2015年4月11日土曜日

十月通信4月号 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        十月通信   2015.04.10 第092号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつもご贔屓いただきありがとうございます。
 桜のレビュー公演も10日ほどで終わりました。みなさま、それぞれの形で
花見をされたと思います。歩きながらの、ゴザを敷いて酒を片手の‥‥、みな
さんはどんな情景の桜を愛でましたでしょうか。今年もつつがなく過ごし、ま
た来る春の、桜を待ちたいものです。
 さて、今月のわたしの歌。

 ♪ 限りなくドライフルーツなワタクシです甘さ控えめ少し辛口
 ♪ 嗚呼楽チントイレも風呂も気兼ねなしひとり暮らしの色はなに色?
 ♪ ラジオ体操すればいっとき若返りあとはゆるっともとの身体に
 ♪ 君と歩く桜並木はちりぬるをわれら葉桜すこし輝き
 ♪ 人生の交叉点ですこの店はアラフォー女子にみたびの恋か
 ♪ 強面の壮年の手に「野鳥の本」顔で読むのじゃないのだけれど

 私もここまで生きてきて、嬉しいのや悔しいのや恥ずかしいのやいろんな味
を経験してきましたが、このごろの独り暮らしの喜怒哀楽です。怒と哀が多い
でしょうか。喜楽が不足気味。ところで、そんな日々の生活のなかで、ラジオ
体操も4年ぐらい続けています。が、このごろ手抜きなどしながら。
 団塊族らしき二人連れをよく見かけます。ひそかに「葉桜セット」と命名し
ています。
 当店の素敵なアラフォー女性が新しい恋をゲットして、彼女曰く、「バー十
月は交叉点」ですと。電車内で、目の前に『野鳥の本』、なんて素敵な本だろ
うと思って見上げましたら、とてもいかつい背広のオッさん。なんだか、ホン
ワカ気分に。

■【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 ♪ プロコフィエフの音符を咽喉につまらせた感じだろうか三十歳は
                荻原裕幸『世紀末くん!』(1994年)

 荻原裕幸(おぎはらひろゆき)、1962年、名古屋市生まれ。愛知県立大卒。
 この歌集での彼の歌はカタカナがあちこちに頻出し、さりげなさそうに踊っ
ています。たとえば、恋人との距離感もなんだか、ポキポキ折れそうで折れな
い‥‥。そんな、スマートな青年の日常を演じているような感じも伝わってき
ます。ちょっぴり倦怠感も。

 ♪ 天王星に買った避暑地のあさがほに夏が来たのを報せておかう
 ♪ 目覚めるときときどき白い鰐になる恋人にアダージョの十月を
 ♪ はつなつのあをを含んで真夜中のすかいらーくにゐる生活を
 ♪ 恋人がユニオンならばGFはたぶんジャックとなる夏の午後

■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎まつもとのぶこ展「アントラー」:4月1日(水)~15日(水)
 アントラー (antler)=鹿の角! をテーマにした作品を10点ほど展示し
ています。
◎向瀬杜子春写真展「サンタリークリクラ~サンタルの子どもたち」:
 4月16日(木)~30日(木) インドの少数民族サンタルの子どもたち
との出会いの軌跡、その10余年を点描した写真を展示します。

 5月は、
 ◎恩田好子個展:Deat Drops‐愛のかけらの物語:
  5月1日(金)~15日(金)
 ◎今井恭司写真展: 5月16日(土)~30日(土)
  恩田さんは北森みおによる短編小説の挿絵を中心とした作品、今井さんは
 素敵な写真を準備中です。

■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 4月・第116回日本酒の会は「山梨県のお酒」です。

 候補酒は、青煌(北杜市)、腕相撲(笛吹市)、榊正宗(南アルプス市)、
甲斐の開運(南都留郡富士河口湖町)、武の井(北杜市高根町)、梅が枝(南
巨摩郡富士川町)‥‥‥。

 4月25日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。おもに地元のみ流通の、おいしいお酒が登場しま
す。うるさい薀蓄なし。酒肴の持ち込み、また初めての方、大歓迎です!
 5月は「石川県」、6月は「群馬県」のお酒の予定。
 皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。

■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎大人の修学旅行2015年は、愛媛県松山市です。
 3日連休の中日、2015年11月22日(日)14時~、萬翠荘(愛媛県松山市
一番町3-3-7)で演奏会。終了後、居酒屋「助格」で懇親会。市内ホテルに宿
泊します。萬翠荘は、旧松山藩子孫の久松伯爵が別邸として建設したフランス
風洋館で、国指定重要文化財。夏目漱石が下宿していた愛松邸のすぐそばです。

■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、3月に観た映画は、

  1.くちびるに歌を       12.特殊身分スペシャルID
  2.ソロモンの偽証前編     13.陽だまりハウスでマラソンを
  3.風に立つライオン      14.パリよ、永遠に
  4.人の望みの喜びよ      15.唐山大地震
  5.カフェ・ド・フロール    16.ブルックリンの恋人たち
  6.忘れないと誓ったぼくがいた 17.スーパーローカルヒーロー
  7.幕が上がる         19.カニを喰べる
  8.博士と彼女のセオリー    18.イミテーションゲーム
  9.あしたになれば       20.妻への家路
 10.振り子        21.シェフ三ツ星フードトラック始めました
 11.サムライフ

「くちびるに歌を」は久々に感動。長崎の美しい景色の中での、思いやりのあ
る言葉。特に、障害者の兄をもつ少年の言葉に全てが集約されているような気
がする。とにかくおすすめ。歌って、たくさん言葉をかさねるよりも説得力が
ありますね。
「ソロモンの偽証」は後編が待ち遠しい、主役が主役であることに納得。
「イミテーションゲーム」ベネディクト・カンバーバッチの当たり役でしょう。
「博士と彼女のセオリー」主役の演技力は確かに凄いものです。
「妻への家路」人を思い続けることの切なさがひしひしと。
「陽だまりハウス‥‥」「シェフ三ツ星‥‥」もおすすめです。

───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 映画「くちびるに歌を」を観たときつくづく思いましたが、あの五島の風景
は、人の心を濾過する作用があるようです。川崎の少年事件を思い出し、あの
被害者少年も、あのまま島にいたらよかったのに、と悔やまれてなりません。
燃えるような緑の草原と光る海と風とが、少年たちの心を癒しているでしょう。

 さて、当店もお陰さまでこの7月に10周年を迎えます。これもひとえに皆
さまのおかげです。本当にありがとうございます。そこで、7月18日に記念
パーティーなど考えております。詳細は追ってご案内申しあげます。
 みなさま、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

───────────────────────────────────
         十月通信  2015.4.10 第092号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     17時~24時(土曜・祝祭日は19時―24時)
     日曜は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○「Bar 十月」ホームページ: http://sites.google.com/site/kkmoravia/
○「Bar 十月」紹介ページブログ: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
○「ゴールデン街」ホームページ: http://www.goldengai.net/
                 http://goldengai.jp/pg12.html

0 件のコメント:

コメントを投稿