2015年10月12日月曜日

十月通信10月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        
十月通信   2015.10.10 第098号 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
みなさま、いつもご贔屓いただきありがとうございます。
 10月に入り急に気温が下がって、秋が忙しそうに暦の線路を走っているよ
うです。運動会や音楽会、そしてぶどう狩りなど、自然に身を置くこともある
と思いますが、くれぐれも事故に巻き込まれないよう、お気をつけください。
 葡萄もリンゴも本当に美味しい時期になりましたね。
 さて、今月のわたしの歌。

 ♪ 今日はちと壊れてしまったわが信条されて嫌 (や)なことひとにするとは
 ♪ 満月の薄皮一枚剥いだならきょうもウサギが杵つきしてる?
 ♪ シルバーウィークそれってなによ? わが店は閑古鳥啼く夜の長さよ
 ♪ 秋の日のヴィオロンのふかいため息に追い打ちかけるきょうびの国会
 ♪ 七歳がひとり施設の門叩く背に天使の羽根生えてあれ

 いつも、自分がされて嫌だと思うことをしないように、と思いつつも、つい
していることがあり、自己嫌悪におちいることがあります。お店は大変です。
 この間は、満月のつぎにスーパームーンとやらで、酒場の話題にもなるほど
賑やかでしたが、ふと、昔の絵本を思い出しました。
 今年は秋の連休も大型で(シルバーウィーク5連休!)、おかげで店は閑古
鳥が鳴いておりました。朝刊を見るたびに、この国はどんな風になってしまう
かと、ため息ばかりついている今日このごろです。
「ぼくらの家路」を観て、数年前の新聞報道を思い出しました。優しい保母さ
んに抱かれたらいいねと思いました。君には天使がついています! 

■【好きな歌】 
● ……………………………………………………………………………………… ●

 
♪ 少年のわが身熱をかなしむにあんずの花は夜も咲(ひら)きをり
 ♪ ぶだう呑む口ひらくときこの家の過去世の人ら我を見つむる
                高野公彦「汽水の光」(昭和51年)

 高野公彦(たかのきみひこ)。昭和16年愛媛県生まれ。東京教育大学卒業。
河出書房新社で編集者を26年務めたあと、短大教授。歌誌「コスモス」編集
人。
 掲出歌は彼の第一歌集から。若者の性に目覚める頃の熱情が、とても静かに、
品良く伝わります。流石です。ぶどうの歌、そういえば、仏壇のお供え物を頂
く時、こんな気持ちになりますね。
 以下の歌も、独特な静けさが漂い、気が引き締まるような気がします。
 ♪ みどりごは泣きつつ目ざむひえびえと北半球にあさがほひらき
 ♪ 象を見て仏陀思へりはるばると未来へ流れゆく時間(とき)の束
 ♪ ふるさとは霜月の夜のしづけさのみなもと暗く石の臼冷ゆ 

■【「Bar十月」作品展】 
● ……………………………………………………………………………………… ● 
◎呉美樹作品展「ミラーとペルソナ-鏡と仮面を彩る」:
 10月1日(木)~15日(木)
 呉美樹さんは、力強く精緻な、そしてファンタスティックな作品を制作して
いる美術家です。鏡の作品と仮面数点、そして版画を展示しています。是非!

◎「おぐらとうこ&野田新五」人形と絵の2人展:
 10月16日(金)~31日(土)
 野田新五さんのフレスコ画と、おぐらとうこさんの人形が、どのようなコラ
ボレーションを展開するか、楽しみです。お二人とも十月馴染みの作家です。

 11月は、
 ◎又村統作品展:11月2日(月)~14日(土)
 ◎竹上妙作品展:11月16日(月)~30日(月)
  又村さんも、竹上さんも年一回程度、展示させていただいていますが、お
 二人とも、今回、どんな作品をもってくるか、わくわくして待っています。 

■【日本酒の会】 
● ……………………………………………………………………………………… ●
 
10月・第122回日本酒の会は「鳥取県のお酒」です。

 候補酒は、山陰東郷(湯梨浜町)、冨玲(北栄町)、伯陽長(琴浦町)、瑞
泉(岩美町)、元帥(倉吉市)、真寿鏡(米子市)‥‥‥。

 10月31日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。おもに地元のみ流通の、おいしいお酒が登場しま
す。うるさい薀蓄なし。酒肴の持ち込み、また初めての方、大歓迎です!
 11月は「愛知県」、12月は「大阪府」のお酒の予定。毎月、各県別に数
本揃える日本酒ももうすでに三巡目。知られていない旨い酒、発見! なんて
ことがあります。
 皆様、おいしいお酒をごいっしょに。 

 ■【お知らせ】 
● ……………………………………………………………………………………… ● 
◎『百花十月』第10号 ¥150/1部 7月20日発行予定! 残部僅少。
 ポエトリ:十月の鄙歌(原田克子)、スケッチ:酒飲みに「今度」はない
(酒井充子)、ラテンアメリカ前衛詩人列伝10 エンリケ・ゴメス・コレア
(鼓直)、表紙画:ヨシムラトキコ。十月10周年記念号、女性の執筆者でま
とめました。 

■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
  
なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、9月に観た映画は、

  1.わたしに会うまでの1600キロ   10.世界で一番愛しい君へ
  2.ヴィンセントが教えてくれたこと  11.Dear ダニー君へのうた
  3.バレエボーイズ          12.ぼくらの家路
  4.天使が消えた街          13.ベル&セバスチャン
  5.ピエロがお前を嘲笑う       14.徘徊 ママリン87歳の夏
  6.ボーイ・ソプラノただ一つの歌声  15.僕らの家に帰ろう
  7.キングスマン           16.チャンス商会
  8.ジュラシック・ワールド      17.一献の系譜
  9.at Home        18.ラブ&マーシー 終わらないメロディー
「バレエボーイズ」は3人の少年が、一流バレエ団を目指して互いに切磋琢磨
してゆく姿が感動的。「ぼくらの家路」、子供にまったく関心のない母を持つ
少年の行動に、君は本当に正しい決断をしたと、誉めてあげたい気持ちにさせ
られた作品。育児放棄が多い中、自ら施設の門を叩くなんて、なんという辛い
決断なんだろうと。
 今月の他の作品も、ほとんどが、とてもとてもオススメです。 

 ───────────────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━ 

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 映画の欄でもふれましたが、数年前の朝刊の記事を思い出しました。
 ある地方のバスの運転手さんが、終点になっても降りない小さな男児がいた
ので、不審に思い尋ねたところ、バス停の近くの施設に行きたいのだと。以前
来たことがあると。そこに入りたいのだと。
 幼い子が、たった一人で、自分から、うろ覚えのバスに乗ってゆく、そのこ
とに目頭が熱くなりました。今でも、思い出すだけで涙腺が緩みます。子供は
宝です。自分も子供だったことを忘れたくありませんね。

 先日、今年11月の「大人の修学旅行」の地、松山へ事前調査に行ってまい
りました。路面電車やバスがひっきりなしに走っていて、賑やかで、百貨店や
お店だけでなく、通りも、そして路地も、飲み屋もなかなか楽しみな街です。
 演奏会場となる萬翠荘は、その名の通り、緑に囲まれて建っていました。
 古いちんちん電車を再現した懐かしい電車が、街に彩りを添えているかの
ようでした。来月が楽しみです。

───────────────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━
         
十月通信  2015.10.10 第098号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     
〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     
E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     
17時~24時(土曜・祝祭日は19時―24時)
     日曜は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
○「Bar 十月」ホームページ: http://sites.google.com/site/kkmoravia/
             https://www.youtube.com/watch?v=8Y7W9QUVJJk 
○「Bar 十月」紹介ページブログ: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
<http://ju-ga-tsu.blogspot.com/>
○「ゴールデン街」ホームページ: http://www.goldengai.net/
                 http://goldengai.jp/pg12.html