2015年7月10日金曜日

十月通信7月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        十月通信   2015.07.10 第095号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつもご贔屓いただきありがとうございます。
 今年の梅雨は、寒いです。なかなか夏布団の出番はありませんね。そのくせ
湿度が高くて体調を崩しそうです。風邪引きが多いのも心配です。みなさん、
栄養を摂って、不甲斐ない夏を乗り切って行きましょう!
 さて、今月のわたしの歌。

 ♪ 鳳仙花沁み渡るよに歌うとき中山ラビよなにを思うや
 ♪ 歌声にタツマキのごと寄り添いしギターもピアノもサキソフォーンも
 ♪ いつまでも今でもキュート女性歌手むかし戦士であったかも知れぬ
 
 先日、吉祥寺で、「中山ラビ・ライブ」を堪能しました。梅津和時さんのサ
ックス、高橋誠一さんのピアノ、いつものメンバーは信頼のハーモニー以外の
なにものでもなく、聴いているこちらに優しく伝わるのでした。
 いつまでもキュートで小悪魔のような彼女は本当に尊敬します。彼女が歌っ
ている間は、わたしも店、バー十月をやって行こうかしらん、などと心に決め
た夜でした。

■【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 ♪ 女系家族といはれて過ぎし少女期の果ての始末を孤りしてゐる
        尾崎左永子『光陰片々譜』(平成27年「短歌往来」4月号)

 尾崎左永子(おざきさえこ)。1927年、東京生まれ。十代から歌いはじめ
たが、一時、短歌を離れていたこともあったとか。

 女系家族のもつ悩みや不安が沁みます。娘さんを早くに亡くされた寂しさは
他人事ではありません。遠くに精神病棟がみえるような場所での生活は殊更、
寂しい。外面如菩薩内面如夜叉など、つよい意志、そして全体に気品を感じま
す。孤独の海を泳ぎきること人生だと思います。みんなそれぞれ、もちろん私
もです。

 ♪ 小さなる不満を頒つすべなくて今更に娘の死を悼むなり
 ♪ 六代の家系のうちの五代まで養子といふも縁のふしぎ
 ♪ 思はざる噂にこころ傷つけど外面如菩薩内面如夜叉
 ♪ 丘遠く精神病棟みゆる窓このごろ唐突の声さえ洩れず

■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎西英一作品展「en3」:7月1日(水)~15日(月)
 今回の作品、素材は、和紙と柿渋と鏡。さて、それでどんな作品ができあが
るのでしょう? 見に来てください。十点ほど展示しています。

◎李元淑作品展:7月16日(木)~31日(金)
 大胆精緻な線と色合の木版画は、Lee Wonsukさん独自の世界を築いていま
す。どんな作品をもってくるでしょう? 来週、木曜日からです。

 8月は、
 ◎後藤美穂作品展:8月1日(土)~15日(土)
 ◎松元康太・赤津正人作品展:8月17日(月)~31日(月)
  後藤美穂さんは愛知県在住、木版画作品です。松本・赤津組はなかなかポ
 ップな作品を用意しています。  

■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎『百花十月』第10号 ¥150/1部 7月20日発行予定!
 ポエトリ:十月の鄙歌(原田克子)、スケッチ:酒飲みに「今度」はない
(酒井充子)、ラテンアメリカ前衛詩人列伝10 エンリケ・ゴメス・コレア
(鼓直)、表紙画:ヨシムラトキコ。十月10周年記念号、女性の執筆者でま
とめました。

◎大人の修学旅行2015年は、愛媛県松山市です。
 3日連休の中日、2015年11月22日(日)14時~、萬翠荘(愛媛県松山
市一番町3-3-7)で演奏会。終了後、居酒屋「助格」で懇親会。市内ホテルに
宿泊します。
 萬翠荘は、旧松山藩子孫の久松伯爵が別邸として建設したフランス風洋館で、
国指定重要文化財。夏目漱石が下宿していた愛松邸のすぐそばです。

■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 7月・第119回日本酒の会は「栃木県のお酒」です。

 候補酒は、仙禽(さくら市)、姿(栃木市)、惣誉(市貝町)、開華(佐野
市)、門外不出(小山市)、若駒(小山市)、澤姫(宇都宮市)、清開(日光
市)、‥‥‥。

 7月25日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。おもに地元のみ流通の、おいしいお酒が登場しま
す。うるさい薀蓄なし。酒肴の持ち込み、また初めての方、大歓迎です!
 8月は「千葉県」、9月は「三重県」のお酒の予定。毎月、各県別に数本そ
ろえる日本酒ももうすでに三巡目。千葉県、三重県、まだやってなくて旨いお
酒があるでしょうか?
 とはいえ、まだまだあります。皆様、是非、いらしてください。

■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、6月に観た映画は、

  1.リピーテッド          11.海街diary
  2.誘惑の掟            12.グローリー
  3.グッド・ストライブス      13.ジェームス・ブラウン
  4.涙するまで、生きる       14.ターナー、光に愛を求めて
  5.ハイネケン 誘拐の代償     15.ハープシャの黒い瞳
  6.奇蹟のひと マリーとマルグリッド16.道しるべ
  7.靴職人と魔法のミシン      17.予告犯
  8.ある取調室           18.アリスのままで
  9.エレファント・ソング      19.きみはいい子
 10.おかあさんの木

「誘惑の掟」久々に技量ある監督だと思った作品。イントロが凄くて、韓国の
ポン・ジュノ作品のようだった。「おかあさんの木」は、親子で是非是非。
「奇蹟のひと マリーとマルグリッド」の主人公の演技力は説得力があり、ラ
ストは万感胸に迫りました。「グローリー」もキング牧師を支える家族の強さ
に感動。つい先日、米国で、若者が、黒人が多く祈っていた教会で起こした惨
劇はとても残念で、バカな若者に強い怒りを覚えます。
「海街diary」「アリスのままで」「きみはいい子」大変おすすめ。3作品と
も、未来に向かっていく楽しみと明るさを感じる作品。家族が側にいることは
幸せです。
YouTube 
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=8Y7W9QUVJJk
─────────────────────────────────────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 先日、久々に中山ラビさんのライブに行きました。相変わらず、彼女のさら
っと出す高音や、絞り出すような魂の低音など、ワイン片手に日頃の疲れを癒
すように飲み込みつつ聴いてました。赤ワインに、彼女が歌い上げていく「鳳
仙花」など溶かしてゆっくり呑み干してゆく。ステージの彼女はフィギュアの
ようなコスチューム、可愛いお人形だ。
 まだまだ色っぽく歌い、活動しています。あのライブに、どれほどの人が勇
気をもらうでしょう? その歌に寄り添う梅津和時さんのサックス、二人を見
守る高橋誠一さんのピアノは、信頼が音になっているようでした。

 「おかあさんの木」は、生まれた7人の男の子のうち6人もを戦争で失った
母の物語。資源がないと釣鐘や金物を国に供出するかのように、そんなふうに
して送り出した大事な息子たちの命を奪われ、帰ってきたのは箱に入った紙切
れ一枚。母は毎日毎日、何を思って生きていたことだろう。夫も戦争で失い、
皇国の母とか言われても嬉しくはありません。
 戦争への道がひかれそうです。家族で観て欲しい作品です。

───────────────────────────────────
         十月通信  2015.7.10 第095号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
<mailto:E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com>
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     17時~24時(土曜・祝祭日は19時―24時)
     日曜は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○「Bar 十月」ホームページ: http://sites.google.com/site/kkmoravia/
             https://www.youtube.com/watch?v=8Y7W9QUVJJk
○「Bar 十月」紹介ページブログ: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
<http://ju-ga-tsu.blogspot.com/>
○「ゴールデン街」ホームページ: http://www.goldengai.net/
                 http://goldengai.jp/pg12.html