2017年6月9日金曜日

十月通信6月号



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        十月通信   2017.06.10 第118号
                 発行:Bar 十月(新宿ゴールデン街)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつもご贔屓ありがとうございます。
 このところ、晴天続きでご機嫌ですが、雨も必要な方も多いと思います。先
日訪れた新潟県高柳町は途中、六日町や十日町などを通過しました。水が張ら
れた水田がキラキラ輝き、天をさして高く咲く薄い紫の桐の花は大きく見事で
した。今でも娘が生まれると桐を植えるのでしょうか。その昔、桐は、嫁入り
の箪笥を作る材とするために植えたそうな。桐のあるお家には娘ありですね。
素晴らしい日本の原風景を見たような気がしました。
 ご参加いただいた方ありがとうございました。
 さて今月のわたしの歌です。

 ♪ 山間の宿の廊下は畦道で畳は田圃落ちないように
 ♪ 団塊が揃って♪高校三年生 歌っていいとも酒もいいとも
 ♪ ウグイスもホオジロも啼けカッコウもわれらは踊れじょんのびの里
 ♪ 新宿の夜はどこかの遠い街つばめ掠めて棚田の早苗
 ♪ 桐の花そこここに咲く山里にふと口をつく嫁入り箪笥
 ♪ 行くところ過ぎるところの万物よただそこにある数多のみどり

 大人の修学旅行」は4年前の9月に訪れた新潟県柏崎市高柳町ににある農村
リゾート「じょんのび村」への再訪。万緑のなか、バスは軽快に走り、高校生
時代を思い出しました。オリジナル愛唱歌集など手にして、本当にゆったりし
た旅で、まさに命の洗濯でした。

【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●

 ♪ 飛ぶ雪の越の果てなる木の芽坂妻なき鬼が哭きつつぞ棲む
                   武下奈々子「樹の女」昭和63年

 武下奈々子 (たけしたななこ)。昭和27年、香川県多度津生まれ。
 二十歳の時上京、同時に短歌を発表し始める。昭和55年、結婚を機に福井
県に移り住む。日本海の寂しい海の色と、そこに土や樹や風や季節とともに住
む、女の強さを感じます。

 ♪ 吃水を越ゆるいらいらもやもやに土間の馬鈴薯芽を吹き出す
 ♪ 軍艦と烏賊釣り船がさりげなく行き交ひてゐる日本海です
 ♪ ひかり生れ草生れ木生れ黒土はうねりて春の乳房となれり
 ♪ 朝に日に花浴びをればいにしえの一揆の村はやまつみの界

■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎荻嶋あつみ木版画展「あなたのいない夜」:6月1日(木)~15日(木)
 あなたのいない夜はどんな夜でしょう。荻嶋あつみさん、十月展初めてで、
素敵な木版画を展示しています。

◎斉藤嶽堂写真展「ふくろうたち 深山の一会」:
 6月16日(金)~30日(金)
 斉藤嶽堂さんは写真。八ヶ岳をフィールドとして「ふくろう」を撮っていて、
写真集も何冊か出しています。

 7月は、
 ◎恩田好子展「Monophonic Monologue」:7月1日(土)~15日(土)
 ◎長嶋貴子展「SUMMER」:7月18日(火)~31日(月)
  恩田好子さんは「モノクロの線画でひとりごとのようなモチーフを、しか
 しながら人に届くような声でしゃべったり歌ったりしている、そういう絵で
 す」。長嶋貴子さんはガラス作品を作っています。今回は、手描きのバッグ
 やTシャツ、そしてガラスの作品を準備しています。

■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 6月・第142回日本酒の会は「青森県のお酒」です。
 候補酒は、岩木正宗(板柳町)、じょっぱり(弘前市)、 菊駒 (五戸町 )、
如空(五戸町)、駒泉 ( 七戸町 )、菊乃井(黒石市)、 亀吉 ( 黒石市 )。
 6月24日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。

 5月「北海道」は、国士無双/特別純米、國稀/特別純米、北の勝/本醸造
をいただきました。7月は「静岡県」、8月は「京都府」のお酒の予定。毎月、
月末の土曜日に開催。皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。

■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて5月に観た映画は、
  1.クーリンチ          9.ブルーに生まれて
  2.ろくでなし         10.シーモアさんと、大人のための
  3.八重子のハミング        人生入門
  4.ワイルド・スピード     11.夜に生きる
   ICE BREAK         12.バーニング・オーシャン
  5.追憶            13.viva!公務員
  6.マンチェスター・バイ・ザ・ 14.光をくれた人
   シー            15.光
  7.STOP            16.オリーブの樹は呼んでいる
  8.トンネル 闇に鎖された男

「ブルーに生まれて」のイーサン・ホークが好演、うまく歳を重ねているよう
だ。「シーモアさん~」は、とても説得力あり。後進指導のために尽力する老
ピアニストには頭が下がる思い。
「viva!公務員」はイタリアでの優遇される公務員を風刺していて愉快。「夜
に生きる」は、一途なヤクザの愛を描き、キューバでのシーンも観ることがで
きて面白い作品です。
 今年も須賀川国際短編映画祭で、上質な作品を観ることができ感動でした。
「涙に浮かぶ記憶 戦争を次世代へ伝えて」は特に秀逸。長崎の女子中学生の
作文を映画化したもの。戦地から生還したにも関わらず地元の人の冷たい視線
を浴びたという曽祖父からの話や、自ら特攻隊の生存者を取材する彼女の努力
は関心です。二十歳前後で死にゆく若者の心情にも触れていて、戦争街道を走
らされそうな今時の中学生以上の若者に是非是非観て欲しいです。戦争は本当
に怖いのです。

───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 「大人の修学旅行」第10回目も無事終わりました。新潟県柏崎市高柳町の
「じょんのび村」は、見渡す限り万緑の中にあり、平和である幸せをつくづく
実感しました。
 世界のあちこちで家を追われ、緑も破壊されたニュースを目にしますが、目
の前に緑が輝き、幼児が描いた絵のような白い雲がポッカリ空に貼り付いてい
るのを見ながら、みんなで食べる朝食はとても美味しく、あちこちから「お代
わりくださぁい!」の声が。前の晩、あんなにどぶろく飲んだのに‥‥。
 とにかく、きれいな空気、緑、雲、すべすべ温泉……、ゆったり「じょんの
び」でした。また、今回、みんなで歌う愛唱歌集作ってくださった方には感謝
感謝です。「大人の修学旅行」ラスト版の良い記念になりました。ありがとう
ございました。
 先日、銀座の東映映画館でみた”鑑賞マナー”に感服! なんと、帽子を取
るように促しているのです。この頃、帽子族が多く上映中にも外さない人もい
て、後ろに座るものにとって最悪。よくぞ注意してくれたとパチパチでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         十月通信  2017.06.10 第118号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜 17時~24時(土曜は19時―24時)
     日曜・祝祭日は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Bar 十月 ホームページ : http://sites.google.com/site/kkmoravia/
十月通信 back number: http://ju-ga-tsu.blogspot.com

0 件のコメント:

コメントを投稿