2012年2月10日金曜日

十月通信二月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      「十月通信」  2012.02.10 第054号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつも御贔屓ありがとうございます。
 2月はさすがに寒くて、辛い日々ですね。大雪の被害、たまに揺れる地震、
本当に自然の脅威に翻弄されております。人間なんて、なんとちいさな生き物
でしょう。ただただ、おろおろするばかりです。でも、もうじき春の匂いがし
てくることでしょう。みなさんにとって、春の匂いはなんですか? 沈丁花?
それとも梅でしょうか? 私にとって春は、なんとも言えないあの、埃っぽい
黄砂からはじまります。
 おしらせ欄に「新宿ブルースナイト」の案内を掲載しました。ご検討を。
 また、11日(土)の祭日は、バー十月店内で「カントリーライブ」。ギタ
ー、バンジョー、マンドリンの伴奏でわれらの歌姫が歌います。ミュージック
チャージは千円。皆様のお越しをお待ちしております。
 そして、13日(月)、14日(火)はバレンタイン・デー。お楽しみがあ
るかも。

 さて、今月のわたしの歌。

 ♪ 一時退院の友迎えての新年会睦月のおわりそばがきと酒
 ♪ ここずっと弱り目祟り目猫の目せめては肩肘張ってみようか
 ♪ 人生が全自動ならラクかもねおっとどっこい水溢れくる

 1月のおわり頃、雪の降ったあと病と闘っている友人と3人で、蕎麦屋で昼
間の新年会をいたしました。かれはとても顔色が良く、蕎麦の湯気に輝いてい
ました。まずは安心。そば湯とお酒で、乾杯。
 年明けの不況の竜巻に巻き込まれている感じですが、被災後の東北を思うと
そんなことは言っていられません。肩肘でも張ってみよう!
 人生が全自動洗濯機のようだったらと、この頃ふと思ってしまいます。そう
した人生もあるような気もしますが。どんなフィニッシュをするのでしょうか。


■【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●

 ♪ その五月われはみどりの陽の中に母よりこぼれ落ちたるいのち
                     今野寿美「花絆」昭和56年

 今野寿美(こんのすみ 昭和27年~)。東京生まれ。学生時代より作歌を
はじめ、「まひる野」に入会、馬場あき子に師事。
 上記の歌は、さらっと、自分の生まれた五月をたたえているかのようで、リ
ズムを感じます。きらきらと輝く緑の中に、珠のようにコロッと生れ、元気な
産声がこだました、そのような情景をおもい浮かべてしまいました。

 ♪木染月(こぞめづき)・燕去月(つぱめさりづき)・雁来月(かりきづき) こ
  とばなく人をゆかしめし秋
 ♪きみが手の触れしばかりにほどけたる髪のみならずかの夜よりは
 ♪追憶のもっとも明るきひとつにてま夏弟のドルフィンキック

 どれもこれも、なかなかいいですね。漢字を列挙したあとに平仮名でやさし
くまとめたり、「真夏」を「ま夏」といい、次にカタカナを配置するなんて憎
いですね。恋愛の仕草も、とっても素敵です。


■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎李容旭(Lee Young uk)個展: 2月1日(水)~29日(水)
 映像作品2点と写真を展示しています。映像は、店内に置いた小さなモニタ
ー2台で、静かにエンドレスで流しています。

 ▼3月は写真展です。前半と後半に分けての展示です。
  西村彩子写真展: 3月 1日(木)~15日(木)
  海原修平写真展: 3月16日(金)~31日(土)
  分野は違いますが、お二人とも、いい写真を撮るカメラマンです。どんな
 作品をもってみえるか、楽しみです。


■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 2月の日本酒の会は、「千葉県のお酒」です。
 候補酒は、福祝(君津市)、木戸泉(いすみ市大原)、岩の井(夷隅郡御宿
町)、月を友として風に交わる(印旛郡酒々井町)、幽雅(印旛郡酒々井町)、
東薫(香取市佐原)、吉寿(君津市)、旭鶴(佐倉市)‥‥。

 2月25日(土) 午後7時頃~、当店「Bar 十月」で。
 会費は2,500円、酒肴付。
 おもに地元のみ流通の、おいしいお酒も登場します。うるさい薀蓄なし。皆
様、いっしょにおいしいお酒を飲みましょう。

 3月は「三重県」、4月は「鳥取県」、のお酒の予定。


■【おしらせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎「十月 Valentin Live」:ギター抱えて、那美ねえさんがやってくる!
 2月11日(土) 7時30分~、8時45分~
 ブルーグラスやカントリーの曲の数々を、バンジョー、マンドリン、ギター
にのせて、われらが歌姫、那美ねえさんが歌います。ギター・ヴォーカル:秋
元那美、バンジョー:内田眞介、マンドリン:松宮正典。
 みなさん、おいでください。

◎ゴールデン街恒例の「新宿ブルースナイト」が今年も!
 2月26日(日曜日) 16:00~21:00 ¥7000(全席指定)
 全労済ホール/スペース・ゼロ(渋谷区代々木2-12-10、新宿南口徒歩5分)
 出演は、宇崎竜童、リリィ&洋士、中山ラビ、恭子バンド、根岸季衣&BLUES
ROADなどなど。
 当店も参加します。参加される方は15日までに、当店に、入場料を添えてお
申し込み下さい。


■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、1月に観た映画は、
   1. 善き人           13. はさみ
   2. 運命の子          14. ピアノマニア
   3. ミラノ・愛に生きる     15. アニマル・キングダム
   4. ロンドン・ブルバード    16. 果てなき路
   5. 卵             17. ジャックとジル
   6. ミルク           18. パーフェクト・センス
   7. ヒミズ           19. ジェイ・エドガー
   8. マイ・ウェイ        20. 真珠の耳飾りの少女
   9. ミッション・インポッシブル 21. ラルジャン
  10. 哀しき獣          22. スリ
  11. デビルズ・ダブル      23. しあわせのパン
  12. ロボジー          24. DXな日々美んちゃんの場合

 「卵」、「ミルク」は共に、トルコのセミフ・カプランオール監督の、静謐
で厳かな気流が観客席迄辿り着くような作品。映像を消して音だけで想像させ
るシーンはなかなかなものです。とても品の良い、上質な作品。
 「哀しき獣」の原題はThe Yellow Sea(黄海)。なぜ原題のままでなかっ
たのでしょうかね、そのほうがよかったのに。残念。監督はナ・ホンジン、あ
の「チェイサー」の監督。やはり凄い!
 「ロボジー」はとにかく最高! 面白いです。一週間以上、思いだし笑いが
楽しめる作品。ご家族でどうぞ。
 「スリ」、「ラルジャン」のなかで、いつも紙幣がクシャクシャで、フラン
ス人は常にお札をクシャクシャにするのだろうか? 日本人は随分と大事に伸
ばして使うよな、などと思ってしまいました。
 「アニマル・キングダム」は、次回作が楽しみになる見応えのある作品。最
後のシーン、主人公の唯一の主張が映っていて、すべてはあの1秒のためにあ
るという感じ。お勧め。
 あまりにも多くて。1本、1本コメントしたいのですが残念。今回は秀作揃
いでした。


───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 2月に入っても本当に不景気で、当店も冬眠状態です。不景気をひしひしと
感じています。みなさまも本当に今が試練の時です。生きていればいつか良い
ことがあると信じて、春の風を待ちましょうね。

 BSで「スマイルアフリカ」を観ました。
 ケニアのスラム街に住む子供たちに、日本の家庭から回収した靴を贈るプロ
ジェクトを追ったドキュメンタリー。ケニアの子供たちの瞳が、劣悪な環境に
もめげず、なんときれいに輝いていたことでしょう。唯一、救われますね。貧
困問題も環境、ゴミ問題も政治と行政の至らない結果だと思いますが、目を背
けないで、多くの人が現状を知ることが大切なことだと思うのです。
 美しい夕空に、一番星が、希望の星のごとくに輝いていたのがとても感動的
でした。

───────────────────────────────────
         十月通信  2012.02.10 第054号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     17 時―24 時(土曜・祝祭日は19 時―24 時)
     日曜は休みます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○「Bar 十月」ホームページ: http://sites.google.com/site/kkmoravia/
○「Bar 十月」紹介ページブログ: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
○「ゴールデン街」ホームページ: http://www.goldengai.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿