2013年5月14日火曜日

十月通信五月号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      「十月通信」  2013.05.10 第069号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつも御贔屓ありがとうございます。
 1年中で一番爽やかな季節。緑の風という色付きの風の吹く時期です。気持
ちも緑色になってしまうような気がします。皆さんの周りにはどんな緑色の風
が吹きますか。
 また5月は映画祭が多く、イタリア映画祭、短編映画祭、アニメ映画祭など
忙しい限りです。皆さんにもユニークな映画をどんどん観て欲しいです。そん
な中、福島県の須賀川国際短編映画祭に行って参りました。
 眩いばかりの緑の光と風を受けての映画祭、力作揃いで行って良かったと思
いました。
 お天気に翻弄されっぱなしですが、極力好きなように過ごしたいですね。
 さて、今月のわたしの歌。

 ♪ 娘二十歳この頃酒を知ってから嫌いな父も可愛くなったと
 ♪ 月初めまばらな数字をなぜている暇にまかせて羽のごとくに
 ♪ 疲れたと百万遍も繰り返し唱えてみても始まるまいが

 この間、元気な女性が言いました。今まで父は大嫌いだったと。でも自分が
酒をたしなむようになってから父の事を可愛いと思うと。なんと、愛しい娘で
しょう!
 毎月のスタートには毎日の数字が気になります。あまり暇なので、昨晩観た
恐竜の特集を想いだして、あの大きな鳥? の羽を空想していました。
 歳のせいかこの頃疲れます。言葉に出して疲れを放出したいと思うのです。
まるで経を唱えるごとく。百万遍唱えればそのうち良い事も有る、きっと!


■【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●

 ♪ 甕に醸すをみなの唾液と穀物のねむりをわれにほんのひととき
           山田富士郎「アビー・ロードを夢見て」平成2年

 山田富士郎(やまだふじろう)、昭和25年新潟市生まれ。立教大学卒業。
俳句を作ったあと、短歌に転向し、岡井隆に師事。上の歌は、さすが酒どころ
新潟出身の彼ならではの作品です。酒を、穀物のねむりとは素敵な表現です。
 以下の歌には、故郷新潟への懐かしさが、雪の中にも海の中にも感じられま
す。しかし彼は東京に住む。雉鳩は彼自身かも。

 ♪ 街路樹の鈴掛に巣をつくりたる雉鳩よおまへは東京が好きか
 ♪ 大いなる緬羊の腹のしたにすむここちこそすれ郷里の冬は
 ♪ さんさんと夜の海に降る雪見れば雪はわたつみの暗さを知らず


■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎鈴木雅弘作品展:5月1日(水)~15日(水)
 独自の画風で平面と立体の表現世界を広げている鈴木さんは、今回、軽いタ
ッチのドローイングを数点、展示しています。是非、ご覧になってください。

◎楠本恵子作品展「ゆれとうと」:5月16日(木)~31日(金)
 楠本さんはこのところ黄をベースに色彩と形のナイーヴな世界を展開してい
ます。先日、最近の作品が表紙に使われている本をみせていただきました。

 6月も、二人の予定です。
 ◎前半は、山本宣史作品展:6月1日(土)~15日(土)
 ◎後半は、中野耕一作品展:6月17日(月)~29日(土)


■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 5月、第93回日本酒の会は、「広島県のお酒」です。
 候補酒は、亀齢(東広島市)、賀茂金秀(東広島市)、美和桜(三次市)、瑞
冠(三次市)、醉心(三原市)、天宝一(福山市)、宝剣(呉市)、白鴻(呉市)、
その他‥‥。

 5月25日(土) 午後7時頃~、当店「Bar 十月」で。
 会費は2,500円、酒肴付。
 おもに地元のみ流通の、おいしいお酒が登場します。うるさい薀蓄なし。初
めての方、大歓迎! 皆様、いっしょにおいしいお酒を飲みましょう。
 6月は「富山県」、7月は「宮城県」のお酒の予定。


■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、4月に観た映画は、
  1.I'M FLASH!       15.リンカーン
  2.相棒           16.ハッシュパピー~バスタブ島の少女~
  3.食卓の肖像        17.長嶺ヤス子 裸足のフラメンコ
  4.預言者          18.真夜中のピアニスト
  5.96歳のチェリスト     19.セベック・バレ 太陽旗
  6.ただいまジャクリーン   20.セベック・バレ 虹の橋
  7.君と歩く世界       21.先祖になる
  8.ハーブ&ドロシー50×50  22.異国に生きる
  9.宇宙戦艦ヤマト2199    23.ペダルダンス
 10.舟を編む         24.ヒステリア
 11.アンナカレーニナ     25.母の唄がきこえる
 12.ヒチコック        26.孤独の天使たち
 13.天使の分け前       27.カルテット! 人生のオペラハウス
 14.ブルーノのしあわせガイド

 この頃、老人を主人公にした作品が多く、観客も同列で、本当にみんな元気
そのもので励みになります。
 「ハッシュパピーバスタブ島の少女」の主人公の、なんと素晴らしい演技!
映像の光り輝く様、決して後ろを振り返らない彼女の姿に愛しさが募ります。
 「セベック・バレ」は日本統治下の、台湾奥地の山岳民族の抵抗のお話。心
ない日本人警官による仕打ちに、耐えに耐えた民衆が爆発してしまった霧社事
件。もしその時、温和な警官であったらどうであったろうと、残念でなりませ
ん。現に、思慮深い兵隊もいたのですから‥‥。
 あんな目にあっても、震災に200億円以上もの寄付をしてくれたのです。
ドキュメンタリー「台湾人生」を観ていたので、「だから200億円も寄付し
てくれたんだ」と思いましたが、今度は「あんな目にあっても寄付してくれた
んだ」。なんと寛大な国民性なのでしょう。謝謝台湾!
 「天使の分け前」、「カルテット!」お勧めです。


───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 4月に入って寒い日が続き、体調不良になる人が続出。こちらはお財布が慢
性気管支炎のごとく咳をしています。新緑に輝く樹々を愛でて思う存分背伸び
をしてみたいです。太陽と緑葉を自由に味わいましょう。自分自身を虫干し!
 ゴールデンウィークに始まったイタリア映画祭は、大盛況のようでした。団
塊世代が、夫婦揃って近場の映画祭に行って、洒落た食事をしながら、すっか
り映画の登場人物になりきって‥‥、のひとときも素敵ですね。

 冒頭でもふれましたが、須賀川の映画祭は25年も継続しているというのに
地味な映画祭で、周知されていないのが残念。映画作りを目指している多くの
若者の参加を期待します。台湾の丁祈方監督「夜明け前」は力作。火災で三重
苦になった若い女性と彼女を見守るその母を追っている。見えないはずのまな
ざしが美しいのに驚きました。山形映画祭でも上映されるといいですね。
 また、須賀川は「牡丹園」が立派で、ちょうど花の季節、言葉では言い尽く
せません。手入れがここまで行き届いているのかと、ほとほと感心、機会があ
りましたら、是非行ってみて下さい。まだ間に合います。
 今年秋の「大人の修学旅行」は新潟県の柏崎市。9月まで5ヶ月です。

───────────────────────────────────
         十月通信  2013.5.10 第069号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     17 時~24 時(土曜・祝祭日は19 時―24 時)
     日曜は休みます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○「Bar 十月」ホームページ: http://sites.google.com/site/kkmoravia/
○「Bar 十月」紹介ページブログ: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
○「ゴールデン街」ホームページ: http://www.goldengai.net/
                 http://goldengai.jp/pg12.html