2015年12月19日土曜日

2015 暮のご挨拶

みなさま
いよいよ今年の幕が降り、来年の幕が上がります。
当店は、年内12/30(水)まで、新年1/4(月)から営業します。
今年の笑顔まだ間に合います。お待ちしております。
また、「百花十月」の第11号が出ましたので。是非おいでくださいませ!
来年も良い年になりますよう。
かずこ

2015年12月9日水曜日

十月通信12月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
        十月通信   2015.12.10 第100号
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 みなさま、いつもご贔屓いただきありがとうございます。
 いよいよ今年も大つごもりの月、平成27年の最終月です。本当に冬になっ
てきましたね。家の窓から見える富士山の、白く美しく、鏡のような青空にす
っと立つ姿は感無量。日本の宝ですね。だれでもが共有できる自然があってこ
そ平常心の平安が保たれると思います。
 先月の「大人の修学旅行」松山版には大勢ご参加いただきました。ありがと
うございました。四国でもっとも大きい町、松山は銀座も新宿も詰まっており
緑の多い大変賑やかで落ち着いた、不思議な都会でした。恙無く無事完了して
ホッとしております。
 さて、今月のわたしの歌。
 
 ♪ 松山は坊ちゃん電車が霜月の三越前に停まる小春日
 ♪ 松山は新宿(ココ)に良く似た路地ありて焼き鳥太助の暖簾分け入る
 ♪ 萬翠荘石板(スレート)甍も波立ちぬコントラバスの弦に響いて
 ♪ 僧二人俗人四十余名大宴会深夜に至るも「ようおいでたなもし」
 
 先日の 「大人の修学旅行」松山版での楽しいひとときです。松山は本当に
緑の城壁に囲まれた、静かで、且つ飲んべえを堪能させる町です。そこには
生き生きとした若者が闊歩していて、シャッター通りがありませんでした。
そんな松山での1日でした。電車は満遍なく走って町中を攪拌しているよう。
 
■【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 
 ♪ あわだちて物質主義の淵にゐるたましひのこといかに記さむ
 ♪ 遺伝子の二重螺旋にひそひそと大宅世継もの語りをり
               坂井 修一「スピリチュアル」(平成8年)
 
 坂井修一(さかいしゅういち)。昭和33年愛媛県松山市生まれ。情報理工
学者。先日行った、松山での雰囲気が素敵だったので、松山出身の歌人を選ん
でみました。掲出歌はさすが科学者、カタカナが多く、科学を歌に混ぜている
ような感じがします。
 以下の歌も、ちょっと変わった感性のひとであることがわかりますね。
 
 ♪ うるわしくブルックリン橋老ゆるとも明日おもふなしぼろぼろの鳩
 ♪ われは恋ふファスト博士のスピードをはてしなきその乱雑もまた
 ♪ WWWのかなたぐんぐん朝はきて無量大数の脳が脳呼ぶ
 
■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎山口あき銅版画展「頁をめくる時間」:12月1日(火)~15日(火)
 本や本屋さん、読書をモティーフとして制作した、素敵な銅版画を十数点展
示しています。
 
◎水野皓司写真展:12月16日(水)~30日(水)
 縁があって、グラフィックデザイナー水野皓司(故)氏が撮りためた写真を
展示いたします。
 
 1月は、
 ◎熊谷直樹写真展:1月4日(月)~16日(土)
 ◎岩出靖彦写真展「新宿たそがれ」:1月18日(月)~30日(土)
  1月はお二人とも写真です。熊谷さんも岩出さんもすでになんどか、十
 月で 展示しています。 
 
■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 12月・第124回日本酒の会は「大阪府のお酒」です。
 候補酒は、浪花正宗(阪南市)、荘の里(泉佐野市)、國乃長(高槻市)、
三輪福(岸和田市)、呉春(池田市)、清鶴(高槻市)‥‥‥。
 12月26日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。毎月、月末の土曜日に開催しています。
 
 11月「愛知県」は、菊鷹(山廃純米)、東龍楚楚(純米吟醸)、勲碧(特
別純米原酒)をいただきました。
 年明け1月は「奈良県」、2月は「滋賀県」のお酒の予定。
 皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。
 
■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎Bar十月営業日変更のご案内
 当店は、年明け1月から、日曜日のほかに祝祭日もお休みをいただくことに
いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。土曜日は営業しています。
 
◎お座敷ミステリー列車(粧企画)のご案内
 2016年2月14日(日)です。なかなか乗るチャンスはありません。ご
一緒しませんか。申し込み締め切りは、1月10日。詳細は当店で。
 
■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、11月に観た映画は、
 
  1.エール          10.オープニング・ナイト
  2.ボクは坊さん       11.チャイニーズ・ブッキーを殺した男
  3.裁かれるは善人のみ    12.俺物語
  4.グラスホッパー      13.ミケランジェロ・プロジェクト
  5.サヨナラの代わりに    14.Re:LIFE~リライフ~
  6.明日へ           15.レインツリーの国
  7.それでも僕は帰る     16.ホワイト・ドッグ
  8.恋人たち          17.007スペクター
  9.ハッピーエンドの選び方   18.コードネーム U.N.C.L.E.
                                   19 . 陽光桜 YOKO THE CHERRY BLOSSOM
 
「エール」とても爽やかで新鮮。衣装のセーターがとても素敵でセーターを買
いたくなるような作品。「グラスホッパー」伊坂幸太郎原作の作品は殆どが面
白い。「明日へ」韓国で実際にあった、スーパーで働く女性たちが待遇改善要
求のために組合を作り経営者と交渉する話。買い物用カートで警察車両に向か
って行く様はなかなか。
「007スペクター 」相変わらず面白い。
 ミケランジェロ・プロジェクト、Re:LIFE~リライフ~、ハッピーエンド
の選び方、サヨナラの代わりに、とてもおすすめ。
「それでも僕は帰る」はドキュメントですが、機会があったら是非。サッカー
選手が銃を持ち平和を叫んで戦う姿。静かに眠ることもない彼らに、安眠でき
る場所ができることを祈るばかり。
 
───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 先日、映画「007」を観に行った時のこと。7歳の男の子を連れた親子が
3人で隣に座りました。全編、そのパパが子供に情景説明しており、ママは上
映中にもかかわらずメールしているのです。日本人でした。ずーっと不愉快極
まりなく、帰りに関係者に、低学年も入館できるの? と聞いたら、年齢制限
なしとの事でした。ほんとにもうっ!
 
 さて、当店のイベント「大人の修学旅行」松山版ではみなさんが、本当に修
学旅行しているようで面白かったです。萬翠荘での演奏会。明治の鹿鳴館を彷
彿させるような佇まいの中でのシューベルトは最高でした。その後の自由行動
ではあちらこちらで、参加者が出会ったそうで昔を思い出したとか。演奏会と
宴会のみ全員集合であとはそれぞれの行動。
 なんとも愉快な旅行です。演奏会には遅刻せず、ぴったりあちこちから揃う
のが不思議です。そして翌朝、無事故で解散。飛行機で東京に戻る方も、四国
のあちこちをめぐる方も、船で広島に渡る方も。このイベントももう少し続け
られたら良いなぁと実感しました。
 河村典子さんのヴァイオリン、白土文雄さんのコントラバス、そして上尾直
子さんのピアノは耳に優しく、松山の方々も感動されていたようで何よりでし
た。演目の一つ、無明長夜(コントラバス+読経)。現地のお坊さまの読経も
力強く響くものがありました。
 
 十月通信も、今号で100号を迎えました。皆さまこれからもどうぞよろし
くお願いいたします。
 
───────────────────────────────────
         十月通信  2015.12.10 第100号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     17時~24時(土曜・祝祭日は19時―24時)
     日曜は休みます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Bar 十月 ホームページ : http://sites.google.com/site/kkmoravia/
十月通信 back number: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
 
 

2015年11月9日月曜日

十月通信11月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
        十月通信   2015.11.10 第099号
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 みなさま、いつもご贔屓いただきありがとうございます。
 いよいよ今年も大詰め。今年しておくべきこと、大丈夫ですか? あと暦も
1枚です。よく思い出して、心残りのない年越しができるようにしたいですね。
 秋晴れの富士山を見ると、つくづく日本は青空に恵まれている、と幸せを実
感。みなさんも、両手広げて深呼吸し、空を月を星を愛でましょう!
 さて、今月のわたしの歌。
 
 ♪ 柿喰えば胸が鳴るなり方南町赤い鳥居の石段遊び
 ♪ まったくねなんの兆しか独り言ハット気づけば墓石にまで
 ♪ 秋彼岸きのうの雨に洗われて質素な父が凜とたちおり
 ♪ あれこれと伝えおくのもおかぬのもいよよわたしもそういう花に
 
 
 生まれ育った、杉並区方南町の実家の近くに、お稲荷さんがありました。昔、
遊び仲間と、お稲荷さんの石段でじゃんけんで勝ったら、チョコレイトとか言
って、その字数分、階段を昇り降りしたのを覚えています。エンディングはど
うしたのか忘れてしまいましたが。
 この頃、墓参りして、墓前でブツブツ言っている自分にびっくりすることが。
雨に洗われた墓は、凜とした父のように毅然としているようでした。
少ない家族に、あれはどこにあるとか、こんな時はどこに行くとか‥‥。もう
我々は申し送り年代なのです。
 
■【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 
 ♪ 水中より一尾の魚跳ねいでてたちまち水のおもて合はさりき
 ♪ うすらなる空気の中に実りゐる葡萄の重さはかりがたしも
                葛原妙子「葡萄木立」(昭和38年)
 
 葛原妙子(くずはらたえこ)。明治40年東京本郷生まれ。府立第一高女卒。
昭和期を代表する女性歌人。昭和60年没。
 掲出歌は信仰の光が差してくるような、厳かで上品な歌。何も言うことはあ
りません。ただただ脱帽です。
 以下の歌も、大いなる自然のなかでの、なすがままの歌のようです。まるで
女呪術師のようですね。
 ♪ 青虫の目鼻かすけき切創に似つつうすらに繭吐くあはれ
 ♪ 口中に一粒の葡萄を潰したりすなはちわが目ふと暗きかも
 ♪ おほいなる雪山いま全盲 かがやくそらのもとめしひたり
 
■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎又村統展「妄想魚類図鑑-廃材によるレリーフ-」:
 11月2日(月)~14日(土)
 空き缶、発条、螺子、トタン、板切れ‥‥。廃材をコラージュして、造形し
た魚たち。海底深くに、あるいは宇宙、未来に泳いでいるかも。
 
◎竹上妙作品展:11月16日(月)~30日(月)
 現在、出版社2社で絵本を制作中の竹上妙さん。みていて楽しいけれど、楽
しいだけじゃないぞ、という木版画作品です。
 
 12月は、
 ◎山口あき展:12月1日(火)~15日(火)
 ◎水野皓司展:12月16日(水)~30日(水)
  山口あきさんは銅版画、水野皓司さんは写真です。
 
■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 11月・第123回日本酒の会は「愛知県のお酒」です。
 候補酒は、金虎(名古屋市)、勲碧(江南市)、金銀花(一宮市)、鷹の夢
(名古屋市)、國盛(半田市)、東龍(名古屋市)、神の井(名古屋市)、菊
石(豊田市)‥‥‥。
 11月28日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。毎月、月末の土曜日に開催しています。
 
 10月「鳥取県」は、山陰東郷(生酛純米原酒)、冨玲(生酛純米玉英)、
伯陽長(ふくろ取り純米吟醸)をいただきました。
 12月は「大阪府」、年明け1月は「奈良県」のお酒の予定。
 皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。
 
■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎Bar十月営業日変更のご案内
 当店は、年明け1月から、日曜日のほかに祝祭日もお休みをいただくことに
いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。
 
◎お座敷ミステリー列車(粧企画)のご案内
 2016年2月14日(日)です。なかなか乗るチャンスはありません。ご
一緒しませんか。申し込み締め切りは、1月10日。詳細は当店で。
 
■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、10月に観た映画は、
 
  1.顔のないヒットラー       10.ヴェルサイユ宮廷庭師
  2.ヒロイン失格          11.白い沈黙
  3.クマの親子の物語        12.無頼漢 渇いた罪
  4.バクマン            13.世界で一番いとしい君へ
  5.海賊じいちゃんのおくりもの   14.ベトナムの風に吹かれて
  6.ボーダレス ぼくの船の国境線    15.カプチーノはお熱いうちに
  7.名もなき塀の中の王       16.マルガリータで乾杯
  8.マイ・インターン        17.ヒトラー暗殺  13分の誤算
  9.草原の実験           18.アクトレス 女たちの舞台
 
「ボーダレス ぼくの船の国境線」は、多くの人に観て、考えて欲しい作品。
登場人物は、アラビア語、ペルシャ語、英語を話す3人のみ。そこにおおきな
世界が描かれています。いろんな感じ方があると思います。みなさんの感想を
聞かせてください。日本では当たり前でも、教育が受けられない子も。本当に
胸が痛みます。
「マルガリータで乾杯」意外なlesbianが主軸のインド映画。おすすめ。
「ヒトラー暗殺 13分の誤算」はとても丁寧な作品。ヒトラーの圧政の下、
5500万人が亡くなったそうだ。たった一人で、ヒトラーの間違いを訴えての
主人公の行動は実話。戦争の恐ろしさを訴えている。おすすめ。
 
───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 国会周辺での「原発廃炉」の声が全く聞こえていないようです。地方で再稼
動さえしています。山々は怒りの噴火をしているし、心配事が増えるばかり。
でも、みなさんの一人一人が幸せになれば、みんなが幸せになります。生きて
いる間は、ちょっぴり周りの空気を感じて生きていたいと思います。
 映画欄でもふれましたが、家を焼かれ、家族をも失くし、勉強さえできずに
たった一人で生き抜いている子供達がたくさんいるということを、もっと知る
べきかも知れません。
 では、どうしたらいいのでしょう? 誰か教えてください。
 
───────────────────────────────────
         十月通信  2015.11.10 第099号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     17時~24時(土曜・祝祭日は19時―24時)
     日曜は休みます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Bar 十月 ホームページ : http://sites.google.com/site/kkmoravia/
十月通信 back number: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
 

2015年10月12日月曜日

十月通信10月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        
十月通信   2015.10.10 第098号 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
みなさま、いつもご贔屓いただきありがとうございます。
 10月に入り急に気温が下がって、秋が忙しそうに暦の線路を走っているよ
うです。運動会や音楽会、そしてぶどう狩りなど、自然に身を置くこともある
と思いますが、くれぐれも事故に巻き込まれないよう、お気をつけください。
 葡萄もリンゴも本当に美味しい時期になりましたね。
 さて、今月のわたしの歌。

 ♪ 今日はちと壊れてしまったわが信条されて嫌 (や)なことひとにするとは
 ♪ 満月の薄皮一枚剥いだならきょうもウサギが杵つきしてる?
 ♪ シルバーウィークそれってなによ? わが店は閑古鳥啼く夜の長さよ
 ♪ 秋の日のヴィオロンのふかいため息に追い打ちかけるきょうびの国会
 ♪ 七歳がひとり施設の門叩く背に天使の羽根生えてあれ

 いつも、自分がされて嫌だと思うことをしないように、と思いつつも、つい
していることがあり、自己嫌悪におちいることがあります。お店は大変です。
 この間は、満月のつぎにスーパームーンとやらで、酒場の話題にもなるほど
賑やかでしたが、ふと、昔の絵本を思い出しました。
 今年は秋の連休も大型で(シルバーウィーク5連休!)、おかげで店は閑古
鳥が鳴いておりました。朝刊を見るたびに、この国はどんな風になってしまう
かと、ため息ばかりついている今日このごろです。
「ぼくらの家路」を観て、数年前の新聞報道を思い出しました。優しい保母さ
んに抱かれたらいいねと思いました。君には天使がついています! 

■【好きな歌】 
● ……………………………………………………………………………………… ●

 
♪ 少年のわが身熱をかなしむにあんずの花は夜も咲(ひら)きをり
 ♪ ぶだう呑む口ひらくときこの家の過去世の人ら我を見つむる
                高野公彦「汽水の光」(昭和51年)

 高野公彦(たかのきみひこ)。昭和16年愛媛県生まれ。東京教育大学卒業。
河出書房新社で編集者を26年務めたあと、短大教授。歌誌「コスモス」編集
人。
 掲出歌は彼の第一歌集から。若者の性に目覚める頃の熱情が、とても静かに、
品良く伝わります。流石です。ぶどうの歌、そういえば、仏壇のお供え物を頂
く時、こんな気持ちになりますね。
 以下の歌も、独特な静けさが漂い、気が引き締まるような気がします。
 ♪ みどりごは泣きつつ目ざむひえびえと北半球にあさがほひらき
 ♪ 象を見て仏陀思へりはるばると未来へ流れゆく時間(とき)の束
 ♪ ふるさとは霜月の夜のしづけさのみなもと暗く石の臼冷ゆ 

■【「Bar十月」作品展】 
● ……………………………………………………………………………………… ● 
◎呉美樹作品展「ミラーとペルソナ-鏡と仮面を彩る」:
 10月1日(木)~15日(木)
 呉美樹さんは、力強く精緻な、そしてファンタスティックな作品を制作して
いる美術家です。鏡の作品と仮面数点、そして版画を展示しています。是非!

◎「おぐらとうこ&野田新五」人形と絵の2人展:
 10月16日(金)~31日(土)
 野田新五さんのフレスコ画と、おぐらとうこさんの人形が、どのようなコラ
ボレーションを展開するか、楽しみです。お二人とも十月馴染みの作家です。

 11月は、
 ◎又村統作品展:11月2日(月)~14日(土)
 ◎竹上妙作品展:11月16日(月)~30日(月)
  又村さんも、竹上さんも年一回程度、展示させていただいていますが、お
 二人とも、今回、どんな作品をもってくるか、わくわくして待っています。 

■【日本酒の会】 
● ……………………………………………………………………………………… ●
 
10月・第122回日本酒の会は「鳥取県のお酒」です。

 候補酒は、山陰東郷(湯梨浜町)、冨玲(北栄町)、伯陽長(琴浦町)、瑞
泉(岩美町)、元帥(倉吉市)、真寿鏡(米子市)‥‥‥。

 10月31日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。おもに地元のみ流通の、おいしいお酒が登場しま
す。うるさい薀蓄なし。酒肴の持ち込み、また初めての方、大歓迎です!
 11月は「愛知県」、12月は「大阪府」のお酒の予定。毎月、各県別に数
本揃える日本酒ももうすでに三巡目。知られていない旨い酒、発見! なんて
ことがあります。
 皆様、おいしいお酒をごいっしょに。 

 ■【お知らせ】 
● ……………………………………………………………………………………… ● 
◎『百花十月』第10号 ¥150/1部 7月20日発行予定! 残部僅少。
 ポエトリ:十月の鄙歌(原田克子)、スケッチ:酒飲みに「今度」はない
(酒井充子)、ラテンアメリカ前衛詩人列伝10 エンリケ・ゴメス・コレア
(鼓直)、表紙画:ヨシムラトキコ。十月10周年記念号、女性の執筆者でま
とめました。 

■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
  
なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、9月に観た映画は、

  1.わたしに会うまでの1600キロ   10.世界で一番愛しい君へ
  2.ヴィンセントが教えてくれたこと  11.Dear ダニー君へのうた
  3.バレエボーイズ          12.ぼくらの家路
  4.天使が消えた街          13.ベル&セバスチャン
  5.ピエロがお前を嘲笑う       14.徘徊 ママリン87歳の夏
  6.ボーイ・ソプラノただ一つの歌声  15.僕らの家に帰ろう
  7.キングスマン           16.チャンス商会
  8.ジュラシック・ワールド      17.一献の系譜
  9.at Home        18.ラブ&マーシー 終わらないメロディー
「バレエボーイズ」は3人の少年が、一流バレエ団を目指して互いに切磋琢磨
してゆく姿が感動的。「ぼくらの家路」、子供にまったく関心のない母を持つ
少年の行動に、君は本当に正しい決断をしたと、誉めてあげたい気持ちにさせ
られた作品。育児放棄が多い中、自ら施設の門を叩くなんて、なんという辛い
決断なんだろうと。
 今月の他の作品も、ほとんどが、とてもとてもオススメです。 

 ───────────────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━ 

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 映画の欄でもふれましたが、数年前の朝刊の記事を思い出しました。
 ある地方のバスの運転手さんが、終点になっても降りない小さな男児がいた
ので、不審に思い尋ねたところ、バス停の近くの施設に行きたいのだと。以前
来たことがあると。そこに入りたいのだと。
 幼い子が、たった一人で、自分から、うろ覚えのバスに乗ってゆく、そのこ
とに目頭が熱くなりました。今でも、思い出すだけで涙腺が緩みます。子供は
宝です。自分も子供だったことを忘れたくありませんね。

 先日、今年11月の「大人の修学旅行」の地、松山へ事前調査に行ってまい
りました。路面電車やバスがひっきりなしに走っていて、賑やかで、百貨店や
お店だけでなく、通りも、そして路地も、飲み屋もなかなか楽しみな街です。
 演奏会場となる萬翠荘は、その名の通り、緑に囲まれて建っていました。
 古いちんちん電車を再現した懐かしい電車が、街に彩りを添えているかの
ようでした。来月が楽しみです。

───────────────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━
         
十月通信  2015.10.10 第098号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     
〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     
E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     
17時~24時(土曜・祝祭日は19時―24時)
     日曜は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
○「Bar 十月」ホームページ: http://sites.google.com/site/kkmoravia/
             https://www.youtube.com/watch?v=8Y7W9QUVJJk 
○「Bar 十月」紹介ページブログ: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
<http://ju-ga-tsu.blogspot.com/>
○「ゴールデン街」ホームページ: http://www.goldengai.net/
                 http://goldengai.jp/pg12.html

2015年9月10日木曜日

十月通信 9月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        
十月通信   2015.09.10 第097号 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
 みなさま、いつもご贔屓いただきありがとうございます。
 
 まだまだ夏を脱ぎ捨てる気も時間もなかったのですが、八月も半ばを過ぎた 
ら、秋が鎮座してしまいました。夏の雲もまたもどってくると思っていました 
のにね。無理矢理って感じ。なんだか秋にハイジャックされたようです。
  本来、どことなく秋の感じがする風が吹いたり、雲のかたちが微妙に変わっ
てきたり、虫の声がしたりと、だんだんに秋バージョンになっていくものです 
が、今年は、突如として秋になってしまいました。ゆく夏も来る秋も、なんと 
せっかちなことでしょ。
 これも気候異変のひとつでしょうか。「十月」は9月の大型連休期間も営業
いたします。
 さて、今月のわたしの歌。

 

  ♪ もしかしてこれって秋なの風寒く昨日の夏が行方不明だ
  ♪ ゆく夏の背後(うしろ)見送るいとまなく突然秋が対面正座
  ♪ ニッポンの秋よ静かに訪れよ目にはさやかにみえねども
  ♪ 秋襲来秋場所だものうっちゃりで半袖Tシャツしょんぼりしてる
  ♪ 真っ白な洗濯物でひと占い歳は三十きっと良い人

  今年は、信じられないほど急に、夏がいなくなってしまい、突如秋が隣に居 
るといったこの頃です。準備もなにもする間もなく、消え入りそうな夏を送っ 
ているという毎日。もう秋? なんて言っているうちに、気がついたら冬、が 
やってくるのでしょうね。
 それにしても、今年の天気は恨めしい。
  近所を散歩していて、辺りを見渡したときに、やたら綺麗に、きちんと、洗 
濯物が干してあるベランダがありました。真っ白いシャツが、ドアボーイのよ 
うに何枚も並んで、まるでラインダンスのよう。きっとキチントさんなのでし 
ょう。見ていて気持ちの良い光景でした。 
 
■【好きな歌】 
● ……………………………………………………………………………………… ●

 

 ♪ なぜ生きる みたいな本と目が合ってしまった春の終わりの丸善
 
 ♪ 指がたりないのだと言う妹はピアノの白に指をひたして
          
          安良田梨湖「ああすれ違う」(「短歌往来」8月号) 

 安良田梨湖、1991年岡山県生まれ。岡山大学文学部卒業。現在、中川佐和 
子選歌欄所属。 
 若いっていいなぁ、と思わせる歌です。自分もこの年代から歌を作っていた 
ら、いまごろどんな歌を作っているだろう、なんて思わせたりする歌です。清 
潔感があって、気持ちの良い歌です。これからがとても楽しみ。 

 ♪ 猫の尾に骨のあることかなしくて真昼をねむる真昼をたべる
  ♪ 鏡台にめがねを置けば見る〈われ〉と見られる〈われ〉がああすれ違う
  ♪ 納豆の糸を木箸に巻きつけてまきつけてもう二十三歳
 
■【「Bar十月」作品展】 
● ……………………………………………………………………………………… ● 
◎川村祐美作品展:9月1日(火)~15日(火) 
 川村祐美さんはこの春、イタリアから帰ってきました。いままでと違った作 
品を展示しています。新しい展開が楽しみです。 

◎犬飼三千子作品展:9月16日(水)~30日(水) 
 犬飼三千子さんの作品をみていると、三千世界、宇宙のイメージがかさなっ 
てみえてきます。今回はどんな作品でしょうか?

 

 9月は、
 
 ◎呉美樹作品展:10月1日(木)~15日(木)
 
 ◎野田新五とおぐらとうこ二人展:10月16日(金)~31日(土) 
  呉美樹さんは、力強くそしてファンタスティックな作品を制作している方
 
 です。野田新五さんと、人形作家のおぐらとうこさん、どのようなコラボレ
 
 ーションを展開するか、楽しみです。

 ■【日本酒の会】 
● ……………………………………………………………………………………… ●
 
 9月・第121回日本酒の会は「三重県のお酒」です。

  候補酒は、義左衛門(伊賀市)、上げ馬(桑名市)、宮の雪(四日市市)、 
俳聖芭蕉(伊賀市)、天遊琳(四日市市、早春(三重郡菰野町)‥‥‥。

 

 9月26日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。おもに地元のみ流通の、おいしいお酒が登場しま 
す。うるさい薀蓄なし。酒肴の持ち込み、また初めての方、大歓迎です!
 
 10月は「鳥取県」、11月は「愛知県」のお酒の予定。毎月、各県別に数 
本揃える日本酒ももうすでに三巡目。知られていない旨い酒、発見! なんて 
ことがあります。 
 皆様、是非、いらしてください。

 ■【お知らせ】 
● ……………………………………………………………………………………… ● 
◎『百花十月』第10号 ¥150/1部 7月20日発行予定! 残部僅少。 
 ポエトリ:十月の鄙歌(原田克子)、スケッチ:酒飲みに「今度」はない 
(酒井充子)、ラテンアメリカ前衛詩人列伝10 エンリケ・ゴメス・コレア 
(鼓直)、表紙画:ヨシムラトキコ。十月10周年記念号、女性の執筆者でま
とめました。
◎2015東京湾クルーズ:大江戸ぐるっと一回り!(主催:粧)
 9月13日(日)14時半30分両国東京水辺ライン乗り場集合 
 東京湾クルーズ約3時間。料金:早割り10,800円(8月20日まで)。 
 お申込みは当店へ。 

■【映画日記】 
● ……………………………………………………………………………………… ●
 
なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 
さて、8月に観た映画は、

  

 1.共犯              12.二つの名前を持つ少年 
   2.コンフェクション 友の告白    13.ブラック・シー
 
   3.HERO    14. ミッション:インポッシブルローグ・ネイション  
  4.彼は秘密の女ともだち      15.ナイトクロウ
  
  5.TATOO [刺青]        16. あの日のように抱きしめて
 
  6.この国の空     17. ひとりひとりの戦場最後の零戦パイロット   
   
  7.日本のいちばん長い日      18. 犬どろぼう完全計画
 
  8.セバスチャン・サルガド     19. インターセプション盗聴戦
 
  9.筑波海軍航空隊         20. レッドカーペット
 10.ボヴァリー夫人とパン屋     21. ロマンス  
 11.チャップリンのおくりもの       

筑波海軍航空隊」は学徒動員で霞ヶ浦の海軍航空隊に入れられ、操縦を叩き 
込まれた若者たちのうちの、生存者達の生の言葉。ほとんどが90歳を超えて 
おり、その言葉は今の政治家に是非是非聞かせたい言葉。
「セバスチャン・サルガド」は報道カメラマンのサルガドのドキュメンタリー。 
彼の発する言葉は、真摯で善良で優しい、だからあのような写真を撮ることが 
できるのだと納得。大変お薦め。 
「二つの名前を持つ少年」「あの日のように抱きしめて」「彼は秘密の女とも 
だち」「ロマンス」等はお薦め。たなだゆき監督は愉快な作品を撮るので楽し
みです。
  
─────────────────────────────────── 
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛ 
 8月後半はお日様の出番が少なく、あの夏特有の入道雲も、お目にかかるこ 
とがあまりなかったような気がします。夏はやっぱり夏らしく、そうあって
欲
しいですね。果物も人も、身体の中が燃えるような陽を受けて、熟成するので 
す。今年はなにか、甘さ控えめな自分になったような気がします。

  毎朝、新聞を読むと、心の奥になにか吹っ切れない思いが日々沈殿して
ゆき
ます。都合ででかけることができず不甲斐ないのですが、国会議事堂の周りを、 
魂だけがグルグルしています。 

 みなさま、もうじき口にするであろう秋の果物を手にするとき、農家の方の 
苦労を思い浮かべて味わっていらっしゃいますか。農業も漁業もなにより自然 
に翻弄されがちな仕事です。暑いの寒いのと文句も言わないで、大地を耕す人、 
大海原に船を出す人、本当に頭がさがります。 
 私も毎日、ゴールデン街さして、靖国通りを渡り、四季の小径を夕まぐれに 
通って、深夜、月を供にして家路につきます。もっともっと淡々と、暦をめく 
ることができたらなあ、と思う今日この頃です。 

 ───────────────────────────────────
         
     十月通信  2015.9.10 第097号 
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ      
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com 
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     
     17時~24時(土曜・祝祭日は19時―24時)
      日曜は休みます。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
○「Bar 十月」ホームページ: http://sites.google.com/site/kkmoravia/
             https://www.youtube.com/watch?v=8Y7W9QUVJJk 
○「Bar 十月」紹介ページブログ: http://ju-ga-tsu.blogspot.com 
<http://ju-ga-tsu.blogspot.com/
○「ゴールデン街」ホームページ: http://www.goldengai.net/
                 http://goldengai.jp/pg12.html

2015年8月11日火曜日

十月通信8月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
        十月通信   2015.08.10 第096号
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 みなさま、いつもご贔屓いただきありがとうございます。
 日本の一番暑い、そして湿度が高く、うんざりする夏です。戦後70年も無
事ここまでこれたことに感謝の気持ちでいっぱいです。でも東北はまだまだ瓦
礫が無残に積まれたままの箇所もたくさんあり、どうすればいいのでしょうか。
夏休みを屈託なく楽しむ時間のない人も、まだたくさんいることをつい考えて
しまいます。
 当店は夏休みはありません。旧盆中も通常営業です。故郷の土産話などお待
ちしています。
 さて、今月のわたしの歌。
 
 ♪ 自称不良鶴見俊輔星となりいちどはお会いしたかったひと
 ♪ 九条を冥土の土産に携えて気骨の人は颯と往けり
 ♪ ベランダの蚊取とわたし左巻きニッポンの夏ワタクシの夏
 ♪ 頭上の荷気持ちよさげな牧童よニッポンのわれは荷をおろしたし
 ♪ ニッポンの暑くて長い終戦日ことしも立つのか八月の波
 
 先日、新聞紙上で、鶴見俊輔さんの訃報を読みました。お会いしたことがあ
りませんが、なぜか惜しい人を失ったという思いがしました。ある新聞に、読
者から鶴見さんのエピソードが投稿されており、「憲法9条を輸出したいです
ねえ」と話されたとか。全く同感。
 この頃胸に重いものが沈殿している気がするのです。日々、太陽を拝んで、
やれ暑いだの、寒いだのと言ってるのが平和なのかもしれませんね。ベランダ
で蚊取り線香を炊くとき左巻きにしてから置いております。
 この、猛暑続きで頭の中は空っぽです。届いた絵葉書に、アフリカの老いた
山羊飼いが、頭に荷を載せ、両手を広げ夕日をつかむように家路をさしている
写真。とても気持ちよさげな顔をしていました。われわれは、何を乗せたら晴
れ晴れとするのでしょうか。いろいろ荷物を持ちすぎですね。
 夾竹桃がまた咲きました。また、反省日がきます。
 
■【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 
 ♪ 今よりは秋風へさむく吹きなむを如何にか独り長き夜を寝む
 ♪ 佐保山にたなびく霞見る毎に妹を思いて泣かぬ日はなし
                 「万葉集」巻三から大伴家持の挽歌 
 
 大伴家持が、亡くなった妻を思って詠んだ挽歌から。大意は、一首目は、こ
れからは秋風が冷たく吹いてくるだろうに、ただ独りどうして、長い夜を寝よ
うか。二首目は、佐保山にかかっている霞を見るたびごとに、そこに埋葬され
ているいとしい人を思い出して、泣かぬ日はない、だそうです。
 旧盆が近いので、万葉集などをひもといてみました。
 
■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎後藤美穂作品展:8月1日(土)~15日(土)
 油性インク、水彩、版画の作品を十点ほど展示しています。ときにファンタ
スティックに、にぎやかに、そして、ときに静謐に。
 
◎「こーた&まじぁと」2人の絵画展~ふるふるカラふる
 松元康太・赤津正人作品展:8月17日(月)~31日(月)
 ふるふるカラふる。これらの作品を部屋においたら、そこからなにか明るさ
を放出してくるようなポップな作品を準備しています。
 
 9月は、
 ◎川村祐美作品展:9月1日(火)~15日(火)
 ◎犬飼三千子作品展:9月16日(水)~30日(水)
  川村祐美さんはイタリアからこの春、帰ってきました。新しい展開が楽し
 みです。犬飼三千子さんの作品をみていると、三千世界、宇宙のイメージが
 かさなってみえてきます。
 
■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 8月・第120回日本酒の会は「千葉県のお酒」です。
 
 候補酒は、木戸泉(いすみ市)、東薫(香取市)、梅一輪(山武市)、寿萬
亀(鴨川市)、一の宮(長生郡一の宮町)、聖泉(冨津市)、‥‥‥。
 
 8月29日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。おもに地元のみ流通の、おいしいお酒が登場しま
す。うるさい薀蓄なし。酒肴の持ち込み、また初めての方、大歓迎です!
 9月は「三重県」、10月は「鳥取県」のお酒の予定。毎月、各県別に数本
そろえる日本酒ももうすでに三巡目。知られていない旨い酒、発見! なんて
こともあります。
 皆様、是非、いらしてください。
 
 
■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎『百花十月』第10号 ¥150/1部 7月20日発行予定!
 ポエトリ:十月の鄙歌(原田克子)、スケッチ:酒飲みに「今度」はない
(酒井充子)、ラテンアメリカ前衛詩人列伝10 エンリケ・ゴメス・コレア
(鼓直)、表紙画:ヨシムラトキコ。十月10周年記念号、女性の執筆者でま
とめました。
 
◎2015東京湾クルーズ:大江戸ぐるっと一回り!(主催:粧)
 9月13日(日)14時半30分両国東京水辺ライン乗り場集合
 東京湾クルーズ約3時間。料金:早割り10,800円(8月20日まで)。
 お申込みは当店へ。
 
■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、7月に観た映画は、
 
  1.リメイズ・ランナー       10.ピクニック
  2.チャイルド44           11.ルンタ
  3.フレンチアルプスで起きたこと  12.うりずんの雨
  4.サイの季節           13.人生スイッチ
  5.殺し              14.海のふた
  6.革命前夜            15.奇跡の2000マイル
  7.マダガスカル・ギター      16.踊るアイラブユー♪
  8.ピッチ・パーフェクト      17.雪の轍
  9.バケモノの子          18. 悪党に粛清を
 
「うりずんの雨」はドキュメンタリー映画。本当に日本人みんなが今観て欲し
い映画。東日本大震災後の東北もそうですが、自分から離れている遠いところ
で今も、辛い思いをしている人々がいるということをときに考えます。もっと
知って欲しいです。
「ルンタ」は、中国に抗議するチベットの焼身自殺を取り上げています。身を
挺しての抗議、心中いかばかりか。恋を諦め親を捨てみずからを焼くのですか
ら。以前にも書きましたが、地球儀にチベットという国が早く載ることを願っ
てやみません。われわれが毎日、好き勝手なことを言えるのは大変貴重なこと
なんですね。
「チャイルド44」とても面白い。「人生スイッチ」大人のユーモアですかね。
「奇跡の2000マイル」ラクダをたくさん観察できて愉快な作品でした。
 
───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 先日、当店の十周年の集まりがありました。〝十月キャンディーズ〟という
当店の3人の〝班長〟さんたちが発起人となっての集まりでした。
 「大人の修学旅行」の時にいつも班長制で参加者を、楽しく愉快にまとめて
いただいてる素敵な女性たちです。わが狭い店では一堂に会せませんので、と
ても良い時間を持てたことに感謝の気持ちでいっぱいです。皆様、本当にあり
がとうございました。
 
 ところで、ドイツのメルケル首相がナチスの事に触れた演説が新聞に載って
いました。「アウシュビッツのナチスの行為は許すまじきものだがそれを許し
た我々ドイツ人が一番悪いのです。我々ドイツ人はずーっとずーっと謝罪しな
くてはいけないのです‥‥」
 簡潔で素直でなんという素晴らしい演説でしょう。
 
───────────────────────────────────
         十月通信  2015.8.10 第096号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     17時~24時(土曜・祝祭日は19時―24時)
     日曜は休みます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○「Bar 十月」ホームページ: http://sites.google.com/site/kkmoravia/
             https://www.youtube.com/watch?v=8Y7W9QUVJJk
○「Bar 十月」紹介ページブログ: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
<http://ju-ga-tsu.blogspot.com/>
○「ゴールデン街」ホームページ: http://www.goldengai.net/
                 http://goldengai.jp/pg12.html                                                                                                                        

2015年7月10日金曜日

十月通信7月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        十月通信   2015.07.10 第095号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつもご贔屓いただきありがとうございます。
 今年の梅雨は、寒いです。なかなか夏布団の出番はありませんね。そのくせ
湿度が高くて体調を崩しそうです。風邪引きが多いのも心配です。みなさん、
栄養を摂って、不甲斐ない夏を乗り切って行きましょう!
 さて、今月のわたしの歌。

 ♪ 鳳仙花沁み渡るよに歌うとき中山ラビよなにを思うや
 ♪ 歌声にタツマキのごと寄り添いしギターもピアノもサキソフォーンも
 ♪ いつまでも今でもキュート女性歌手むかし戦士であったかも知れぬ
 
 先日、吉祥寺で、「中山ラビ・ライブ」を堪能しました。梅津和時さんのサ
ックス、高橋誠一さんのピアノ、いつものメンバーは信頼のハーモニー以外の
なにものでもなく、聴いているこちらに優しく伝わるのでした。
 いつまでもキュートで小悪魔のような彼女は本当に尊敬します。彼女が歌っ
ている間は、わたしも店、バー十月をやって行こうかしらん、などと心に決め
た夜でした。

■【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 ♪ 女系家族といはれて過ぎし少女期の果ての始末を孤りしてゐる
        尾崎左永子『光陰片々譜』(平成27年「短歌往来」4月号)

 尾崎左永子(おざきさえこ)。1927年、東京生まれ。十代から歌いはじめ
たが、一時、短歌を離れていたこともあったとか。

 女系家族のもつ悩みや不安が沁みます。娘さんを早くに亡くされた寂しさは
他人事ではありません。遠くに精神病棟がみえるような場所での生活は殊更、
寂しい。外面如菩薩内面如夜叉など、つよい意志、そして全体に気品を感じま
す。孤独の海を泳ぎきること人生だと思います。みんなそれぞれ、もちろん私
もです。

 ♪ 小さなる不満を頒つすべなくて今更に娘の死を悼むなり
 ♪ 六代の家系のうちの五代まで養子といふも縁のふしぎ
 ♪ 思はざる噂にこころ傷つけど外面如菩薩内面如夜叉
 ♪ 丘遠く精神病棟みゆる窓このごろ唐突の声さえ洩れず

■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎西英一作品展「en3」:7月1日(水)~15日(月)
 今回の作品、素材は、和紙と柿渋と鏡。さて、それでどんな作品ができあが
るのでしょう? 見に来てください。十点ほど展示しています。

◎李元淑作品展:7月16日(木)~31日(金)
 大胆精緻な線と色合の木版画は、Lee Wonsukさん独自の世界を築いていま
す。どんな作品をもってくるでしょう? 来週、木曜日からです。

 8月は、
 ◎後藤美穂作品展:8月1日(土)~15日(土)
 ◎松元康太・赤津正人作品展:8月17日(月)~31日(月)
  後藤美穂さんは愛知県在住、木版画作品です。松本・赤津組はなかなかポ
 ップな作品を用意しています。  

■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎『百花十月』第10号 ¥150/1部 7月20日発行予定!
 ポエトリ:十月の鄙歌(原田克子)、スケッチ:酒飲みに「今度」はない
(酒井充子)、ラテンアメリカ前衛詩人列伝10 エンリケ・ゴメス・コレア
(鼓直)、表紙画:ヨシムラトキコ。十月10周年記念号、女性の執筆者でま
とめました。

◎大人の修学旅行2015年は、愛媛県松山市です。
 3日連休の中日、2015年11月22日(日)14時~、萬翠荘(愛媛県松山
市一番町3-3-7)で演奏会。終了後、居酒屋「助格」で懇親会。市内ホテルに
宿泊します。
 萬翠荘は、旧松山藩子孫の久松伯爵が別邸として建設したフランス風洋館で、
国指定重要文化財。夏目漱石が下宿していた愛松邸のすぐそばです。

■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 7月・第119回日本酒の会は「栃木県のお酒」です。

 候補酒は、仙禽(さくら市)、姿(栃木市)、惣誉(市貝町)、開華(佐野
市)、門外不出(小山市)、若駒(小山市)、澤姫(宇都宮市)、清開(日光
市)、‥‥‥。

 7月25日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。おもに地元のみ流通の、おいしいお酒が登場しま
す。うるさい薀蓄なし。酒肴の持ち込み、また初めての方、大歓迎です!
 8月は「千葉県」、9月は「三重県」のお酒の予定。毎月、各県別に数本そ
ろえる日本酒ももうすでに三巡目。千葉県、三重県、まだやってなくて旨いお
酒があるでしょうか?
 とはいえ、まだまだあります。皆様、是非、いらしてください。

■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、6月に観た映画は、

  1.リピーテッド          11.海街diary
  2.誘惑の掟            12.グローリー
  3.グッド・ストライブス      13.ジェームス・ブラウン
  4.涙するまで、生きる       14.ターナー、光に愛を求めて
  5.ハイネケン 誘拐の代償     15.ハープシャの黒い瞳
  6.奇蹟のひと マリーとマルグリッド16.道しるべ
  7.靴職人と魔法のミシン      17.予告犯
  8.ある取調室           18.アリスのままで
  9.エレファント・ソング      19.きみはいい子
 10.おかあさんの木

「誘惑の掟」久々に技量ある監督だと思った作品。イントロが凄くて、韓国の
ポン・ジュノ作品のようだった。「おかあさんの木」は、親子で是非是非。
「奇蹟のひと マリーとマルグリッド」の主人公の演技力は説得力があり、ラ
ストは万感胸に迫りました。「グローリー」もキング牧師を支える家族の強さ
に感動。つい先日、米国で、若者が、黒人が多く祈っていた教会で起こした惨
劇はとても残念で、バカな若者に強い怒りを覚えます。
「海街diary」「アリスのままで」「きみはいい子」大変おすすめ。3作品と
も、未来に向かっていく楽しみと明るさを感じる作品。家族が側にいることは
幸せです。
YouTube 
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=8Y7W9QUVJJk
─────────────────────────────────────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 先日、久々に中山ラビさんのライブに行きました。相変わらず、彼女のさら
っと出す高音や、絞り出すような魂の低音など、ワイン片手に日頃の疲れを癒
すように飲み込みつつ聴いてました。赤ワインに、彼女が歌い上げていく「鳳
仙花」など溶かしてゆっくり呑み干してゆく。ステージの彼女はフィギュアの
ようなコスチューム、可愛いお人形だ。
 まだまだ色っぽく歌い、活動しています。あのライブに、どれほどの人が勇
気をもらうでしょう? その歌に寄り添う梅津和時さんのサックス、二人を見
守る高橋誠一さんのピアノは、信頼が音になっているようでした。

 「おかあさんの木」は、生まれた7人の男の子のうち6人もを戦争で失った
母の物語。資源がないと釣鐘や金物を国に供出するかのように、そんなふうに
して送り出した大事な息子たちの命を奪われ、帰ってきたのは箱に入った紙切
れ一枚。母は毎日毎日、何を思って生きていたことだろう。夫も戦争で失い、
皇国の母とか言われても嬉しくはありません。
 戦争への道がひかれそうです。家族で観て欲しい作品です。

───────────────────────────────────
         十月通信  2015.7.10 第095号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
<mailto:E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com>
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     17時~24時(土曜・祝祭日は19時―24時)
     日曜は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○「Bar 十月」ホームページ: http://sites.google.com/site/kkmoravia/
             https://www.youtube.com/watch?v=8Y7W9QUVJJk
○「Bar 十月」紹介ページブログ: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
<http://ju-ga-tsu.blogspot.com/>
○「ゴールデン街」ホームページ: http://www.goldengai.net/
                 http://goldengai.jp/pg12.html

2015年6月10日水曜日

十月通信6月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        十月通信   2015.06.10 第094号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつもご贔屓いただきありがとうございます。
 もうじき梅雨がやってきます。あのジメジメした梅雨が、日本人特有のしっ
とり感を、心とお肌に、そして自然を豊かにしているのかもしてません。エス
テのメニューの一つと思って乗り切りましょう。
 さて、今月のわたしの歌。

♪ 磐梯山揺れて五月(さつき)の水鏡若き農夫を車窓よりみる
♪ 薄緑早緑濃緑青緑走る緑野に白壁の家
♪ 一列に空がフィールド須賀川を揃い天飛(あまと)ぶ鯉の大群
♪ 反戦歌懐メロのように聞こえますいついつまでもingよ

 五月の連休に会津若松に向かう列車でみた、走り行く田圃や山々、そして変
化に富んだ緑のオンパレード。車窓から見える働き者の若者の苗代作りに気持
ちが動きます。
 映画祭で毎年訪れる須賀川の空は、いつも晴れ晴れと鯉のぼりが自由闊達に
泳ぎ、嗚呼、五月はなんて素晴らしいのだろう! と思わせてくれます。
 たとえば、「花はどこへ行った」とか、1960年代、70年代頃の反戦歌が
映像に流れて、まるで懐メロ。今でも、どこかで戦争中であることを忘れては
いけないのです。今でもアイエヌジーなのです。

■【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 ♪ 副調でキューふるわれに哀愁の香は漂っているのだろうか
             藤原龍一郎『夢みる頃を過ぎても』(平成元年)

 藤原龍一郎(ふじわらりゅういちろう)、昭和26年、福岡市生まれ。早大卒。
ラジオ放送のプロデューサー。
 職業柄、芸能人の固有名詞がどんどんと、カタカナもどんどんと、中に〝われ〟
もたくさん出てきてリズミカルな芝居を見ているよう。林真理子のヌードの形容
なんか笑っちゃいますね。
 作者は歌を吐き出すことで自分を調整しているのかも。

 ♪ 「がきデカ」をふたたび笑う夜にしてーさびしきせつなきはかなきわれか
 ♪ フっくん、やっくん、モッくんなどと名づけたる金魚三匹すでに死にたり
 ♪ 何告げる真夜の稲妻ポスターのエレファントマンもわれもかなしき
 ♪ 林真理子のヌードのように容赦なく秋の没陽がわれを責めるよ

■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎根本佳奈版画展「ある月夜の晩に」:6月1日(月)~15日(月)
 街を行く人も草原を歩くシロクマも、なにを考えているのでしょう。昨日や
明日のことなど、静かに語りかけてきます。根本佳奈さん、十月、初登場。

◎金姫眞作品展:6月16日(火)~30日(火)
 縦横無尽に進んでいく線、その線はちからづよく、なにかに絡まりつつ絡め
てさらに進んでいく。Kim Heejinさん、ソウルからやってきます。

 7月は、
 ◎西英一作品展「en3」:7月1日(水)~15日(月)
 ◎李元淑作品展:7月16日(木)~31日(金)
  毎回、センシティブな立体作品を展示してくれる西さん、今回はどんな作
 品を用意しているでしょうか? Lee Wonsukさんは大胆精緻な線と色合の
 木版画を制作していて、日本版画協会賞、川上澄生美術館木版画大賞等受賞
 も多い。

■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 6月・第118回日本酒の会は「群馬県のお酒」です。

 候補酒は、水芭蕉(川場村)、町田酒造(前橋市)、秘幻(長野原町)、分
福(館林市)、船尾灘(吉岡町)、桂川(前橋市)‥‥‥。

 6月27日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。おもに地元のみ流通の、おいしいお酒が登場しま
す。うるさい薀蓄なし。酒肴の持ち込み、また初めての方、大歓迎です!
 7月は「栃木県」、8月は「千葉県」のお酒の予定。
 皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。

■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎『百花十月』第9号 ¥150/1部 5月20日に発行、好評販売中!
 ポエトリ:みたま坂(野田新五)、スケッチ:蹄の音(山本佳典)、
ラテンアメリカ前衛詩人列伝9 エンリケ・モリーナ(鼓直)

◎大人の修学旅行2015年は、愛媛県松山市です。
 3日連休の中日、2015年11月22日(日)14時~、萬翠荘(愛媛県松山
市一番町3-3-7)で演奏会。終了後、居酒屋「助格」で懇親会。市内ホテルに
宿泊します。
 萬翠荘は、旧松山藩子孫の久松伯爵が別邸として建設したフランス風洋館で、
国指定重要文化財。夏目漱石が下宿していた愛松邸のすぐそばです。

■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、5月に観た映画は、

  1.僕たちの大地         11.国際市場で逢いましょう
  2.イマジン           12.追憶と、踊りながら
  3.アラヤシキの住人たち     13.ビリギャル
  4.瞳は静かに          14.チャッピー
  5.今夜、列車は走る       15.イタリヤは呼んでいる
  6.小さな世界はワンダーランド  16.サンドラの週末
  7.百日紅            17.最後まで行く
  8.ハーツ・アンド・マインド   18.あん
  9.ゼロの未来          19.私の少女
 10.真夜中のゆりかご       20.ダライ・ラマ14世
                *すかがわ国際短編映画祭 

「真夜中のゆりかご」は意外な結末にどっきり。「ビリギャル」なかなか良い。
「あん」もおすすめ。「ダライ・ラマ14世」、チベット語を学ぶ子どもたち
の輝く瞳に、いつの日か、チベットという国が地球儀に載ることを祈る思いで
一杯です。
「ハーツ・アンド・マインド」はデジタルリマスター版による復活版。40年
前のベトナム戦争ドキュメント。その時に、もっぱら空から爆弾を落としてい
た兵士の話。「自分は爆弾を落とすのがうまくて自慢だった。が、自分に子供
が生まれた今、考えると‥‥。アメリカの人々は、自分の国が焼け野原になっ
たり、目の前で子供がナパーム弾で焼け焦げてゆく姿を見ていない」そこまで
言って、彼は泣き出している。この映像はアメリカの若い人たちにみせたほう
が良いと心底思う。
 ある仏教の僧侶は、「500年も続いた仏教を阻害し、寺を壊して殺して、許
せません」と。ベトナム戦争に駆り出された兵士の中には精神を病む人が続出
したとか。また、政府高官が言っていました。東洋人の命は西洋人の命より安
いのだと。信じられますか? 日本も、これから、危ない道を歩かされそうな
気配も出てきて、各自しっかりしたいですね。

───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 少し前に、ギタリストの村治佳織さんが長崎県の五島の教会を巡る番組を観
ましたが、病を克服した彼女ならではの再生の祈りが伝わる画面でした。島の
人たちの教会での祈りの姿、久賀島の小学校の卒業式などは、遠い昔の自分の
卒業式を思い出し、今でもこんなに純な場所があるのかと感嘆しました。

 映画の欄でも触れましたが、須賀川国際短編映画祭で上映された、埼玉県加
須市の女性職員による、福島県から騎西高校に避難した町民を取材した作品に
は脱帽。監督の目線と言葉は、対象の人たちとの距離が殆どなく、自分の言葉
のようで説得力ある作品。伝えると言うことは、対象の人に自分の気持ちを着
せるようなものかもしれないと思いました。一般映画館上映の機会があること
を願ってやみません。

───────────────────────────────────
         十月通信  2015.6.10 第094号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     17時~24時(土曜・祝祭日は19時―24時)
     日曜は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○「Bar 十月」ホームページ: http://sites.google.com/site/kkmoravia/
             https://www.youtube.com/watch?v=8Y7W9QUVJJk
○「Bar 十月」紹介ページブログ: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
○「ゴールデン街」ホームページ: http://www.goldengai.net/
                 http://goldengai.jp/pg12.html