2012年6月13日水曜日

十月通信 六月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      「十月通信」  2012.06.10 第058号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつも御贔屓ありがとうございます。
 いよいよ梅雨到来で、毎年のことながら、じっと我慢のじっとりしたナメク
ジの気分です。ワープロのように、雨→晴れ、に変換出来たら良いですね。五
月と言えばさわやかなイメージですが、今年は、雨にたたられ、走り梅雨のよ
うでした。
 そんな中、時たま吹く緑を揺らす風を受けて、ビールを飲みながらの、航空
公園野外音楽堂でのカントリー・ライヴは、とっても気持ちの良い時間でした。
音楽と風とビールは最高です。皆さんの五月はどうでしたか。
 さて、今月のわたしの歌。

 ♪ 野辺送り早緑ひかり風さわぎ宝剣岳に霞む昔日
 ♪ 夕間暮れ六月の田に蛙鳴く畔に忘れた古いスコップ
 ♪ 嗚呼トマト今は薄紅なでてやろ明日は都会か売れるといいね
 ♪ 麦藁にオクラの花のブローチをつけて澄まして新しき人

 つい先日舅が亡くなりました。長野県での農村暮らしを想いだしました。
 そこは、中央アルプスの麓の町で、天竜川の音もかすかに聞こえるのどかな
田園地帯。トマトの出荷なども夜なべでしていました。その時、トマトをひと
つひとつ奇麗に拭いて箱に並べるのですが、手が青く汚れてくるのです。そし
たら、姑が、作業終了後にトマトで手を拭いて、汚れの取り方を教えてくれま
した。農家の人は本当に賢いのだなあと思いました。
 毎年、農事日記とやらを付けていて、それに則(のっと)って作業を進めて
いるようでした。また、はじめて見たオクラの花のなんと強烈に派手で奇麗な
こと。アフリカ原産だそうです。
 もう、そこも、遠い場所になりそうです。

■【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●

 ♪ ひまはりのがくんとキリストが千体
                 井上菜摘子「さくらがい」平成23年

 井上菜摘子(いのうえなつみこ 1944年~)。京都市生まれ。現在亀岡市
在住。この欄はいつも短歌なのですが、つい最近目にした、菜摘子さんの俳句
に、新鮮な浮力のようなものを感じました。
 俳句が持っている切れ味とシャープなイメージとはちょっと違って、上手く
説明出来ませんが、色彩美しく、風が吹いて、そこに詠まれている草花や虫や
ひとびとは、面白い社会性を持っていて、楽しい。みずみずしい。とてもいい
句ばかりで、ここに選ぶのに悩みました。
 兄、弟、妹さんがおられるようで、仲良しの家族が目に浮かびます。

 ♪ もういくつ蛍を足せば母が来る
 ♪ 蟻の列機械油の匂ひする
 ♪ みんみんや要点だけでいいのです
 ♪ 和箪笥のいちばん下は母の梅雨
 ♪ 表札に亡父が居り謹賀新年
 ♪ 草笛を吹いて浮力をとりもどす
 ♪ 結論をだした順からポピー咲く
 どれもこれも、味わい深く、すばらしい。私の好きな句です。


■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎又村統作品展 1日(金)~30日(土)
 「顔」をモチーフにしたレリーフ作品を十数点展示しています。どの作品も、
色彩も形もよくて、みていて楽しく、じぶんの部屋におきたくなる作品です。

 ▼7月は、中野耕一作品展です。2日(月)~31日(火)の予定。
  時代小説やファンタジー小説の挿絵でも活躍している中野さん、最近の作
 品を展示します。


■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 6月の日本酒の会は、「大阪府のお酒」です。
 候補酒は、呉春(池田市)、利休梅(交野市)、片野桜(交野市)、近つ飛
鳥(羽曳野市)、浪花正宗(阪南市)、篁(岸和田市)、凡愚(茨木市)‥‥。

 6月30日(土) 午後7時頃~、当店「Bar 十月」で。
 会費は2,500円、酒肴付。
 おもに地元のみ流通の、おいしいお酒も登場します。うるさい薀蓄なし。皆
様、いっしょにおいしいお酒を飲みましょう。

 7月は「奈良県」、8月は「滋賀県」、のお酒の予定。


■【おしらせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎Bar十月恒例の大人の修学旅行は、「Bach @ MINAKAMI」、7月7日(土)!
 場所は、群馬県猿ケ京。関東と越後をむすぶ三国街道沿いの温泉郷。江戸の
昔には参勤交代の宿場でもありました。
 日にちは、7月7日(土)-8(日)。土曜日の朝、新宿を貸切バスで出発
し、日曜日にバスで新宿に帰ってきます(現地集合、現地解散の方も歓迎)。

 河村典子:ヴァイオリン、上尾直子:ピアノ、白戸文雄:コントラバス
 コンサート会場は、みなかみ町カルチャーセンターホール(群馬県利根郡み
なかみ町上牧 tel:0278-20-4040)。
 コンサートのあと、宿泊ホテルに移動して温泉、そして宴会! 希望者のみ
蛍見学なども予定しています。
 宿泊は「ホテル シャトウ猿ケ京 咲楽(さくら)」(みなかみ町相俣248
tel:0278-66-1151)。
 新宿からの交通費、宿泊、宴会(朝食)、コンサートで2万円。

 初夏の緑が美しい季節。みなさま、いっしょに行きましょうね。


■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、5月に観た映画は、
   1.わが母の記         9.ベイビーズいのちのちから
   2.ル・アーヴルの靴みがき   10.ファミリー・ツリー
   3.レンタネコ         11.孤島の王
   4.幸せの教室         12.この空の花.長岡花火物語
   5.恋と愛の測り方       13.稲妻
   6.ももへの手紙        14.めし
   7.さあ帰ろう、ペダルを濃いで 15.晩菊
   8.ポテチ            16.流れる

 「ル・アーヴルの靴みがき」はとても後味の良い物語。人生の達人らの正義
と良心が、美しい港の遠景と重なって、人のために何かしてあげたいという気
持が随所に見え、ほんわかとなる秀作。
 「孤島の王」は音楽がとても良い。氷原を渡りきる少年、少年院の現実には
驚くばかり。あの大人達のなかではとても更生出来ない、と思わせる。映像が
泣いているようで見応えのある作品。
 「ファミリー・ツリー」は、このごろあまり聴けないハワイアンの音楽が素
晴らしい!
 成瀬巳喜男作品は言わずもがな、丁寧な作品。高峰秀子のスパスパした台詞
はいつも、小気味よく心の太鼓を叩いてしまいますね。


───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 私事で恐縮ですが、5月の初めに亡き夫の父上が亡くなり、いよいよ信濃が
遠くなるなあ、という想いを抱いて、告別式に参列してきました。人はこうし
ていろいろな人と場所とサヨナラをし、また、新たな場所に、想いの箪笥を置
くのでしょうね。そこにたくさんの心をしまうのです。いままで、仕付け糸で
縫っていたような人生でしたが、これからはしっかりと、丈夫な糸で縫い上げ
てゆきたいと思います。
 ちょうど一年前に亡くなったお客さまの一周忌も過ぎ、時間の流れにただう
なだれています。いつもこの辺りに座っていたのにな、と思ったりして。
 みなさんも、気に係ることはどんどんしておきましょう。誰かに謝る事があ
れば早くして、会いたい人がいればまよわずに会って。おいしいお酒が飲める
筈です。そうして、人生ケセラセラ!ってね。

───────────────────────────────────
         十月通信  2012.06.10 第058号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     17 時~24 時(土曜・祝祭日は19 時―24 時)
     日曜は休みます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○「Bar 十月」ホームページ: http://sites.google.com/site/kkmoravia/
○「Bar 十月」紹介ページブログ: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
○「Bar 十月」ゴールデン街ホームページ:http://www.goldengai.net/shop/b/16/

0 件のコメント:

コメントを投稿