2015年2月12日木曜日

十月通信 2月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      「十月通信」  2015.02.10 第090号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつもご贔屓いただきありがとうございます。
 2月は如月というそうな。寒さで更に重ね着をすることから、着更着(きさ
らぎ)説が有力。でも、この頃は、薄くて暖かい強力な衣類に恵まれて、現代
はありがたいことです。とはいえども、衣類を重ねて着るより、心を重ねて誰
かと暖め合いたいですね。
 さて、今月のわたしの歌。

 ♪ ”詩”をかたる男三人二百歳ただポロポロとくちずさんでる
 ♪ 雪予報昂じて飲み屋に氷雨降る早仕舞いの空には十六夜の月
 ♪ なにごとも腹八分目とはいえど加減むずかし胸の痛みよ

 つい先日、詩人が三人揃いました。合計年齢が200歳です。それまでの人
生がすべて詩になっているような人たちでした。口から詩がこぼれ出て。
 この頃の天気予報には困っております。雪予報には翻弄されております。そ
の日のお客様は閑古鳥だけです。なんと帰りの空には月も笑っています。
 なにごとも腹八分目が良いと。俗に「腹八分目医者いらず」とさえいわれて
います。でも、人の思いは、それを越えて溢れたり、足りなかったり……。痛
みは調節できませんね。

■【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 ♪ 白衣なら許される失敗がある君の手を取り損ねたことも
        高岡晶美「まなうらの遠く」(「短歌往来」2015年1月号)

 1990年、徳島県生まれ。岡山大学環境生命科学研究科修士生。
 なんとも、定型をちょっとはずした歌い方は新鮮でいいです。研究者の卵な
の見方もおもしろく、とても新鮮。
 ♪ 小難しい原理の機器も略したら三文字のアルファベット せつない
 ♪ 窓を開けたら六の花まなうらの遠くで君がこちらを振り向く
 ♪ ブラインドから漏れてくる薄光を両手で掬い集めたら冬

■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎多賀谷無人展:2月2日(月)~14日(土)
 住んでいる葉山辺りの風景を、きわめてシンプルな線と面、色彩で再構成し
た、そんな絵を10点ほど展示しています。
◎伴幹雄展~群がる~:2月16日(月)~28日(土)
 十月初登場。ペン画に彩色した作品を中心に展示します。愛知県在住。さて
どんな作品を持ってみえるか。

 3月は、
 ◎白川雅啓展:3月2日(月)~14日(土)
 ◎吉村時子イラスト展:3月16日(月)~31日(火)
 白川さん、ひさびさの十月展示です。複雑な色相、色合いの作品はさながら
眼の思考といったところでしょうか。吉村さんも十月初登場、楽しい作品を用
意しています。

■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 2月・第114回日本酒の会は「神奈川県のお酒」です。

 神奈川県は醸造元が少ないです。すでに2回(6酒蔵)やっているので、新
しい醸造元でうまいお酒がみつかるかどうか? やはり少ない、隣の山梨県か
ら山を越えて借りてくることになりそうです。

 2月28日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。おもに地元のみ流通の、おいしいお酒が登場しま
す。うるさい薀蓄なし。酒肴の持ち込み、また初めての方、大歓迎です!
 3月は「熊本県」、4月は「兵庫県」、のお酒の予定。
 皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。

■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎『百花十月』第8号 1月30日に発行しました! ¥150/1部
 ポエトリ:オペラ座の落日(細野豊)、スケッチ:猫の行方(岩出靖彦)、
ラテンアメリカ前衛詩人列伝8 ビセンテ・ウィドブロ(鼓直)

◎ブルーグラスユニット バレンタイン・デー(イブ)ライブ、今年もやります!
 2月13日(金)19時~、当店Bar十月で。
 ヴォーカル・ギター秋元那美、バンジョー内田眞介、マンドリン松宮正典、
三人のユニットバンド。軽やかな音楽にのせて、われらが那美さん、ブルーグ
ラスを中心に、トラッド、Jazzなどを歌います。お申込みは当店へ。

■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、1月に観た映画は、
  1.王の涙イ・サンの決断   10.マップ・トゥ・ザ・スターズ
  2.トラッシュ! この街が輝く日まで 11.二重生活
  3.96時間レクイエム     12.ジャッジ 裁かれる判事
  4.自由が丘で        13.ジミー、野を駆ける伝説
  5.天空からの招待状     14.サン・オブ・ゴッド
  6.薄氷の殺人        15.千年の一滴 だし しょうゆ
  7.毛皮のヴィーナス     16.おみおくりの作法
  8.ビッグ・アイズ      17.KANO 1931海の向こうの甲子園
  9.真夜中5分前   18.ストライク・ウィッチーズova2エーゲ海の女神

「マップ・トゥ・ザ・スターズ」こんなことが実際にあるのだろうかと思う。
近親相姦の極みのような……。鑑賞後に絶望感が残る。でも、凄い作品。
「トラッシュ! この街が輝く日まで」貧しいながらも正義感を持った少年達
の目の輝きがとても良い。劣悪な環境の中での子供達の勇気と希望が救い。
「真夜中5分前」は、とにかく衣装が素敵。中国女性の着る直線美の凛とした
衣装が却って女性らしい。主役の三浦春馬は鑑賞に堪えますね。
「薄氷の殺人」は原題が「白日焔火」という。たまに原題と邦題があまりにも
かけ離れていたり、あらすじのように長かったりしているのが気になるが、本
作は、邦題に吸引されてみてしまう感があります。秀作。
「二重生活」「KANO 1931 海の向こうの甲子園」「おみおくりの作法」「王の
涙 イ・サンの決断」はとてもおすすめ。
 舞台の好きな方には「毛皮のヴィーナス」を勧めます。

───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 なんだかんだともう今年も2ヶ月目に突入です。冒頭にも触れましたが、さ
らに寒い時期になりました。梅の香りがせめてもの柔軟剤です。春に続く香り
を求めて外を歩いてみたいです。

 さて、正月の3日に、日帰りのつもりで会津若松のいつもの飲み屋「甲賀茶
屋」まで年始のあいさつに出かけました。東京から、午後の新幹線は雪景色の
中を走り、磐越西線も雪中行軍。
 やっとこ懐かしい飲み屋亭主の顔を見てほっとしたら、なんとも、自動的に
お散歩スイッチが入って、数軒覗いて、お泊まりとなりました。お正月の雪の
夜の散歩は情感たっぷりでした。
 また、久々に、博品館で、ショー「シューズ・ストーリー」を観ました。タ
ップダンスと音楽とお喋りは軽快で、心ウキウキして気持ちの良いものでした。
脚が楽器になっている!

 みなさんは日頃と違う時間を、どんなときにおつくりになってらっしゃるで
しょうか。リフレッシュ! お店にもお寄りください。

───────────────────────────────────
         十月通信  2015.2.10 第090号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     17時~24時(土曜・祝祭日は19時―24時)
     日曜は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○「Bar 十月」ホームページ: http://sites.google.com/site/kkmoravia/
○「Bar 十月」紹介ページブログ: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
○「ゴールデン街」ホームページ: http://www.goldengai.net/
                 http://goldengai.jp/pg12.html