2017年10月13日金曜日

十月通信10月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        十月通信   17.10.10 第122号
                 発行:Bar 十月(新宿ゴールデン街)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつもご贔屓ありがとうございます。
 10月はスポーツの秋、食欲の秋、そして短歌の秋です。私の拙い歌も第2
歌集という形になりました。とても嬉しいことです。一方、世情はざわざわし
ており、気分が優れないことも事実です。でも毎日、ああだ、こうだと駄々を
こねているのも生きている証拠。大いに口角泡を飛ばしましょう。
 さて、今月のわたしの歌です。

 ♪ いつの世も必ず正義の人がいるそんな思いがこのごろ頻り
 ♪ 俊輔さん斎藤隆夫にカメジロー今国会にいて欲しい人
 ♪ 薩摩よりはるか会津を指してゆく維新は遠き志士も遠きに
 ♪ 鹿児島の天文館にはうら若き薩摩隼人もさつまおごじょも
 
 10月に入って、スポーツの秋、そして食欲の秋、読書の秋と思いきや、電
撃解散で心暗澹たる気持ちで一杯。なんのための選挙でしょうか? 狡い人が
国を治めるふりをして、私たちは何も言わず口答えしない奴隷のごとき働き蟻
のようです。鶴見俊輔さん、斎藤隆夫さん、瀬長亀次郎さん、このような方た
ちがいてくれたらなあとつくづく思うこの頃。何をするにもため息ばかりです。
 先日、鹿児島にちょっと行ったのですが、なんとマンションと病院の多いこ
とか。病人が多いのでしょうか。焼酎の飲みすぎでしょうか? でも、天文館
を歩く若者に美男美女が多いのには驚き。

【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●

 ♪ まさびしきヨルダン河の遠方(おち)にして光のぼれとささやきの声
                 岡部桂一郎『緑の墓』昭和31年

 岡部桂一郎(おかべけいいちろう)、大正4年、神戸市生まれ。熊本に在学
中に短歌を始めた。『緑の墓』は第一歌集。94年に『冬』で短歌研究賞、20
03年に『一点鐘』で迢空賞、詩歌文学館賞、08年に『竹叢』で読売文学賞を
受賞。平成24年没、享年97歳。
 長い闘病生活経験者だからこそ感じる優しさがにじむような歌です。透明感
が湧き出るような清潔感を感じます。
 ♪ 数条のレール光れる暁の薄明のなか紙ひとつとぶ
 ♪ 間道にこぼれし米の白ぞ沁むすでに東北に冬が来た
 ♪ みちのくの夜空は垂れて電柱に身をすりつける黒猫ひとつ

■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎又村統作品展:10月2日(月)~14日(土)
 又村統さんは、様々な色合いのドローイング作品を、10点ほど展示してい
ます。
◎石原知是小品展:10月16日(月)~31日(火)
 石原智是さん、今回は軽く明るいタッチで描いた作品を展示します。

 11月は、
 ◎向瀬杜子春インド写真展 シャンティニケタン~平和郷の子どもたち:
  11月1日(水)~30日(木)
  向瀬杜子春さんは、インド先住民族サンタル族の子供たちを長年撮り続け
 ています。途中、作品の入れ替えがあります。

■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 10月・第146回日本酒の会は「島根県のお酒」です。
 候補酒は、出雲富士(出雲市)、天界(安来市)、環日本海(浜田市)、玉
櫻(邑南町)、隠岐誉(隠岐の島町)、青砥七星(安来市)‥‥。
 10月28日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。

 9月「山口県」は、わかむすめ/純米無濾過生原酒、三好/純米吟醸、東洋
美人 一歩 愛山/(純米大吟醸)をいただきました。
 11月は「和歌山県」、12月は「茨城県」のお酒の予定。毎月、月末の土
曜日にやっています。皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。

■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎くぼたかずこ第二歌集 発売中! 定価:1,500円
 私の第二歌集『お気に召すまま召されるままに』が、10月初旬、ながらみ
書房から発行されました。友を送るうた、母のうた、そしてバー十月の酒場う
た。カウンターにてお待ちしています。
 どうぞよろしくお願いいたします。

■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて9月に観た映画は、
  1.三度目の殺人
  2.ダンケルク
  3.追想
  4.戦争のはらわた
  5.サーミの血
  6.ひかりのたび
  7.HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話
  8.幼な子われらに生まれ
  9.米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー

「三度目の殺人」は、とても重量感のある作品で、役所広司が素晴らしい。
「ダンケルク」もオススメ作品。「追想」はロミー・シュナイダーの美貌にう
っとりする。が、火炎放射器の凄さに驚くとともに、戦争の惨さがわかりやす
く描かれて素晴らしい。「サーミの血」スウェーデンの人々に差別視されてい
た、ラップランドに暮らす女性を描いて秀作。差別が、あのスウェーデンでも
あるのにちょっとがっかり。「米軍(アメリカ)が~」は是非是非おすすめ。
選挙権のある高校生にも観て欲しいです。

───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 先月9月7日の朝刊に石川達三のことがのっていました。
 日中戦争に従軍した時に書いた「生きている兵隊」で、日本兵の残虐シーン
があったため、即刻発禁処分になったとか。そして彼も獄中の人に。言論の自
由が断たれることはとても怖いこと。その彼が、新憲法に、「日本人はいまだ
嘗て、個人の権利と自由、個人の尊厳についてあれほど明白に厳格に規定され
た憲法を持ったことはなかった」と希望を託した。
 なんと素晴らしいことでしょう。また、たったひとりの特高警察官による言
論の蹂躙で4人が獄死した横浜事件などはもってのほかです。私も我儘と言論
の自由とを履き違えないようにと日々思っております‥‥。

 私の第2歌集が思いがけず出版となり感動しきりですが、人生では物事は奇
数でなければ縁起が悪いそうです。第3歌集タイトル「みなさんお先に!」を
ぼちぼち準備しようかしらんと思うこの頃です。
 冬も間近、健康に留意してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         十月通信  2017.10.10 第122号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜 17時~24時(土曜は19時―24時)
     日曜・祝祭日は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Bar 十月 ホームページ : http://sites.google.com/site/kkmoravia/
十月通信 back number: http://ju-ga-tsu.blogspot.com

十月通信9月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━         十月通信   2018.09.10 第133号                  発行:Bar 十月(新宿ゴールデン街) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...