2017年2月11日土曜日

十月通信2月号



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        十月通信   2017.02.10 第114号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつもご贔屓ありがとうございます。
 はや節分も過ぎ、春への階段を一段一段と上りつつ、北風の中に春の香りな
どをふと感じるようになりました。梅が咲き出し、凛とした空気に触れると、
生きていることの実感が湧きます。まさに日本の美です。
 先月、友を訪ねて、ジュネーブとチューリッヒに行ってきました。それぞれ
に一泊ずつの強行軍。二大都市をスイスの国鉄特急に乗って往復し、さながら
「世界の車窓」そのまんまでした。
 雪をかぶった草原や連なる山々、漣を立てるレマン湖、童話から飛び出てき
たような、点在する可愛いお家等々。鉄路の継ぎ目の音のしない乗り心地の良
さには、ビックリ仰天! 世界は広い!
 さて今月のわたしの歌です。

 ♪ 初めてのスイス鉄道ひとり旅世界の車窓も乗り越さぬよう
 ♪ フェルネーに粉雪舞い散る二十一時マンション五階の終の住処へ
 ♪ モンブラン見ながらランチのその家は本とピアノとスキーと橇と
 ♪ 人生を彼の地で終えるという彼が黒いホンダでわれら迎えに
 ♪ 日本から遥か彼方で肩寄せる夫婦に送信わが窓の富士

 一月に、ジュネーブ近郊に終の住処を得た3組の友人たちを訪ねました。ク
リスマスの頃の絵本に出てくるような可愛らしい町は、雪が舞い踊り、童話の
動画を観ているようでした。また、同行した友人は愛煙家で、喫茶店の中では
吸えないのでレマン湖の岸辺で震えながらの喫煙はちょっと愉快でした。
 帰国し、無事の帰宅をメールしたら、わが町に両親が住んでいたということ
も判明してなんだか不思議。でも、後でわかったことなので今度じっくり。わ
が家から見える、とても綺麗な富士山の写真を送信しました。
 とにかく、素敵なものに沢山出会えた思い。日本語圏の外で生きることはわ
が想像を超えることもいろいろある思います。フレー、フレー!

【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●

 ♪ 雪でみがく窓 その部屋のみどりからイエスは離(さか)りニーチェは離
   る        坂井修一「ラビュリントスの日々」昭和61年

 坂井修一(さかいしゅういち)。昭和33年、愛媛県松山市生まれ。情報理
工学者、大学の先生です。大学在学中に「かりん」入会。
 「ラビュリントスの日々」は第一歌集。とても爽やかで、と言っても爽やか
や明晰ではとらえきれないものが残ります。専攻とは別のラビュリントス(迷
宮)への志向でしょうか。それとも統合への意志?
 ♪ 不可知といふ予感はるかに烟らせて研究室にかをる煙草は
 ♪ 青乙女なぜなぜ青いぽうぽうと息ふきかけて春菊を食ふ
 ♪ 聖霊にちかづく午後をゆったりと河豚料理屋は目覚めゆくなり
 ♪ 追ひつけぬ予感か春の九十九折り先に林檎を食む人きみは

■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎多賀谷無人作品展:2月1日(水)~15日(水)
 多賀谷さんが住んでいる葉山辺りか? 海と波とヨットを描いた作品を展示
しています。
◎坂本左衛門作品展「街」:2月16日(木)~28日(日)
 坂本さんが継続的に取り組んでいる街がテーマ。作家が住んでいる下北沢を
モチーフとした作品を展示します。

 3月は、
 ◎今井恭司写真展「百人一蹴」:3月1日(水)~15日(水)
  選手の貌もそれぞれ、キックもそれぞれ。今井さんのサッカー写真です。
 ◎鴻崎正武作品展「Gold World」:2月16日(木)~31日(金)
  鴻崎さんの描く世界は異形でもあり、また懐かしくもあります。

■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 2月・第138回日本酒の会は「福井県のお酒」です。
 候補酒は、福千歳(福井市)、一乃谷(大野市)、真名鶴(大野市)、白龍
(永平寺町)、梵(鯖江市)、白岳仙(福井市)‥‥。
 2月25日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。

 1月「岩手県」は、あづまみね/純米・無濾過生原酒、赤武/純米、酔右衛
門/純米・無濾過をいただきました。
 3月は「高知県」、4月は「山形県」のお酒の予定。毎月、月末の土曜日に
開催。皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。

■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎ブルーグラスユニット バレンタイン・デー(イブ)ライブ、今年もやります!
 2月13日(月)19時~、当店Bar十月で。
 秋元那美・ヴォーカル&ギター、内田眞介・バンジョー、松宮正典・マンド
リン、三人のユニットバンド。軽やかな音楽にのせて、那美さん、ブルーグラ
スを中心に、トラッド、Jazzを歌います。お申込みは当店へ。

◎お座敷列車の旅(粧企画)のご案内 3月26日(日)
 SERIES 485 RESORT EXPRESS ゆう、貸し切り。列車はどこに向かうで
しょう? 温泉か? それとも? ミステリートレイン! 8時50分JR新
宿駅集合、20時12分新宿駅着です。ご一緒しませんか。
 申し込み締め切りは、2月12日。詳細は当店、十月へ。あとわずかです。

■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて1月に観た映画は、
  1.健さん              7.未来を花束にして
  2.マギーズ・プラン幸せの後始末   8.ザ・コンサルタント
  3.NET 網に囚われた男       9.ドクター・ストレンジ
  4.太陽の下で           10.スノーデン
  5.愛を歌う花           11.エリザのために
  6.天使にショパンの歌声を

 「健さん」二度目の観賞でしたが、とても観甲斐のある作品でした。秀作。
 「NET 網に囚われた男」は、キム・ギドク監督作品。やはり見応え十分
で切ない作品。「太陽の下で」も、なかなか観れないものを垣間見ることがで
きたよう。「天使にショパンの歌声を」も素晴らしく、ピアノの曲にうっとり。
「未来を花束にして」、女性参政権獲得までの女性たちの戦いの作品。我々も
選挙権は大事に行使したいと思います。その運動のタイミングが、世界中で殆
ど同じ時期に渦巻いていたことが不思議。
 「スノーデン」も素晴らしい作品。説得力があり秀逸。「ザ・コンサルタン
ト」は文句なく面白い。

───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 冒頭にもふれましたが、友人が数人、ジュネーブでの仕事を勤め上げ、隣接
するフランス領のフェルネー・ヴォルテールという小さな町に得た、終の住処
を訪ねました。可愛い村という感じで、広々として沢山深呼吸できそう。
 集合住宅がゆったりと点在しており、たまの日曜日の朝市に、人々は顔を合
わせて「やぁ、おはよう!」と。夜の赤提灯やネオンがないので、私にはちょ
っぴり淋しいかもしれません。
 さて、2月3日の毎日新聞朝刊に、会津電力社長の佐藤弥右衛門氏の原発事故
の処理費用についての意見が載っていました。
「政府、東電が責任を引き受けよ!心から謝罪し、限界までコストダウンを行
い、資産を売却した上で、もう限界です。国民の皆さん助けてくださいと頭を
下げるのが筋」と。誠に同感! 読んでほしいです。

 さて、今年5月27日(土)-28日(日)、じょんのび村(新潟県)への
「大人の修学旅行」。どうぞよろしく。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         十月通信  2017.02.10 第114号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜 17時~24時(土曜は19時―24時)
     日曜・祝祭日は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Bar 十月 ホームページ : http://sites.google.com/site/kkmoravia/
十月通信 back number: http://ju-ga-tsu.blogspot.com