2016年5月10日火曜日

十月通信 5月号



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        十月通信   2016.05.10 第105

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつもご贔屓ありがとうございます。
 五月は素晴らしい天気に恵まれてのスタートでした。陽の光はすべての人に
注がれ、その時太陽は、お天道様という身近なものになりますね。まんべんな
く注がれる陽の光、本当に素晴らしいと思います。
 熊本など天変地異が続いて、不安なニュースに胸が痛みます。生きていれば
こそ、いつかいいことがあると信じていたいですね。
 さて、今月のわたしの歌。

  若冲さん一目会わんと新緑をくぐって行けどひと掻き分けられず
  天麩羅でチョコっといっぱい田原町こごみタラの芽蕗味噌もあり
  焼鳥屋杯かさなれど新緑とまだまだ青い下町の空
  ご飯冷めて汁も冷めたり災害の報道続いて端午の節供

 伊藤若冲、という江戸時代中期の不思議な絵師の作品展が上野で開催されて
いるので、頑張って出かけました。サツキの緑は美しく輝いて、それはそれは
眩しい限り。新緑の海を泳ぐようにして行き着いたと思ったら、人の川が蛇行
しつつ長く長ーく波打っていて、鑑賞は断念。田原町にまわって天麩羅ランチ
をし、連休終盤、のどかな五月を堪能しました。

【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●

  われ京子人さはに滿つ天地に恋ふらくはひとり山川弘至
                    山川 京子「新月」昭和22

 山川京子(やまかわきょうこ)。大正10年、東京生まれ。
 昭和18年に国学者の山川弘至と結婚。5歳年上の彼は結婚数日後に応酬さ
れ、昭和20年8月11日に戦死。彼女は、夫の師であった折口信夫を頼って
国学院に進んで国語教師となり、生涯山川夫人として歌に励んでいるそうです。
 純愛が溢れています。今ではなかなかです。美しい歌です。
  みじかかる逢ひなりながら千夜かけしなさけにまさるまなざしを見し
  うつくしき君が御顔の冷えゆくを抱きまゐらせて泣きたかりしを
  くに敗れひと死なしめて春ふかく山ふるさとに祭礼をみる
  若桜匂ひて散りて示しける道に咲かなむひともとなでしこ

【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
ソン・ヨンジュ展「Remember in the Sea」:
 5月2日(月)~14日(土)
 海、波、その色、うねり、時間。あなたは展示作品に何を読むでしょうか? 
ソン ・ヨンジュさんは韓国からの留学生です。

楠本恵子作展「YELLOW SPACE~すいとうと~」:
 5月16日(月)~31日(火)
 「すいとうと」は博多弁。好いとうとよ! ♡(^_^); 楠本さん、黄の空間、
世界を展開中。

 6月は、
 吉國元展「Suntanned Eyes Part 1」:6月1日(水)~15日(水)
 高橋芙実展「 Suntanned Eyes Part 2 」:
  6月16日(木)~30日(木)
  Suntanned Eyes(サンタンドアイズ)、日に焼けた眼差し。吉國さん、
 高橋さん、Part 1Part 2に分けての開催です。

【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 5月・第129回日本酒の会は「福岡県のお酒」です。
 候補酒は、繁桝(八女市)、杜氏の詩(久留米市)、博多練酒(久留米市)、
玉出泉(筑紫野市)、田中六五(糸島市)、菊美人(みやま市)
 5月28日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。

 4月「佐賀県」は、東鶴(特別純米無濾過生)、万齢(特別純米)、肥前蔵
心(生酛純米)をいただきました。
 6月は「大分県」、7月は「福島県」のお酒の予定。毎月、月末の土曜日に
開催。皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。

【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎Bar十月「大人の修学旅行」札幌は6月18日(土)です!
 参加お申し込みは5月末まで受け付けています。
 皆様、素晴らしい季節の北海道、いっしょに行きましょう。
 演奏は、河村典子・ヴァイオリン、吉村怜子・オルガン、白土文雄コントラ
バスです。
 日  時:2016年6月18日(土)
 演奏会場:カトリック北一条教会 にて14:00から
                 〒060-0031 札幌市中央区北一条東6丁目
      Tel 011-231-4189
 宴会場 :居酒屋にほんいち・すすきの店 にて17:00から
      札幌市中央区南4条西4丁目 恵愛ビル4
                      Tel 050-5828-0716
【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、4月に観た映画は、

  1.ルーム           8.あいつだ 
  2.ボーダー・ライン      9.さざなみ  
  3.孤独のススメ       10.花、香る歌  
  4.スポット・ライト     11.グランド・フィナーレ       
  5.オマールの壁       12.アイヒマン・ショー歴史を写した男たち
  6.フローレンスは眠る    13.モヒカン故郷へ帰る
  7.あやしい彼女       14.レベナント・蘇りし者  
 「ボーダー・ライン」何故アカデミー賞を受賞しなかったのか不思議なくら
い素晴らしい作品。とにかくおすすめ。
 「孤独のススメ」はオランダ映画で、終映後もすぐには立ち上げれないほど
感動が押し寄せてくる作品。息子を理解しようとする父親の姿、その息子の歌
う姿に感動。映像も素晴らしく、お菓子の家のようなレンガの家並みがとても
美しい。邦題はつまらなく、原題「マッターホルン」が良いのだが。
 「オマールの壁」は今日現在の話。ベルリンの壁より高く厚い壁を毎日乗り
越えて恋人に会いに行くパレスチナの青年を描いて、つくづく日本は幸せだと
実感。映画の中で家々の庭に緑が多いのに意外な一面を感じる。
 「アイヒマン・ショー 歴史を写した男たち」編集のあまりのうまさに脱帽。
当時のニュースの取り込み方が素晴らしい臨場感を出していて秀作。決して忘
れてはいけないことです。
 「あいつだ」妹思いの兄を描いている韓国映画で素晴らしい作品。おすすめ。
「花、香る歌」も。 
   
───────────────────────────────────

━┛━┛━┛━┛
 5月はやはり緑輝く爽やかな季節です。緑を見るだけで心も落ち着くし、何
かしようかと奮い立つような時期です。上野の森で若冲展の行列を見た時に、
多くの人が、彼の不思議に完成された作品に会いたいのだと、つくづく感心し
ました。300年も前にあの鮮やかな作品を残したことが不思議ですね。まさ
に、ノーベル賞ものです。凄いの一言に尽きますね。

 皆さま、Bar十月恒例の「大人の修学旅行」札幌版は、6月18日(土)
-19日(日)です。「お知らせ」欄でご案内しています。締め切りは5月末
日。いい季節の北海道をご一緒しませんか?

───────────────────────────────────
         十月通信  2016.05.10 第105
発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
営業日:月曜~土曜 17時~24時(土曜は19―24時)
     日曜・祝祭日は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Bar 十月 ホームページ : http://sites.google.com/site/kkmoravia/
十月通信 back number: http://ju-ga-tsu.blogspot.com