2012年5月15日火曜日

十月通信 五月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      「十月通信」  2012.05.10 第057号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつも御贔屓ありがとうございます。
 先日、念願の福島県にある「三春の滝桜」に会いに行きました。千年もの歳
月を経たというこの桜、「にっぽん昔話」のなかにずーっと生きていたような
趣があります。滝桜に「謁見する」という感じでした。
 沢山の枝を振りつつ、「もっと近う寄れ」と言っているようでした。見ると
いうよりお目通り、会いにゆく桜。この樹がここまで生きてきた千年に敬意を
はらいつつ、会いに行くのです。みなさまも機会がありましたら是非!
 さて、今月のわたしの歌。

 ♪ その人は季節の隙間を縫って来た春雷雹と風と乙女と
 ♪ 風まじえ雹降る夜をわが店にたどりつきたる二人の乙女
 ♪ 嗚呼シニアさっき思ったことだって五月の風に飛ばされちまったよ
 ♪ いざゆかん樹齢千年滝桜悔いなき晩春(はる)の朝の謁見

 あるお客さんが、素敵な乙女を二人伴っていらっしゃいました。その日は雷
が鳴り、ヒョウが降り、雨が降り、さんざんな変化に富んだ一日で、彼曰く、
「季節の隙間を駈けて来た」。あまりにもすてきな台詞で、これはいただき。
 この頃、なんでもかんでも直ぐに忘れてしまうのです。嗚呼。
 先日、あこがれの三春の滝桜に会いにゆきました。千年もの間、スクスクと
生きながらえているということは、地元の方々が、いかに大事にしてきたかと
いうことですね。桜は、土地の長のように、人びとの悲しいことや嬉しいこと、
愚痴やさまざまな囁きに耳を傾けているかのようでした。
 皆さんも一度は是非、お目通りしてみてください。


■【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●

 ♪ わが妻は畳の上で子を産みぬかつての下宿のごとき部屋なり
                  大島史洋「わが心の帆」昭和51年

 大島史洋(おおしま しよう 昭和19年~)。岐阜県中津川生まれ。早大修
士了。歌は妻の出産を詠ったものですが、つましく暮らしている様子が伺えて
好ましく思います。昔は、産婆さんが家に来て、家中の者が新しい命の声を待
ち望んでいました。そのような臨場感があり、優しい歌。

 以下のような歌も。妻を大事に思っている様子が手に取るよう。昔の男のよ
うな感じもないことはないですが、やはり戦後世代といった雰囲気が伝わって
きます。
 ♪ 産み終えて仁王のごとき妻の顔うちのめされて吾はありたり
 ♪ とびこえて無視してゆかんいくつかを妻となる君早くおぼえよ


■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎山田洋子コミックイラスト作品展:5月 1日(火)~31日(木)
 ウサギやキツネ、干支の動物たちを擬人化したコミックイラスト、そして、
いま現在われわれが生きている町の、人の集まるファスト・フード店内などを
活き活きと描いたポップな作品を展示しています。

 ▼6月は、又村統さんの作品展です。1日(金)~30日(土)の予定。
  昨年は、新宿界隈の酒場などに集まる有名、無名の人々の顔を描いた作品
 を展示していただきました。楽しい画でした。さて、今年は?


■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 5月の日本酒の会は、「愛知県のお酒」です。
 候補酒は、奥(幡豆郡幡豆町)、長珍(津島市)、勲碧(江南市)、鷹の夢
(名古屋市)、明眸(瀬戸市)、金虎(名古屋市)、孝の司(岡崎市)、金銀
花(一宮市)、菊石(豊田市)‥‥。

 5月26日(土) 午後7時頃~、当店「Bar 十月」で。
 会費は2,500円、酒肴付。
 おもに地元のみ流通の、おいしいお酒も登場します。うるさい薀蓄なし。皆
様、いっしょにおいしいお酒を飲みましょう。

 6月は「大阪府」、7月は「奈良県」のお酒の予定。


■【おしらせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎Bar十月「大人の修学旅行」、7月7日(土)に決定!
 場所は、群馬県猿ケ京。関東と越後をむすぶ三国街道沿いの温泉郷。江戸の
昔には参勤交代の宿場でもありました。
 日にちは、7月7日(土)~8(日)。土曜日の朝、新宿を貸切バスで出発
し、日曜日にバスで新宿に帰ってきます(現地集合、現地解散の方もどうぞ)。

 河村典子さんのヴァイオリン・コンサート(「みなかみ町カルチャーセンタ
ーホール」群馬県利根郡みなかみ町上牧 tel:0278-20-4040)のあと、宿泊ホ
テルに移動して温泉、そして宴会。コンサートからの参加も歓迎です。
 宿泊は「ホテル シャトウ猿ケ京 咲楽(さくら)」(みなかみ町相俣248
tel:0278-66-1151)。
 新宿からの交通費、宿泊、宴会(朝食)、コンサートで2万円ほどの予定。

 初夏の緑が美しい季節。またホタルの季節でもあります。みなさま、いっし
ょに行きましょうね。


■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、4月に観た映画は、
   1.ドラえもん          8.アンネの追憶
   2.スーパー・チューズデー    9.アーチスト
   3.ヘルプ           10.超能力者
   4.別離            11.捜査官X
   5.ジョン・カーター      12.裏切りのサーカス
   6.私の叔父さん        13.カエル少年失踪殺人事件
   7.アポロ18

 「別離」はイラン映画、年寄りを抱える家族の話が軸。介護の女性が自らの
宗教上の規範から介護に支障をきたしたり、日本では想像ができないような場
面に吃驚する。熱心な信仰というものに考えさせられる作品。秀逸!
 「裏切りのサーカス」、久々に頭の体操をした感じがあり、面白かった。ト
ーマス・アルフレッドソンは中々、次回作も楽しみな監督。俳優が渋い名優揃
いで、完成度の高い映画と思う。
 「アーチスト」は兎に角、映像が奇麗。モノクロって美を引立てますね。


───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 昨年秋の当店の「大人の修学旅行」。長崎での河村典子さんのヴァイオリン
演奏に感動された地元の方々が、再度彼女を招いて、「聖フィリッポ教会26
聖人に捧げるバッハ」演奏会が、去る4月15日に行われました。とても嬉し
いことなので、私も長崎に行って、聴いてきました。
 聖フィリッポ教会はとても可愛い教会で、アットホームな感じでした。教会
には、来日して50年のメキシコ人神父さんがいらっしゃいました。ミッショ
ンということでしょうが、人生の殆どを異国の地で暮らすというのは、それ自
体が殉教のような気もいたします。頭が下がります。
 河村さんの演奏は、いうまでもなく心に響いてきました。

 冒頭でも取り上げましたが、かねてよりあこがれの、三春の滝桜に会うこと
が出来てとても嬉しかったです。樹が意思をもって、丁寧に歳を重ねていると
いう気がいたしました。きっと、夜には、ちいさな声で、土地の人々や草や木、
虫やら生きているものすべてに、お話しているような気がしました。

───────────────────────────────────
         十月通信  2012.05.10 第057号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     17 時―24 時(土曜・祝祭日は19 時―24 時)
     日曜は休みます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○「Bar 十月」ホームページ: http://sites.google.com/site/kkmoravia/
○「Bar 十月」紹介ページブログ: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
○「ゴールデン街」ホームページ:http://www.goldengai.net/shop/b/16/

0 件のコメント:

コメントを投稿