2016年3月12日土曜日

十月通信3月号



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        十月通信   2016.03.10 第103

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつもご贔屓ありがとうございます。
 東日本大震災からすでに5年が経ちました。被災者の前へ進もうとする努力
と思いには頭が下がる思いですが、仮設住宅から安堵住宅への住み替えなどは
遅々として歩みは遅いようです。それぞれの方が、心の故郷を大事に大事に思
って暮らしている様子をテレビなどで観ると、ただただ胸が熱くなります。テ
レビから流れるあの歌「花は咲く」を聴くだけでも。
 さて、今年6月の「大人の修学旅行」札幌版を、「お知らせ」で案内してい
ます。いい季節です、ぜひご参加ください。
 さて、今月のわたしの歌。

 どんな時? たとえば恋が終わった時にレディ・ジェーンのジャックロー
  ズは
 札幌の二条市場のたびら雪酒場マルコの硝子のくもり
 旅はるか過ぎて傘寿の処女歌集万感胸に迫る歌あり

 女性客の中には素敵なひとがたくさんいらっしゃいます。恋を捨てる人や、
気がついたら終わったという人‥‥。そんな時、赤い柘榴のカクテルで新しい
出発に乾杯! 深夜、レディ・ジェーンというバーでこのカクテルを飲む時、
自分も女であることを思います。
 札幌に下見に行った時のこと。はらはら雪の舞う中を、疲れ切った我らはホ
テルを目指して急いでいました。そんな時、いつもの鼻が嗅ぎ分けました。市
場裏手の路地に「酒と肴と炉端とマルコ」という呑み屋を発見。そのまま歌の
ような店名。吸い込まれるように、カウンターの人となりました。
 3月に傘寿を迎えるという女性が処女歌集を出されました。彼女の仕事に生
きていた人生が淡々と詠われていました。あちらこちらへの旅に自分を探して
いるようにも感じられました。友の享年~の歌には、享年三十歳の我夫と重ね
合わせて篤いものを感じました。夢で恋人に会う彼女は一途で素敵です。

【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 
  敗北はあるひは罪かブラキストン・ラインこえきし祖父を超すべし
                     時田則雄「北方論」昭和56

 時田則雄(ときたのりお)。昭和21年、北海道生まれ。
 彼の歌には、いつも思うことだが、大地に立っていることを強く感じます。
本州と北海道の間に引かれた生物分布境界線を意識することで、生半可でない
意志の強さをひたすら感じます。
 農業への取り組みが、日常の暮らしの中に生き生きと詠われていて、そこに
喜びと頼もしさを感じます。また、自分をかさぶたに例えているところなど唸
りますね。

 嫁して祖母七十五年ひともとの樹にたとふれば両手にあまる
 汗のシャツ枝に吊るしてかへりきしわれにふたりの子がぶらさがる
 瘡蓋のごとく凍土に生きながらわれはたっとぶモハメッド・アリ


【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
呉在雄写真展「Impression 風」:3月1日(火)~15日(火)
 Impressionとあると、フランスの印象派などが思い出されますね。なにか
通じるようなモノクロームの写真を数点、展示しています。

伴幹夫作品展「ぼくのいろ展」:3月16日(水)~31日(木)
 形も色も自在に生成していくような絵を描いている伴さん、今回は色をテー
マにしています。

 4月は、
 高橋俊明作品展:4月1日(金)~15日(金)
 鈴木元彦写真展「光の存在」:4月16日(土)~30日(土)
  高橋さん、今回はどんな作品を用意しているでしょうか。後半、鈴木さん
 は五島列島の人々と教会の写真を撮り続けています。

【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 3月・第127回日本酒の会は「徳島県のお酒」です。
 候補酒は、高柿木(三好市)、瓢太閤(阿波市)、司菊(美馬市)、穣(三
好市)、入鶴(阿南市)、御殿桜(徳島市)
 3月26日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。

 2月「滋賀県」は、七本鎗(純米80%精米)、笑四季(特別純米生原酒)、
不老泉(純米吟醸生原酒)をいただきました。
 4月は「佐賀県」、5月は「香川県」のお酒の予定。毎月、月末の土曜日に
開催。皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。

【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
「百花十月」第12号(2月20日発行) ¥150 好評発売中!
 ポエトリ:ねぎ(ながためけんし)、スケッチ:真夜中の鐘が鳴ったら(那
須田務)、ラテンアメリカ前衛詩人列伝12:ティオフィロ・シー(鼓直)、
表紙画:山口あき。

Bar十月「大人の修学旅行」札幌が6月18日(土)に決まりました!
 参加お申し込みは5月末まで受け付けています。
 皆様、素晴らしい季節の北海道、いっしょに行きましょう。

 日  時:2016年6月18日(土)
 演奏会場:札幌北一条教会 14:00
      〒060-0001 札幌市中央区北1条西13丁目2
 宿  泊:Tマークシティホテル札幌
      〒064-0807 札幌市中央区南7条西5丁目 tel.011-511-7531
      S/SW 16,500円、T 21,000円 朝食付 なお、当店確保のホテ
       ルを要望される方は3月末まで当店へ。
 宴会場 : 居酒屋にほんいち・すすきの店
      札幌市中央区南4条西4丁目 恵愛ビル4

Bar十月営業日変更のご案内
 当店は、今年1月から、日曜日のほかに祝祭日もお休みをいただくことにい
たしました。どうぞよろしくお願いいたします。土曜日は営業しています。

【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、2月に観た映画は、

  1.猫なんか呼んでもこない    9. 鉄の子
  2.キャロル          10. シャーロック・忌わしき花嫁
  3. オデッセイ         11. トイレのピエタ
  4. ディーパンの闘い      12. フェイトフル・エイト
  5. ブラック・リスト      13.俳優 亀岡拓次 
  6. 愛の記念に         14. 猫のお葬式
  7. 悪魔の陽の下に       15. ドラゴン・ウェスト
  8. スティーブ・ジョブス
「トイレのピエタ」はラストに心打たれた。「キャロル 」もlesbianを正面か
ら捉えていて自分に正直に生きる女性がとても素敵な作品。
「オデッセイ」は、ハッピーエンドがわかっているので、色々アイデアがいっ
ぱいの楽しい映画。「ディーパンの闘い 」は難民問題を描いていて秀作。
「鉄の子」はこんな話って今時ありそうだなぁと思う作品。ラストがいい。

───────────────────────────────────

━┛━┛━┛━┛
 3月に入って、中国から大量の微粒子の贈り物が空輸されてきており、眼を
やられました。受け取り拒否をしたいのですが、当の中国でもほとほと困って
いるのかも、と思うと昔の日本のようで、なんともかんともです。
 沈丁花の香りはまだ届いていませんが、新宿通りの街路樹、雑踏の中に辛夷
が白い花を広げています。春の宅配便です。

 Bar十月恒例「大人の修学旅行」札幌版が、6月18日(土)-19日(日)
に決まりました。お知らせ欄でご案内しています。
 皆様、いい季節の北海道をご一緒しませんか?

 そうそう、東京の桜、あと二週間ほどですね!

───────────────────────────────────
         十月通信  2016.03.10 第103
発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
営業日:月曜~土曜 17時~24時(土曜は1924時)
     日曜・祝祭日は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Bar 十月 ホームページ : http://sites.google.com/site/kkmoravia/
十月通信 back number: http://ju-ga-tsu.blogspot.com