2012年7月14日土曜日

十月通信 七月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      「十月通信」  2012.07.10 第059号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつも御贔屓ありがとうございます。
 先日実施しましたBar十月恒例の「大人の修学旅行」、猿ケ京ツアー。まず、
群馬県特有の濃霧の歓迎からはじまり、雨のおやつに、コンサート終了の雷雨
の合図、そして晴天と、めまぐるしい中での猿ケ京でした。雨のシャワーを浴
びてきれいに輝く緑葉、そしてホテルの窓辺には、ツバメのヒナたちがちょこ
んと止まっていたり、山中の絶景の中での温泉は格別でした。
 ご参加頂いた方、本当にありがとうございました。

 今月7月20日で、当店「十月」は満7歳となります。これも皆様のおかげ
です。ありがとうございます。16日(休日ですが月曜日、もちろん営業しま
す)からの一週間はお祝いです。皆さまのお越しをお待ちしています。
 さて、今月のわたしの歌。

 ♪ 霧立ちて信濃に想いはせてみる瞼が陽射しキャッチするまで
 ♪ 夕まぐれ低空飛行のイワツバメ新宿の子はまだ眠らない
 ♪ 七年が静かに私について来る毎日ドアを開けては閉めて
 ♪ ローマ字になって世界を巡礼す ヒロシマ、ナガサキ、フク
   シマ ニホンの

 「大人の修学旅行」の猿ケ京へは、ちょうどよい空間のバスで片道2時間半
ほど。ハプニング続出で愉快な旅になりました。山の緑が、腹を抱えて笑って
いるようです。かと思うと雨が降ったり、雷が鳴ったりで、大忙しのお天気。
天の川のような、濃霧がおおう高速道路を抜けて、着いたホテルの食事も大変
美味しく、2キロは太ったかも。
 美しい織姫たち、そしてやさしい彦星たち、総勢30数名。七夕の夜は賑や
かに更けてゆきました。さくらんぼ狩りのおいしいさくらんぼや、青龍寺での
精進料理なども忘れられない味。
 今月、「Bar十月」は満7歳、8年目に突入です。これからもよろしくお願
いいたします。
 昨年の忘れられない災害はいまだに心を沈殿させています。決して忘れては
いけないのです。


■【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●

 ♪ 空壜をかたっぱしから積みあげるおとこをみている口紅ひきながら
                 沖ななも「衣裳哲学」昭和57年


 沖ななも(おきななも 昭和20年~)。茨城県古河市生まれ。
 表記の歌には、汗にまみれて仕事を着々と片付けるおとこの姿に、力強さと
たくましさのほか、おとことはそういうものと思っているふうな女性がいる、
そんな感じがします。
 男を「おとこ」と書く、それがポイント。おとこは、ちょっと軽い。ほかで
だれがなにをしていても、私は女よ、ここにいるわって言っているような。女
であることを、ふつうに誇っているような。エロスを感じます。作者はどのよ
うな状況で、この歌を書いたのでしょうか?

 以下の歌もとても繊細で、唸りますね。
 ♪ 愛などと呼べどもこの世にあらぬもの風船かずらの実のなかの空
 ♪ 道の端にヒールの修理を待つあいだ宙ぶらりんのつまさきを持つ
 ♪ いつよりかPantomimeの人かげが死を演じいる さみし春の夜


■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎中野耕一作品展 2日(月)~31日(火)
 時代小説やファンタジー小説の挿絵でも活躍している中野さん。イラスト作
品を十点ほど展示しています。武士のきりりと狂気、おんなの妖艶と凄絶。

 ▼8月は李元淑版画展です。1日(水)~31日(火)の予定。
  昨年は日本版画協会賞、今年は川上澄生美術館大賞を受賞した李元淑、
 Lee Wonsukさんは、新進の若い女性版画家です。


■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 6月の日本酒の会は、「奈良県のお酒」です。
 候補酒は、梅の宿(葛城市)、睡龍(宇陀市)、長龍(北葛城郡広陵町)、
白檮(橿原市)、百楽門(御所市)、八咫烏(吉野郡吉野町)、山鶴(生駒
市)‥‥。

 7月28日(土) 午後7時頃~、当店「Bar 十月」で。
 会費は2,500円、酒肴付。
 おもに地元のみ流通の、おいしいお酒が登場します。うるさい薀蓄なし。皆
様、いっしょにおいしいお酒を飲みましょう。

 8月は「滋賀県」、9月は「徳島県」のお酒の予定。


■【おしらせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎「粧」企画:「東京湾クルーズ 2012」は、8月26日(日)。
 恒例の東京湾クルーズ。今年は8月26日(日)実施です。コースは、両国
の東京水辺ライン乗り場-レインボーブリッジ-お台場-葛西臨海公園-荒川
-墨田水門-東京水辺ライン乗り場。現地集合は14時30分。19時に新宿
に帰ってきます。
 定員60名(満席になり次第締切)、料金は9,999円(8月15日まで)、
通常11,000円。お申し込みは、Bar十月までどうぞ。


■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、6月に観た映画は、
   1.私が生きる肌       9.ジェーン・エア
   2.浮き雲         10.道ー白磁の人
   3.夫婦          11.ファウスト
   4.孤独なツバメたち    12.11.25自決の日
   5.隣る人         13.ブラック・ブレッド
   6.星の旅人たち      14.ソウル・サーファー
   7.幸せへのキセ      15.ワン・デイ23年のラブストーリー
   8.ハングリー・ラビット  16.ケイト・レディが完璧な理由

 「私が生きる肌」、アルモドバル監督の作品は、いつもながら音楽が素敵。
 「孤独なツバメたち」は出稼ぎブラジル人の、日本で生まれた子供たちのド
キュメンタリー。日本で生まれたのに義務教育の資格がないそう。日本で学校
に行くには自主的に行くしかないとのこと。なんとかして行かせてやりたいと
いう気持が沸騰しました。
 「隣る人」、これも、緑に囲まれ陽がさんさんと照る児童施設でのドキュメ
ント。女性職員が母になって一緒に寝起きし、子供らを育んでいる。子供たち
はこの母が自分を守ってくれる人であることを充分承知しており、彼女の胸か
ら離れない。
 大きなお家の物語のよう。最後のシーンで映像がカットされているが、憎い
編集。私はこどもの頃、朝餉の味噌汁の匂いと包丁の音で目覚めた。朝の廚に
立つ、白い割烹着の母を思い出した。この映画を観た人それぞれが、それぞれ
の、みずからの朝を思い出したのではないでしょうか。とにかく、職員の方々、
本当に頭が下がります。お勧め!!


───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 6月のおわりのある晩、当店のお客さまで、昨年亡くなった吉本憲三さんを
偲ぶ会をいたしました。50名近くの方々が集まり、賑やかで厳か、かつ豊か
な時間でした。個人の悪口なども言いつつ。
 人は亡くなっても生きている。それぞれの人の胸に想い出として残っていて、
記憶としてあるかぎりは。河村典子さんが会のはじめに弾いたバッハの音を、
おそらく彼は、照れて聴いていたことでしょう。

 7月7日、8日の「大人の修学旅行」猿ケ京版。当日の現地の天気は晴れた
り降ったり、濃霧だったり雷の銅鑼さえあったりで、賑やかな初日でした。七
夕とあって、牛乳のような、立ちこめた霧のなかのハイウェイをバスは進んで
行きました。ちょっと怖かったです。
 コンサート終了後のホテルでの宴会も大賑わいで、セーラー服や制服姿の女
子高校生? なども登場して大笑い。変身は愉快です。
 やはり「大人の修学旅行」ですね。みんな仲良く酒を酌み交す姿を見て、幸
せな気分になりました。来年はどんなことになるのやら‥‥。


───────────────────────────────────
         十月通信  2012.07.10 第059号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     17 時~24 時(土曜・祝祭日は19 時―24 時)
     日曜は休みます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○「Bar 十月」ホームページ: http://sites.google.com/site/kkmoravia/
○「Bar 十月」紹介ページブログ: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
○「ゴールデン街」ホームページ: http://www.goldengai.net/shop/b/16/