2014年4月10日木曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      「十月通信」  2014.04.10 第080号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、いつも御贔屓ありがとうございます。
 新年度は、消費税率アップという幕開けで始まりました。生活の質の向上、
アップだといいのですが。
 桜花の季節、せめてもの楽しみですね。それぞれ自分の気持ちのよいスタイ
ルで花見をしたいものです。わが家の近くの善福寺池の畔の桜は、やわらかい
新緑の柳が連れ添うように揺れていて美しいです。毎年のこととはいえど、狭
い日本も捨てたものではありません。深呼吸して前を向いて行きましょう!
 さて、今月のわたしの歌。

 ♪ 最高の調味料なり空腹はかく言うおとこは料理が得意
 ♪ 辛夷より桜が先に咲く春の夜の宴に雪のたよりも
 ♪ 寿司職人たまに出る旅たのしげに語る姿に江ノ島を見る

 料理の腕前が玄人はだしのお客さんの深夜の講義、どんな料理でも空腹なら
大変美味しい、たしかにね。
 今年の春は桜がせっせと先に咲いて、辛夷が後を追いかけるように新宿の通
りの夜を飾っていました。それと、深海底にいるはずの大王イカの出現など、
自然の不思議な変化を感じます。
 たまに寄る寿司屋さんの若大将は、ときたまふらっと日帰りの旅人になるそ
うな。行き当たりばったりの旅は、新鮮な味にも出会えて、愉快だそうです。
美味しい寿司を握る秘訣かも。探求心も調味料になりうる‥‥、ですね。

■【好きな歌】
● ……………………………………………………………………………………… ●
♪ 姿のみ見せて声なく行く鳥の春くれなゐの雲の端に消ゆ
                来嶋 靖生(昭和60年「雷」)
 
 来嶋靖生(きじまやすお)、昭和6年旧満州大連生まれ。早稲田大学卒業。
書籍編集者。
 上掲の歌には、眼には直接映らないものの気配を感じ、耳とこころで追って
いる作者はおそらく無口な人なのだろう、と思わせるものがあり、潔癖さを感
じます。
 以下の歌にも、生真面目な質と想いが滲み出ているように感じました。

 ♪ 信頼に応へむ一語言ふべくはデータ乏しく椅子浅く掛く
 ♪ 花すでに過ぎたる樹々のもとを来て夕べほとびてくる想ひあり
 ♪ 恃むべき明日ありとしも思はねど涌き立つごとき春の夕雲

■【「Bar十月」作品展】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎高橋俊明作品展「静謐の彼方へ」:4月1日(火)~15日(火)
 静謐の彼方にあるものはなんでしょう。静謐とは星々の世界か、またみずか
らのこころの中か。思わず耳澄ますような作品を十点ほど展示しています。

◎千田国広写真展「ポルトにて+」:4月16日(水)~30日(水)
 4月後半は写真展です。千田国広さんの、フォトコンテスト受賞作品を中心
に十点ほど展示する予定。

 5月は、
 ◎西英一作品展:5月1日(木)~15日(木)
 ◎兒玉浩和作品展:5月16日(金)~31日(土)

■【日本酒の会】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 4月・第104回日本酒の会は「京都府のお酒」です。
 候補酒は、富翁(京都市)、英勲(京都市)、招徳(京都市)、綾小町
(綾部市)、久美の浦(京丹後市)、神蔵(京都市)‥‥。

 4月26日(土) 午後7時頃~、当店「Bar十月」で。
 会費は2,700円、酒肴付。
 おもに地元のみ流通の、おいしいお酒が登場します。うるさい薀蓄なし。持
ち込み、また初めての方、大歓迎!
 5月は「山口県」、6月は「島根県」のお酒の予定。
 皆様、いっしょに、おいしいお酒を飲みましょう。

■【お知らせ】
● ……………………………………………………………………………………… ●
◎『百花十月』第4号(2014年2月20日発行)、残部僅少。
 poetry:空まで飛べる(竹上妙)、sketch:ツヅミタダシさんのこと(川村
佳彦)、essay:伊勢神宮式年遷宮と芭蕉(佐藤呑亀)、ラテンアメリカ前衛
詩人列伝[4](鼓直)。¥150

◎『百花十月』第5号(2014年5月20日発行予定)

■【映画日記】
● ……………………………………………………………………………………… ●
 なんだか見たい映画が目白押しで、映画館に住み込みたいぐらいです。
 さて、3月に観た映画は、
  1.ネブラスカふたつの心をつなぐ旅  12.オール・イズ・ロスト
  2.怒れ・憤れ!           13.あなたを抱きしめる日まで
  3.北朝鮮強制収容所に生まれて    14.ランナウェイ・ブルース
  4.ラブレース            15.フルートベール駅で
  5.グランドピアノ          16.神様のカルテ2
  6.それでも夜は明ける        17.乙女のレシピ
  7.家路               18.ワンチャンス
  8.最後の晩餐            19.LIFE
  9.翔んだカップル          20.眠れる美女
 10.夏の庭              21.夢は牛のお医者さん
 11.僕がジョンと呼ばれるまで     22.ダブリンの時計職人

 「それでも夜は明ける」はアメリカの恥部を描いていて秀作。いつもながら
メーキャップが素晴らしい。
 「家路」の安藤さくらが光っている。冒頭の豚の家族が横一列に並んでいる
のが印象深い。
 「僕がジョンと呼ばれるまで」は、アメリカの老人ホームでのドキュメント。
何処も同じだが、設備の明るさには感心した。
 「あなたを抱きしめる日まで」は、配役が素晴らしい。丁寧で秀作。
 「夢は牛のお医者さん」は、地方テレビ局が、女の子を20年以上追ったド
キュメントでとにかく素晴らしい、に尽きます。以前の「隣るひと」と双璧。
子供の眼の輝き、きれいな涙の粒。観た後がとても気持ちよい作品。おすすめ
です。
 「ランナウェイ・ブルース」「ワンチャンス」「ダブリンの時計職人」もお
すすめ。

───────────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 先日、区の保養所に行ってみました。箱根の強羅。風が強く吹いていて、散
歩は叶いませんでしたが、空だけが掃除したてのような青さでした。
 新宿からのロマンスカーの中は、さながら中学生の修学旅行のよう。もう十
分に熟年を通り過ぎた女性達の、喋りづめのうるさいことったらありませんで
した。パワフルこの上ない話し方で、着くまでに疲れ果ててしまうのではない
か、と思ったほどでした。何をそんなに話す事があるのでしょうかねえ。惚け
防止ですかね。お湯は至極良かったです。安い料金で食事もおいしく、いい宿
でした。公的施設を利用するのも悪くはありませんね。

 今年で青梅の梅林がなくなってしまうそうです。樹木が病気になってしまい、
新生を目指して一本も残さず伐採するとのこと。どんな新生梅林が育ってくる
でしょうか。
 5月は、須賀川の国際短編映画祭が10日(土)、11日(日)とあります。
なかなか充実した映画祭です。ご一緒しませんか。
 吉祥寺のバウスシアターが5月で閉館するそうです。再上映名作を是非!!
 
 今年の「大人の修学旅行」は9月27日(土)‐28日(日)、長崎です。
 みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

───────────────────────────────────
         十月通信  2014.04.10 第080号
●発 行:「Bar 十月」 くぼたかずこ
     〒160-0021 新宿区歌舞伎町1-1-10 tel.03-5272-1171
     E-mail:kkmoravia@u01.gate01.com
●営業日:月曜~土曜(祝祭日も営業しています)
     17時~24時(土曜・祝祭日は19時―24時)
     日曜は休みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○「Bar 十月」ホームページ: http://sites.google.com/site/kkmoravia/
○「Bar 十月」紹介ページブログ: http://ju-ga-tsu.blogspot.com
○「ゴールデン街」ホームページ: http://www.goldengai.net/
                 http://goldengai.jp/pg12.html

0 件のコメント:

コメントを投稿