった。大勢の人に観てもらえた
らと思う作品でした。

 今回の国政選挙にはもうがっかりで、日本人でいることが恥ずかしい思い。
言論などの統制の怖さを我々はもっと意識せねばと思うのですが。若い人たち
には言いたいことが言えない、したいことができない怖さを、もっともっと想
像して欲しいのです‥‥。
 どんどん冬まっしぐらです。みなさま体調にお気をつけて、日々をお過ごし
ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         十月通信  2017.11.10 第123号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜 17時~24時(土曜は19時―24時)
     日曜・祝祭日は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Bar 十月 ホームページ : http://sites.google.com/site/kkmoravia/
十月通信 back number: http://ju-ga-tsu.blogspot.com



2017年10月13日金曜日

十月通信10月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        十月通信   17.10.10 第122号
                 発行:Bar 十月(新宿ゴールデン街)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつもご贔屓ありがとうございます。
 10月はスポーツの秋、食欲の秋、そして短歌の秋です。私の拙い歌も第2
歌集という形になりました。とても嬉しいことです。一方、世情はざわざわし
ており、気分が優れないことも事実です。でも毎日、ああだ、こうだと駄々を
こねているのも生きている証拠。大いに口角泡を飛ばしましょう。
 さて、今月のわたしの歌です。

 ♪ いつの世も必ず正義の人がいるそんな思いがこのごろ頻り
 ♪ 俊輔さん斎藤隆夫にカメジロー今国会にいて欲しい人
 ♪ 薩摩よりはるか会津を指してゆく維新は遠き志士も遠きに
 ♪ 鹿児島の天文館にはうら若き薩摩隼人もさつまおごじょも
 
 10月に入って、スポーツの秋、そして食欲の秋、読書の秋と思いきや、電
撃解散で心暗澹たる気持ちで一杯。なんのための選挙でしょうか? 狡い人が
国を治めるふりをして、私たちは何も言わず口答えしない奴隷のごとき働き蟻
のようです。鶴見俊輔さん、斎藤隆夫さん、瀬長亀次郎さん、このような方た
ちがいてくれたらなあとつくづく思うこの頃。何をするにもため息ばかりです。
 先日、鹿児島にちょっと行ったのですが、なんとマンションと病院の多いこ
とか。病人が多いのでしょうか。焼酎の飲みすぎでしょうか? でも、天文館
を歩く若者に美男美女が多いのには驚き。

【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●

 ♪ まさびしきヨルダン河の遠方(おち)にして光のぼれとささやきの声
                 岡部桂一郎『緑の墓』昭和31年

 岡部桂一郎(おかべけいいちろう)、大正4年、神戸市生まれ。熊本に在学
中に短歌を始めた。『緑の墓』は第一歌集。94年に『冬』で短歌研究賞、20
03年に『一点鐘』で迢空賞、詩歌文学館賞、08年に『竹叢』で読売文学賞を
受賞。平成24年没、享年97歳。
 長い闘病生活経験者だからこそ感じる優しさがにじむような歌です。透明感
が湧き出るような清潔感を感じます。
 ♪ 数条のレール光れる暁の薄明のなか紙ひとつとぶ
 ♪ 間道にこぼれし米の白ぞ沁むすでに東北に冬が来た
 ♪ みちのくの夜空は垂れて電柱に身をすりつける黒猫ひとつ

■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎又村統作品展:10月2日(月)~14日(土)
 又村統さんは、様々な色合いのドローイング作品を、10点ほど展示してい
ます。
◎石原知是小品展:10月16日(月)~31日(火)
 石原智是さん、今回は軽く明るいタッチで描いた作品を展示します。

 11月は、
 ◎向瀬杜子春インド写真展 シャンティニケタン~平和郷の子どもたち:
  11月1日(水)~30日(木)
  向瀬杜子春さんは、インド先住民族サンタル族の子供たちを長年撮り続け
 ています。途中、作品の入れ替えがあります。

■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 10月・第146回日本酒の会は「島根県のお酒」です。
 候補酒は、出雲富士(出雲市)、天界(安来市)、環日本海(浜田市)、玉
櫻(邑南町)、隠岐誉(隠岐の島町)、青砥七星(安来市)‥‥。
 10月28日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。

 9月「山口県」は、わかむすめ/純米無濾過生原酒、三好/純米吟醸、東洋
美人 一歩 愛山/(純米大吟醸)をいただきました。
 11月は「和歌山県」、12月は「茨城県」のお酒の予定。毎月、月末の土
曜日にやっています。皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。

■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎くぼたかずこ第二歌集 発売中! 定価:1,500円
 私の第二歌集『お気に召すまま召されるままに』が、10月初旬、ながらみ
書房から発行されました。友を送るうた、母のうた、そしてバー十月の酒場う
た。カウンターにてお待ちしています。
 どうぞよろしくお願いいたします。

■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて9月に観た映画は、
  1.三度目の殺人
  2.ダンケルク
  3.追想
  4.戦争のはらわた
  5.サーミの血
  6.ひかりのたび
  7.HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話
  8.幼な子われらに生まれ
  9.米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー

「三度目の殺人」は、とても重量感のある作品で、役所広司が素晴らしい。
「ダンケルク」もオススメ作品。「追想」はロミー・シュナイダーの美貌にう
っとりする。が、火炎放射器の凄さに驚くとともに、戦争の惨さがわかりやす
く描かれて素晴らしい。「サーミの血」スウェーデンの人々に差別視されてい
た、ラップランドに暮らす女性を描いて秀作。差別が、あのスウェーデンでも
あるのにちょっとがっかり。「米軍(アメリカ)が~」は是非是非おすすめ。
選挙権のある高校生にも観て欲しいです。

───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 先月9月7日の朝刊に石川達三のことがのっていました。
 日中戦争に従軍した時に書いた「生きている兵隊」で、日本兵の残虐シーン
があったため、即刻発禁処分になったとか。そして彼も獄中の人に。言論の自
由が断たれることはとても怖いこと。その彼が、新憲法に、「日本人はいまだ
嘗て、個人の権利と自由、個人の尊厳についてあれほど明白に厳格に規定され
た憲法を持ったことはなかった」と希望を託した。
 なんと素晴らしいことでしょう。また、たったひとりの特高警察官による言
論の蹂躙で4人が獄死した横浜事件などはもってのほかです。私も我儘と言論
の自由とを履き違えないようにと日々思っております‥‥。

 私の第2歌集が思いがけず出版となり感動しきりですが、人生では物事は奇
数でなければ縁起が悪いそうです。第3歌集タイトル「みなさんお先に!」を
ぼちぼち準備しようかしらんと思うこの頃です。
 冬も間近、健康に留意してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         十月通信  2017.10.10 第122号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜 17時~24時(土曜は19時―24時)
     日曜・祝祭日は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Bar 十月 ホームページ : http://sites.google.com/site/kkmoravia/
十月通信 back number: http://ju-ga-tsu.blogspot.com

2017年9月17日日曜日

十月通信9月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        十月通信   2017.09.10 第121号
                 発行:Bar 十月(新宿ゴールデン街)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつもご贔屓ありがとうございます。
 9月に入り、街路樹や空の色が秋色にしっかり変身しているこの頃。気がつ
けば手も少しカサコソと乾燥して、秋がきていることを感じますね。なんかこ
う急にうら悲しい気分になります。今年は雨が多くて、農作物への被害が心配
です。
 さて、今月のわたしの歌です。

 ♪ 夕間暮れ店の水道ひんやりと街角の秋ふと吹いてくる
 ♪ 颯爽と乙女が素足で過ぎるときモノクロ写真のじぶん重ねる
 ♪ 新宿にこの頃増えてる外国人あの世で言葉は通じるだろうか

 今年前半の夏は死ぬほどの猛暑でした。なにも考えられないほど脳が溶けて
しまったかのようで。9月に入って水が冷たくなって、ふと秋を感じました。
乙女の時代も、あの世とやらも、この頃の心象風景の一端です。もしかして、
あの世でも仕事をしなければならないかも。

【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●

 ♪ 二人子はふたり子どうしむつむなり病むわれの辺に声ひくくゐて
                 小野興二郎「歳月空間」平成元年

 小野興二郎(おのこうじろう)昭和10年愛媛県生まれ。明治大学卒業。市
川学園教諭となるが病を得て退職。
 長期療養の床のそばで幼い子供達が遊んでいるが、父親を気遣って小声で話
している様子が健気。仲睦じい家族であることが伺えます。そして、淡々と歌
っているようですが、父の深い残念が、静かに心に沁みてきます。
 ♪ 青空を一目見てから死にたしと思ふひそかなるわが願ひごと
 ♪ 蝋涙はわれにはつひに見せざりし母の涙かしたたりやまず
 ♪ 初陣の日の若武者のごとくあれ入学式に行くを見送る

■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎犬飼三千子作品展:9月1日(金)~15日(金)
 宙を形象化した版画作品、そして板に描いた不思議な作品を、10点ほど展
示しています。
◎阿知谷隆・西英一二人展:9月16日(土)~30日(土)
 阿知谷隆「フェティッシュ・フィギュアの世界」、女体にこだわった30セ
ンチサイズフィギュアを展示。西英一「en5~移世界へのいざない」、鏡の
上に増殖する作品。さて、どんな作品がやってくることでしょう?

 10月は、
 ◎又村統作品展:10月2日(月)~14日(土)
 ◎石原知是作品展:10月16日(月)~31日(火)
  又村統さん、石原知是さん、お二人とも十月展ではおなじみの、いい画を
 描き、作品をおつくりになる方です。楽しみにしています。

■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 9月・第145回日本酒の会は「山口県のお酒」です。
 候補酒は、金雀(岩国市)、関娘(下関市)、海響(下関市)、長門峡(萩
市)、原田(周南市)、金冠黒松(岩国市)、中島屋(周南市)‥‥。
 9月30日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。

 8月「京都府」は、白木久/純米無濾過生原酒、神蔵/純米無濾過生原酒、
池雲/純米吟醸をいただきました。
 10月は「島根県」、11月は「和歌山県」のお酒の予定。毎月、月末の土
曜日にやっています。皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。

■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎くぼたかずこ第二歌集 近日発行予定! 定価:1,500円
 私の第二歌集『?????』が、10月初旬に、ながらみ書房から発行され
る予定です。友を送るうた、母のうた、そしてバー十月の酒場うた。
 皆様にお読みいただければうれしいです。どうぞよろしくお願いいたします。

◎水上バスで東京湾クルーズ! 10月1日(日)午後
 女装バー「粧」主催の東京湾クルーズ。今年は10月1日(日)。両国の東
京水辺ライン乗り場集合で、レインボーブリッジ、ゲートブリッジ、葛西臨海
公園など、東京湾をめぐります。参加希望者は9月20日までに当店へ。

■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて8月に観た映画は、
  1.ワン・デイ・悲しみが消えるまで  8.少女ファニーと運命の旅
  2.ハイドリヒを撃て         9.いつも心はジャイアント
  3.夜明けの祈り         10.ボブという名の猫 幸せのハイタ
  4.君の膵臓をたべたい        ッチ
  5.海底47m          11.パターソン
  6.フェリシーと夢のトゥシューズ 12.草原に黄色い花を見つける
  7.ファウンダー ハンバーガー帝国 13.エルELLE
   の秘密            14.エブリシング

「夜明けの祈り」は、戦時下でロシア兵の蛮行により妊娠してしまった修道女
を助ける女医の正義感が頼もしく描かれている。兵隊の蛮行に怒る。
「ファウンダー」は、創業者を騙していたようで、なんだか不思議な気持ち。
「少女ファニーと運命の旅」は健気な子供達だけの、戦時下のアルプス越えに
ハラハラでした。主役の少女の表情が素晴らしい。
「いつも心はジャイアント」聞いたこともない病気にびっくり。
「ボブという名の猫」映画館を出たら、茶トラの猫を飼いたくなる作品。名前
もボブと。「エルELLE」はなかなか見応えのある作品でした。

───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 毎日毎日雨ばかりでうんざりのこの頃ですが、農家の人のご苦労は言葉では
言い表すことができません。太陽は本当に素晴らしいもの。降り注ぐ陽が待ち
遠しい限りです。秋の運動会やら、キノコ狩りやらぶどう狩り‥‥。
 日本の秋は収穫祭にちなんだお祭りが沢山あります。皆様の近所にある鎮守
の森の神様の、お祭りなどから聞こえてくるピ〜ヒャララ、なかなか乙なもの
ですね。ちょっと一杯とか。
 日本古来の行事はそれぞれ、それなりに自然の法則が身に染み込んでいるよ
うです。農事で前かがみになっていた腰を伸ばすべく、踊りをしたり、慰安も
兼ねていたり。ハロウィンのようにかぼちゃは飾りませんが。

 今年の、夏の初めの、あの猛暑はどこへやら。すっかり寒い風を感じるこの
頃です。皆さんも風邪などひかないようにしてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         十月通信  2017.09.10 第121号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜 17時~24時(土曜は19時―24時)
     日曜・祝祭日は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Bar 十月 ホームページ : http://sites.google.com/site/kkmoravia/
十月通信 back number: http://ju-ga-tsu.blogspot.com

2017年8月13日日曜日

十月通信8月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        十月通信   2017.08.10 第120号
                 発行:Bar 十月(新宿ゴールデン街)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつもご贔屓ありがとうございます。
 暦も8月になると、あと4枚が残されているだけになりました。今年も早後
半。心なしか、電車内は空いて、街の空気も十分に深呼吸が可能になった気分
です。
 先月、中山ラビさんのライブを堪能しました。相変わらずの凄さに感服。い
つまでもいつまでも、人の心に響く歌を歌って欲しい人です。
 それから、10月に、私の第2歌集が出版される予定です。これも皆様のお
かげです。感謝しております。
 さて、今月のわたしの歌です。

 ♪ いつまでも二十歳を歌える歌手ありて中山ラビのロングな青春
 ♪ 止まり木に疲れた昼間を置いて行くその人の部下四十五人
 ♪ 人生の階段すでに六十数段下りも昇りも悠悠閑閑(ゆうゆうかんかん)
 ♪ 朝はレモン絞って飲んで黄蘗色夜はトマトで日々の彩り
 ♪ わが歌集日々の暮らしを和の色に縁どられつつ完成間近

 常日頃、バーの止まり木は人生の止まり木なのだとお話しする人がいます。
そうだそうだ! と、なんだか8月のせいでもないでしょうけど、人生とかを
考えるような歌になってしまいました。この頃の心象風景の一端です。

【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●

 ♪ ある時はありのすさびに憎かりきなくてぞ人の恋しかりける
                        源氏物語「桐壺」


 お盆なのでこんな歌も‥‥。生きているときは慣れてしまって、ぶつくさ文
句言ったり、喧嘩などもしたが、いざ、相手が亡くなってしまうと、心にポッ
カリ穴があいた感じ。どうしてもっと仲良く、優しくしてあげなかったのだろ
うと悔いばかりがこみ上げてきます。自分の周りのひとは大切にしたいとつく
づく思う歌です。
 源氏物語の桐壷の巻で、宮中の女官たちが、亡き桐壷の更衣を偲ぶ場面に出
てくるようです。

■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎後藤美穂作品展:8月1日(火)~15日(火)
 後藤美穂さんは版画作品、愛知県在住です。洒脱な版画作品を十点ほど展示
しています。作家も後半常駐します。見にいらしてください。
◎中野耕一挿絵作品展:8月16日(水)~31日(木)
 中野耕一さんは時代小説の挿絵を中心に活躍しているベテラン。十月展示の
常連でもあります。さて、今年はどんな作品を?

 9月は、
 ◎犬飼三千子作品展:9月1日(金)~15日(金)
 ◎阿知谷隆・西英一二人展:9月16日(土)~30日(土)
  犬飼さんはいつも、不思議な版画作品を展示します。阿知谷隆さんはセク
 シーフィギュア、西さんはユニークな作品を展示します。どんな作品でしょ
 う?

■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 8月・第144回日本酒の会は「京都府のお酒」です。
 候補酒は、綾小町(綾部市)、丹山(亀岡市)、白木久(京丹後市)、神蔵
(京都市左京区)、聚楽第(京都市上京区)、桃の滴(京都市伏見区)‥‥。
 8月26日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。

 7月「静岡県」は、白隠政宗/純米、英君/特別純米袋吊雫、開運/誉富士
純米をいただきました。
 9月は「山口県」、10月は「和歌山県」のお酒の予定。毎月、月末の土曜
日にやっています。皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。

■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎「百花十月」第14号(7月20日発行) ¥150 好評発売中!
 ポエトリ:詩二編 クレモン・マグロワール・サン=トード(井戸亮訳)、
スケッチ:多摩川ゼロファイター(向瀬杜子春)、ラテンアメリカ前衛詩人列
伝14:フアン・ホセ・セセージ(鼓直)、表紙画:恩田好子

■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて7月に観た映画は、
  1.ブランカとギター弾き    11.君はひとりじゃない
  2.ざ・鬼太鼓座        12.台湾萬歳
  3.殺戮にいたる山岳      13.バッカス・レディ
  4.ボンジュール、アン     14.春の夢
  5.しあわせな人生の選択    15.空と風と星の詩人 尹東柱の生涯
  6.ヒトラーへの285枚の葉書    16.ダイ・ビューティフル
  7.ケアニン~あなたでよかった~17.ありがとう、トニ・エルドマン
  8.タンナ           18.彼女の人生は間違いじゃない
  9.甘き人生          19.ビニー/信ずる男
 10.ダンサー、セルゲイ・ボルーニン 世界一優雅な野獣
          
「ざ・鬼太鼓座」加藤泰監督のカメラアングルが素晴らしく、幻のドキュメン
タリーと言われることに納得。
「タンナ」は南太平洋のタンナ島が舞台の純愛物で、島の自然に畏敬の念。
「ヒトラー~」も一般庶民のナチスへの抗議の姿に感動。「バッカス~」も着
眼点に驚き。素晴らしい作品。「空と風と星の詩人~」は憲兵の怖さ、理不尽
な思想統制に腹が立ちました。
「台湾萬歳」は、「台湾人生」から継続して観た者としては素晴らしく、心優
しい気持ちになれる作品。「ケアニン」は小規模介護施設の話。徘徊も誰かが
いればお散歩だという、なんぞはメモを取りたくなりました。
「彼女の人生は間違いじゃない」もなかなか丁寧で、高良健吾がいい味を出し
ている。「ダンサー~」「ビニー~」などは自分に打ち勝つ強い姿勢に感動。
殆どが秀作でした。

───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 この歳で恥ずかしながらという感じもしますが、再び歌集を出す機会を得ま
した。人生で2冊もの自分の歌集が出ることは大変な驚きと感激でモジモジし
ています。どんな歌集が出来上がるのか楽しみにしているところです。皆さん
にも、是非、読んでいただけたらうれしいです。
 また、8月は、6日の広島、9日の長崎と、日本にとって永遠に忘れてはい
けない日がある月です。そして終戦記念日と3回、首を垂れる月でもあります。
共通の忘れてはいけない日が詰まっている大事な8月です。それぞれの場所で
思いを深くしたいと思います。

 この間、雨の日に可愛らしい女性が傘をしっかりと抱きしめていました。抱
けば抱くほど、その尖った先が、前の人を突っついているのです。スマホしか
見えません。皆さんは?
 まだまだ、暑い日が続きます。乗り切りましょう!
 旧盆、休みなしで開けています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         十月通信  2017.08.10 第120号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜 17時~24時(土曜は19時―24時)
     日曜・祝祭日は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Bar 十月 ホームページ : http://sites.google.com/site/kkmoravia/
十月通信 back number: http://ju-ga-tsu.blogspot.com