2016年8月11日木曜日

十月通信8月号



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        十月通信   2016.08.10 第108

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつもご贔屓ありがとうございます。
 今月は、月初めから体温以上の猛暑でへばり気味ですが、皆さんはお元気で
すか。戦後71年になる今年、あの日より、誰も戦争に取られることなく戦後
生まれも既にシニア、高齢者の仲間入りをして、とにかくも平和な日々を闊歩
できております。この先も戦後何年という数字が加算されていくことを願って
やみません。
 さて、今月のわたしの歌。

  平成の玉音放送かのひとも吾れも人の子八月八日
  未だなおおおきな波に浮いてます早逝の夫ずうっと三十
  ラビライブその音響の冷めぬうち一杯やろう若きも私も
  ワイン飲みつつ鳳仙花聴く地下ホール歌手もわたしも今年も魔女に
  とある朝ミニ植物の定住地さがしさがして部屋のあちこち

 映像で敗戦の日の玉音放送というものをよく観ますが、まさか自分もそれに
浴することがあるなんて思いもしませんでしたが、やはり陛下も人間ですし、
人の親です。妙に納得している自分がいました。
 人生には、齢の節目節目に、大台に乗ったとか言います。なんどその大きな
波に乗ってきたでしょう。写真の亡夫はずうっと若いまま。
 ここ数年、中山ラビさんのライブを堪能させてもらっていますが、本当に魔
女です、彼女は。首を垂れて聴くわたしも、ワイン片手の魔女です。
 たまの休みの早朝に、小さな鉢物の観葉植物を、家の中あちこちに置き換え
ては、矯めつ眇めつし、定住の場所を探し狭い部屋をちょこちょこと動かす。
何気ない平和を実感。

【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●

  いくばくか距離もち君と木に倚ればこの距離のままの行末ならむ
             中野照子「湖底」昭和39年 初音書房

 中野照子(なかのてるこ)、昭和2年、滋賀県生まれ。敦賀高女卒。
 昭和24年、米田雄郎(ゆうろう)に師事、「好日」に入る。自然主義的な
写実詠をめざす。第4歌集「秘色の天」で日本歌人クラブ賞。歌集に「湖底」、
「しかれども藍」、「まぼろしの朱」など。
 作者の若い頃の歌とのこと。ゆらゆら揺れる恋心か、初々しい心と冷静な読
みがうごいています。
 『東日本大震災歌集』2013に、「フクシマ」と書き記さるるや「ヒロシ
マ」と同じカタカナ四文字に「フクシマ」と、の歌あり。
  無精卵のごとくさみしき匂ひして幾日風なき夜のみづうみ
  風はやき坂道にて涙こぼしつつ母に告げ得ぬこといくつ持つ
  数しれぬ骸のたぐひねむらしめどの海もつねに青し地球儀
  つひの救ひとなることもなき胸ながら寄りゆけば人間の暖かさなり

【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
新川佳代子個展-Flat Chest-:8月1日(月)~15日(月)
 ウイスキーの瓶やらビール缶やら猫やらを描いたイラスト展。大きい作品か
ら小品まで。初々しい線描をご覧ください。

松元康太&赤津正人「こーた&まじぁと」2人の絵画展
 ~ふるふるカラフル~:8月16日(火)~31日(水)
 作品の多くを2人で共同で制作している松元、赤津さんは、十月では3回目
の展示です。今回もポップで楽しい絵を用意しています。

 9月は、
 佐藤かおり作品展「suger & spice」:9月1日(木)~15日(木)
 犬飼三千子作品展:9月16日(金)~30日(金)
  佐藤かおりさんは雑誌にお洒落な挿画を描いている絵描きさん。犬飼三千
 子さんの宇宙? をモティーフにした小品版画はいつも素敵です。

【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 8月・第132回日本酒の会は「新潟県のお酒」です。
 候補酒は、清泉(長岡市)、吉乃川(長岡市)、鶴齢(南魚沼市)、麒麟山
(阿賀町)、麒麟(阿賀町)、鶴の友(新潟市)、山間(上越市)、雪中梅
(上越市)、越の寒中梅(小千谷市)‥‥
 8月27日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。

 7月「福島県」は、七重郎(特別純米無濾過生詰原酒)、天明(純米吟醸本
生)、寫樂(純米吟醸)をいただきました。
 9月は「広島県」、10月は「富山県」のお酒の予定。毎月、月末の土曜日
に開催。皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。

【おしらせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
1.東京湾水上バスクルーズ 9月11日(日)1430
 JR両国駅改札口14時30分集合(乗船15時~18時) 
 十月お申込み10,800円。女装バー「粧」主催、さまざなな素敵な方が乗船
します。国技館近くの埠頭から、貸切船で東京湾クルージング。ご一緒しませ
んか。お申込みは8月20日まで、当店に。

2.Bar十月オリジナル扇子、注文受付中!
 若い女性アーティスト3人が、心を込めて、十月扇子制作しました。限定品、
お申し込みは店主まで。

【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、7月に観た映画は、

  1.ブルックリン         10.フェイク
  2.クリーピー          11.幸福は日々の中に
  3.好きにならずにはいられない  12.ラサへの歩き方
  4.フラワーショウ!       13AMYエイミー
  5.火の山のマリア        14.ヒメアノール
  6.ビヘイビア          15.ふきげんな過去
  7.彦とベガ           16.パーフェクト・ガイ
  8.いしぶみ           17.わたし生きていてていいの
  9.ラスト・タンゴ
 「火の山のマリア」はグアテマラ人監督の作品。マヤ文明の地に今を生きる
マヤ人の17歳の少女の話だが、スペイン語を話せない不遇に見舞われながら
も、両親とともに前を向いてゆく姿に関心しました。日本初のグアテマラ映画
だそうです。
 「ビヘイビア」は麻薬中毒の母を支えながら、悪の温床のような環境に生き
るキューバの少年とその担任の女性教師が、とてもよく描かれている。
「ラスト・タンゴ」マリア・ニエペスとフアン・カルロス・コペスとの、50
年に及ぶダンス人生のドキュメント。80歳を過ぎてもそのステップは悩まし
く、怪しげに、機敏に動くのだ。彼女曰く「老女でも舞台の上では戦うライオ
ンよ」とか「憎しみも懐かしさのあまり忘れてしまうわ」とか。ふうん、なる
ほどなるほど!
「クリーピー」はとにかく怖い。「いしぶみ」は40年ぐらい前の松山善三監
督と杉村春子の作品を、是枝監督が綾瀬はるかでリメイク。何も言うことあり
ません。ずうっと胸がしめつけられっぱなし。杉村春子といい、綾瀬はるかと
いい、広島のあの日を読み伝えるのには広島生まれの人が一番です! 
 全体に7月に観た作品は秀作ばかりでした。 

───────────────────────────────────

━┛━┛━┛━┛
 ある日の土曜日、点けていたテレビから、ハッとするような歌声が聞こえて
てきて、思わずテレビの前にすすみ出て、真正面に座り直しました。演歌でし
た。なんという艶やかな声、嫌みのない高音、東北の山の峰々を撫でてゆくよ
うな歌い方に、歌い手の心が詰まっていると実感しました。その人は次に「南
部牛追唄」を。わが涙腺のスイッチを知らず押されてしまいました。
 その人の名前は「福田こうへい」という方でした。めずらしく名前をすぐ覚
えました。自分もやっぱり日本人なのだなぁと、つくづく思った夏の午後でし
た。
 今年も、中山ラビさんの歌声を堪能することができました。7月終わりのラ
イブは、都知事選の投票日にもかかわらず盛況で、根強いファンの多さを物語
っていました。彼女の「鳳仙花」は絶品。梅津和時さんのむせび泣くようなサ
ックスの音、高橋さんの凛としたピアノの音に囲まれて、ラビさんは魔法使い
のように見えました。いつまでも頑張って欲しいひとりです。
 昨日、8月9日の長崎原爆追悼式典にて、当店のお客さまでもある井原東洋
一さんの真摯な誓いの言葉を聞くことができました。感動いたしました。

───────────────────────────────────
         十月通信  2016.08.10 第108
発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
営業日:月曜~土曜 17時~24時(土曜は1924時)
     日曜・祝祭日は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Bar 十月 ホームページ : http://sites.google.com/site/kkmoravia/
十月通信 back number: http://ju-ga-tsu.blogspot.com

0 件のコメント:

コメントを投稿