2015年3月10日火曜日

十月通信 3月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      「十月通信」  2015.03.10 第091号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつもご贔屓いただきありがとうございます。
 今月は、来月4月の新しい出発を控えての、ちょっと忙しく、ちょっと深呼
吸する時かもしれません。冬には鮮明に美しい姿を見せていた富士山も、この
ごろは、朧なベールをまとい出して、春への変身をしているようです。
 みなさんも春への準備は怠りなきよう!
 さて、今月のわたしの歌。

 ♪ シャッターを閉める音まで寒寒し客の足引くまた雪予報
 ♪ 後輩に先輩いわくビール手に昨日のことは飲み干しなさい!
 ♪ つい見入る限界集落物語かつての農村思い出しつつ

 この頃の天気予報は本当に迷惑千万です。(-ε-)ブーブー 朝の天気予報に
雨予報など出ますと、お店がとてもヒマになるのです。雨の日の酒場もいいも
のです。どうぞお出かけくださいませ。
 ある晩、デパートの売り場の先輩が、昨日の失敗で悩む後輩女性に、「昨日
の事を忘れなければ前に進めないよ!」と、ゲキを飛ばしていました。ごもっ
とも。テレビで「限界集落株式会社」なるドラマを観ました。かつて農村に嫁
した者としては他人事ではありませんでした。そう、そう、と思わず見入って
いました。

■【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 ♪ 「スプラウトと呼ぶのはかっこよすぎでしょ」間引き菜ばかりのサラダ
  さりさり
         紙村一味「たつき」(「短歌往来」2015年3月号)

 紙村一味(かみむらいちみ)、昭和42年、広島県生まれ。未来短歌会所属。
キッチンから、楽しい歌がざっくりと聞こえてきます。私は好きですね、率直
さを前面に出したような、清々しい歌。巧みなヒネリもあります。
 以下の歌など、父と生母が謎めいていますね。

 ♪ 美しい書物をひらくように来る春陽は父と生母のかけら
 ♪ スナックのような幼虫はねおこすパンジーの鬱かろやかになれ
 ♪ いちめんのゲンゲ畑に茣蓙敷く子今日母になり明日姉になる
 ♪ 陽をあびて春の畑打 五十音が愛からはじまるようにナチュラル
 ♪ らしからぬ下着干したりらしからぬとは無でなく有るような自己
 ♪ 冷蔵庫とき折ないて産み落とす氷十二個 真夜の重たさ
 ♪ 野菜庫で菜の花咲かすうかつさもざっくりすくう夜の味噌汁


■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎白川雅啓展:3月2日(月)~14日(土)
 複雑な色相、色合い、形の作品はいままでと変わらないように見えて、そこ
に新しい展開がはじまりつつあるようです。10点ほど展示。
◎ヨシムラトキコ「誰?」展:3月16日(月)~31日(火)
 十月初登場。さて、誰でしょう? というのは「誰?」展の作家はもとより、
絵に描かれた人物です。

 4月は、
 ◎松本伸子展:4月1日(水)~15日(水)
 ◎向瀬杜子春写真展 サンタリークリクラ~サンタルの子どもたち:
  4月16日(木)~30日(木)
  松本さん2回目の十月展、さて今回はどんな作品がやってくるでしょう。
 向瀬さん、初登場。インドの少数民族サンタルの子どもたちを撮っています。

■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 3月・第115回日本酒の会は「兵庫県のお酒」です。

 候補酒は、白鷺の城(姫路市)、神結(加東市)、神鷹(明石市)、秀月
(篠山市)、富久錦(加西市)‥‥‥。

 3月28日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。おもに地元のみ流通の、おいしいお酒が登場し
ます。うるさい薀蓄なし。酒肴の持ち込み、また初めての方、大歓迎です!
 4月は「山梨県」、5月は「石川県」のお酒の予定。
 皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。

■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎『百花十月』第8号 1月30日発行! ¥150/1部 残部僅少。
 ポエトリ:オペラ座の落日(細野豊)、スケッチ:猫の行方(岩出靖彦)、
ラテンアメリカ前衛詩人列伝8 ビセンテ・ウィドブロ(鼓直)


■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、2月に観た映画は、

  1.深夜食堂         12.ミルカ
  2.ジョーカー・ゲーム    13.フォックスキャッチャー
  3.ワイルドカード      14.イーダ
  4.神様はバリにいる      15.ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して
  5.マイ・プライベート・アイダホ 16.きっと、星のせいじゃない
  6.バベルの学校       17.アメリカン・スナイパー 
  7.マエストロ        19.君が生きた証
  8.繕い裁つ人        18.ラジオの恋
  9.チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密  20.女神は二度微笑む
 10.はじまりのうた      21.馬々と人間たち
 11.天国は、ほんとうにある  22.フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

「深夜食堂」の多部未華子がなかなか良い。彼女の良さが凝縮されて出ていま
す。「バベルの学校」はフランスに移住した子供達に、一所懸命、フランス語
を教える、女性教師の献身的な態度に感心します。宗教も肌も違う子供達が心
開いてゆく模様が素敵。アフリカから移住した少女が、10年以上も母親に会
えなかったという中国からの少女に同情して涙している姿にこちらも感動。
「きっと、星のせいではない」「はじまりのうた」「イーダ」「フォックスキ
ャッチャー」などはとてもお勧め。今回はどの作品も秀作揃いでした。

───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 もう、ひな祭りも過ぎて、どことなく優しい風を感じるこの頃です。3月は
特に嫋やかな季節。新年度を控えた、ヨーイドンの、ヨーイ、構えの時期。私
は、ラジオ体操で身体を整え、準備万端にしたいと思っています。

 映画「繕い裁つ人」の中で、主人公の作った洋服で男女が集い、舞踏会を楽
しんでいるところに、子供たちが割り込んでくるシーンがあって、主人公が、
「あなたたち子供のまえでは、お母さんに戻ってしまうので帰りなさい! 今
は日常を離れて踊っていますから」というようなシーンがありました。
 この頃、新聞やテレビをみていますと、子供がいても母の顔を忘れている女
性もいるようです。一にも、二にもまず、母でいて欲しいです。子供のいる女
性は。
 春はもう、そこまできています。

───────────────────────────────────
         十月通信  2015.3.10 第091号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     17時~24時(土曜・祝祭日は19時―24時)
     日曜は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○「Bar 十月」ホームページ: http://sites.google.com/site/kkmoravia/
○「Bar 十月」紹介ページブログ: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
○「ゴールデン街」ホームページ: http://www.goldengai.net/
                 http://goldengai.jp/pg12.html