2013年4月14日日曜日

十月通信4月号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      「十月通信」  2013.04.10 第068号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつも御贔屓ありがとうございます。
 3月は早々と咲き出した桜も、なんだか後半お天道さんに苛まれているよう
で、じっと幹にしがみついているのを見たりすると、可哀想だが健気でもあり、
人間の人生そのもののようですね。♪4月になれば~、という歌があったかと
思うのですが、4月と聞くだけで、何か良い事がありそうな春の出発です。
 みなさまも、雨にも黄砂にもメゲズ、毎日を数えてゆきましょう。
 さて、今月のわたしの歌。

 ♪ 花嵐継子苛めの雨が降りじっと耐えてる桜はおしん
 ♪ あらわたしオンナだったの忘れてた雀百まで女いつまで?
 ♪ 惚れてたよなんていまさら黄砂舞うあとの祭りだワッショイ! わっし
   ょい!
 ♪ 開くより閉じる困難友ありき孤軍奮闘みつめるだけで
 ♪ 雨上がり春一番の詫び状を越後の海へしたためる夜

 桜の花が、この頃の雨風にこれでもか、これでもかといじめられている様は、
まるでママコ苛めのようです。この頃再放送している「おしん」を思いだして
しまいました。
 いくつになってもおしゃれな女性を見ると感激してしまいます。そうだ自分
もオンナだったのだと。もっと気配りしようっと!
 古い友達との会話で、「そう言えばさ、昔好きだったんだよ」なんて言われ
たりしたことありませんか。もっと早く言ってよ! もうっ。日本ではそれを、
「あとの祭り」と言います。
 30年以上続けた仕事の整理をした友人がいるのですが、もの事何でも始め
るより、仕舞う事の大変さは周知のごとくです。たったひとりで処理していま
したが、なにも手伝いが出来ないのが残念でした。
 秋に実施の「大人の修学旅行」でお世話になっている方への、私の不徳の致
すところ、のお手紙を徹夜で書きました。新幹線のように早く、きちんと届く
と良いのですが。


■【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●

 ♪ ひとひらの魔羅と陰をば因(もと)として床惚れということのうれしさ
                 阿木津 英「天の鴉片」昭和58年

 阿木津英(あきつえい)、昭和25年、福岡県行橋市生まれ。はじめのころ、
女性という視点から従来の世界を問い直すような歌を書きました。
 なんかこう、女体の匂いがムンムンですね。そのものズバリもびっくりです
が、あっけらかんとして、それもさわやかかも。オンナである事を心底実感し
ている作品が多いようです。

 こんな歌も、まさしく女性ですね。
 ♪ 西ひくく光乱れている雲よ左太腿のあたりが痒し
 ♪ 自己完成を第一主義とせずなりし伊藤野枝そののち五度孕みき
 ♪ 何ゆえにある乳房かや昼寒き町にきたりて楊枝を購む


■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎高橋俊明作品展「静謐の彼方へ」:4月1日(月)~15日(月))
 静かで広大なところにいるような、みずみずしい星空をみているような作品
を、10点ほど展示しています。是非、ご覧になってください。

◎まつもとのぶこ展「しか、しか、おんな」:16日(火)~30日(火)
 新進のアーティスト。どんな作品をもってきてくれるか、楽しみにしている
新人です。

 5月は、
  ◎前半は、楠本恵子作品展:5月1日(水)~15日(水)
  ◎後半は、鈴木雅弘作品展:5月16日(木)~31日(金)
   楠本さんはこのところ黄をベースに色彩と形のナイーヴな世界を展開し、
  鈴木さんは独自の画風で平面と立体の表現世界を広げています。


■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 4月、第92回日本酒の会は、「新潟県のお酒」です。
 候補酒は、麒麟(阿賀町)、麒麟山(阿賀町)、吉乃川(長岡市)、鶴齢
(南魚沼市)、鶴の友(新潟市)、今代司(新潟市)、鮎正宗(妙高市)、
越の誉(柏崎市)‥‥。

 4月27日(土) 午後7時頃~、当店「Bar 十月」で。
 会費は2,500円、酒肴付。
 おもに地元のみ流通の、おいしいお酒が登場します。うるさい薀蓄なし。初
めての方、大歓迎! 皆様、いっしょにおいしいお酒を飲みましょう。
 今月の新潟県で、全国都道府県日本酒めぐりの、三巡目スタートです。
 5月は「広島県」、6月は「富山県」、のお酒の予定。


■【おしらせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎第25回すかがわ国際短編映画祭:5月10日(金)~12日(日)
 会場は、須賀川市文化センター(福島県須賀川市牛袋町5 Tel : 0248-88-
9172)。国内外の優れた短編映画、国内19作品、海外13作品を上映予定。
 12日は私も参加いたします。
 http://yagi-building.com/sisff/index.php

◎第18回ロンスター・ピクニック:5月12日(日)
 会場は、所沢航空記念公園・野外ステージ(西武新宿線「航空公園」駅下車、
徒歩5分)、12:00~17:00。約10バンドが出演し、ステージ前ではカントリ
ーンスが繰り広げられる楽しいイベント。初夏の一日、ビールを飲み、お弁当
を広げて、楽しみましょう! 雨天決行(屋根付)。チケットは、当店で。
 http://jtkanehira.com/picnic.html


■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、3月に観た映画は、
  1.フライト         13.千年の愉楽
  2.愛・アムール       14.魔女と呼ばれた少女
  3.ジャンゴ         15.汚れなき祈り
  4.真夜中のカウボーイ    16.ある海辺の詩人
  5.イージー・ライダー    17.シャドーダンサー
  6.草原の椅子        18.ブラインドマン
  7.横道世之介        19.ジャーニ/ストップリビングイン
  8.ひまわりと子犬の7日間  20.愛してる、愛してない
  9.プラチナデータ      21.ザ・マスター
 10.メッセンジャー     22.偽りなき者
 11.ぼっちゃん       23.すーちゃん・まいちゃん・さわ子さん
 12.シュガーマン 

 「魔女と呼ばれた少女」は今日現在のコンゴでのお話。少女が翻弄されてゆ
く、アフリカの現状がいたましい。日本の子供たちに是非観て欲しいです。
 「シュガーマン」は、アメリカで売れないミュージシャンの歌がアフリカで
大ヒットし、独立運動の支えになったとか。歌手のロドリゲスの無欲な姿は、
日本の知足安分の精神です。本当に頭の下がる感動作品。是非。
 「汚れなき祈り」、「ある海辺の詩人」、「偽りなき者」、「草原の椅子」
もおすすめ!


───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 3月5日に、当店で、あの梅津和時さんのライブが現実のものとなり、感激
でした。20名ほどの方にお聞きいただき、店内の空気がビリビリ震える、大
変高揚した時間でした。本当にありがとうございました。彼の音は、素晴らし
い! サキソフォンで奏でる演歌も切なくて、酒にぴったりでした。
 3月の終わりに、当店で展示した李元淑さんの受賞作品展があるというので、
栃木県の鹿沼市にある「川上澄生美術館」に行って来ました。広々とした庭に
建つ、明治洋館風の尖塔時計台のある建物は、木版画の詩人・川上澄生の作品
から出てきたようでした。 http://kawakamisumio-bijutsukan.jp/
 当店の展示作家は素敵な作家揃いです。どうぞ観にきて下さいね。

 今年秋の「大人の修学旅行」は新潟県の柏崎。9月まで5ヶ月です。

───────────────────────────────────
         十月通信  2013.4.10 第068号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     17 時~24 時(土曜・祝祭日は19 時―24 時)
     日曜は休みます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○「Bar 十月」ホームページ: http://sites.google.com/site/kkmoravia/
○「Bar 十月」紹介ページブログ: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
○「ゴールデン街」ホームページ: http://www.goldengai.net/
                 http://goldengai.jp/pg12.html