2014年6月13日金曜日

十月通信 6月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      「十月通信」  2014.06.10 第082号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつも御贔屓ありがとうございます。
 6月に入っての熱暑続きには身体能力がついて行けません。皆さん、体調は
大丈夫でしょうか。先走った真夏日には閉口しますが、夏本番どうなるのでし
ょうかね?
 そうこうするうち梅雨入りしてしまいました。梅雨の晴れ間の青空の日は精
々陽に当たっておきましょう。衣服も心もカビが生えないよう、自分自身を大
事になさってください。
 さて、今月のわたしの歌。

♪ マルケスもパーティの声聞いたかなワインで乾杯ツヅミセンセイ
♪ 百年の孤独もすでに六十年過ぎてわたしはウルスラめざす
♪ また今年雨が記憶を押し流す森よ林よどうぞそのまま
♪ もう五年トネリコ花子はベランダで雨ニモマケズ風ニモマケズ

 お客さんに中南米文学を日本に広く紹介された先生がいらっしゃいます。先
日、スペイン国王から、スペイン語を広めた功績を讃えた勲章が授与されまし
たので、5月の日曜日にハッピーランチをいたしました。良く晴れた日で、た
くさんの笑顔がありました。『百年の孤独』」の女主人公ウルスラは、百歳で
も盲目であることを周りが気がつかないほど元気な女性だったとか。目指せウ
ルスラ!!
 昨年、一昨年と、以前訪れたことがある熊野地方が、大雨で村が壊れてしま
いました。また今年も大雨に襲われているようで大変心配です。家族のアルバ
ムも思い出の品々も流されてしまいます。あの豊かな森に、是非守ってもらい
たいものです。
 五階のわが家のベランダで、鉢のシマトネリコが、強風にも大雨にも耐えて
踏ん張っています。名前は花子、健気です。


■【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●
♪ さっきから二時間ドラマの容疑者が僕の名前で責められてゐる
              山階 基(平成26年「短歌往来」6月号)

 山階基(やましなもとい)、1991年広島県生まれ。早稲田大学在学中。
 たしかにテレビを観ているときに犯人が自分の名前とおなじだったりすると、
なんか嫌な感じがしますね。この歌、とても身近で愉快です。爽快感さえおぼ
えます。
 以下、バイト先での出来事も感心。初めはレジ袋も真っ白なのだ。建築学か
しらん。ほかの歌も動きのある日常が楽しげです。
 ♪ スーパーの缶のお酒を詰め込んで手渡す手提げ袋まつしろ
 ♪ 建物と空の写真が壁にありその足元に引いてある線
 ♪ かたことで喋る小鳥を捕まへて部屋に放して窓を開けよう

■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎「こーた&まじぁと」2人の絵画展~ふるふるカラふる~
 :6月2日(月)~14日(土)
 松元康太・赤松正人二人展。猫や小さな生きものをカラフルに描いた、ポッ
プな作品です。Bar十月始まって以来の!?

◎木村昭平展:6月16日(月)~30日(月)
 木村さんは、強烈な色彩と大胆な構図の絵本も多数、刊行しています。今回
も、その独自で広がりのある作品をお楽しみください。

 7月は、
 ◎柴田さやか作品展「雨間(あまあい)」:7月1日(火)~15日(火)
  「夜の街あかりににじみ光る雨粒を、束の間に滞在する一つのすがたと
 してこの場所に表現します。」
 ◎古井戸芳生作品展 Untitled 2014「「私は、いまだに、これ以上の緻密
  な想像力を与えてくれる地図に出会ったことがない。」
  :7月16日(水)~31日(木)
  1919年発行のイギリスの小さな地図から、なにが始まる?

■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 6月・第106回日本酒の会は「島根県のお酒」です。
 候補酒は、王祿(松江市)、出雲富士(出雲市)、ヤマサン正宗(出雲市)、
月山(安来市)、天界(安来市)、環日本海(浜田市)、玉櫻(邑南街)、
隠岐誉(隠岐の島町)‥‥。

 6月28日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。
 おもに地元のみ流通の、おいしいお酒が登場します。うるさい薀蓄なし。酒
肴の持ち込み、また初めての方、大歓迎!
 7月は「和歌山県」、8月は「茨城県」のお酒の予定。
 皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。

■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎『百花十月』第5号(2014年5月20日発行予定)
 poetry:タイトル未定(マリリン満月)、sketch:たった一つのティーカッ
プ(藤川皓一)、ラテンアメリカ前衛詩人列伝[5]セサル・モロ(鼓直)。

◎『百花十月』第6号(2014年7月20日発行予定)
 7月20日、当店のの開店記念日に合わせて、鋭意編集中。

■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、5月に観た映画は、
  1.とらわれて夏         11.叛乱者者たち
  2.ようこそ大統領        12.プリズナーズ
  3.ミエーレ           13.WOOD JOB!
  4.フェデリコという不思議な存在 14.オー・ファーザー
  5.自由に乾杯          15.K2登頂の真実
  6.いつか行くべき時が来る    16. カニバル
  7.南部のささやかな商売     17.生きもの・金子兜太の世界
  8.マフィアは夏しか殺らない   18.友禅・森口邦彦のわざ
  9.鳥の歌            19.人民の勇気
 10. 最期の願い・どうする自宅での看取り

「ようこそ大統領」一般公募で大統領を選ぶというイタリア映画で大変愉快。
「ミエーレ」は、自分でピリオドを打ちたいと思う末期がんなどの人のために
補助する女性の話。重い内容だが、情景が美しく、作品をピュアにしている。
「プリズナーズ」愛娘を救う父の執念が丁寧に描かれていて、秀作。実話だと
か。「WOOD JOB!」いまどき、珍しい話。林業のお仕事に軽い気持ちで応募
した都会っ子の愉快な話。ヒルとかヤモリとかがたくさん出てきて、いながら
にして森林の気分。
 南米ボリビアの先住民の独立をテーマに撮った作品を集めた企画は素晴らし
い。新宿の映画館K'sシネマの志の高さに感動しました。「叛乱者」は2006
年、先住民出身のエボ・モラレス政権が誕生するまでを描いて、とても感動的
でした。

───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 5月は映画祭がたくさんあって忙しい限り。イタリア映画祭や須賀川映画祭
など。銀座では、人の列がカラフルに動いて、映画館へと吸い込まれて行くの
は嬉しい。須賀川の方も、眼に眩しい桜並木の新緑がそよぐ中、鯉のぼりが泳
ぎ、映画祭を盛り上げているようでした。地道な活動に敬服します。
 5月の初め、旅行中のイタリアの青年が2人、来店してくれました。真面目
で明るくひとなつっこい青年とは、身振り手振りでなんとか意思の疎通もでき、
愉快な時間でした。
 今年の「大人の修学旅行」は9月27日(土)‐28日(日)、長崎です。
 みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

───────────────────────────────────
         十月通信  2014.06.10 第082号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     17時~24時(土曜・祝祭日は19時―24時)
     日曜は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○「Bar 十月」ホームページ: http://sites.google.com/site/kkmoravia/
○「Bar 十月」紹介ページブログ: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
○「ゴールデン街」ホームページ: http://www.goldengai.net/
                 http://goldengai.jp/pg12.html